葉物野菜の冷凍保存

葉物野菜を生のまま冷凍したときに、どうやったら美味しく食べられるのか調べてみました

傷みやすい野菜は、一人暮らしの場合、食べきるのが難しいことがあります。とはいえ、カット野菜は割高。冷凍保存できると無駄なく食べきれそうですが、野菜の冷凍は難しかったり面倒な印象があるかもしれません。

野菜は他の食材と比べて、その成分のほとんどが水分というものが多くあります。冷凍保存をすると、野菜の組織が壊れてしまい、解凍したときにその中に含まれる水分が一緒に流れ出てしまい、元の状態には戻らなくなってしまいますが、いったん茹でることで、水分が抜けてしまったり、変色を防ぐ効果が期待できます。

ただし、最近は野菜の種類や調理法によっては、生のまま冷凍をしても食べられる、むしろその方が美味しいものもあるとも言われています。でも、野菜によって食べ方や調理法はそれぞれ異なります。そこで今回は葉物野菜を中心に生のまま冷凍し、どの野菜が冷凍に向くのか、またどんな切り方や調理法がいいのかを実際に試してみました。

実験! 冷凍保存した野菜と切り方、調理法、評価

葉物野菜の冷凍保存

それぞれの野菜に合わせて、調理しやすい大きさに切り、フリージングバッグに入れて、冷凍保存しました

一人暮らしの場合、わざわざ手間をかけて冷凍するのは大変です。冷凍する方法は野菜を切って、フリージングバッグに入れるだけ。火を通したり、味をつけたりといった手間をかけることはしないで、どれだけ美味しく食べられるかを調べます。

■小松菜(ざく切り)
■ほうれん草(ざく切り)
■キャベツ(千切り・ざく切り)
■白菜(ざく切り)
■玉ねぎ(みじん切り・薄切り・串切り)
■水菜(ざく切り)
■ニラ(ざく切り)
■セロリの茎(薄切り・拍子切り)
■レタス(千切る)

また、その野菜が一般的によく食べられる調理法に合わせて、『自然解凍』『茹でる』『炒める』『熱湯をかける』『電子レンジで加熱する』『味噌汁にする』を試してみました。解凍してしまうと変質する可能性が高いので、自然解凍以外は凍ったまま調理をしています。

次のページでは、小松菜・ほうれん草・キャベツ・白菜を冷凍保存した結果を紹介します>>