セーフティセンスPの実力は?カタログに出ていない性能を含めて解説

自動ブレーキ技術で大きな遅れを取っていたトヨタながら、やっと『セーフティセンスP』と呼ばれる新しいシステムを投入してきた。新型プリウスなどに採用されており、オプション設定される場合、8万6400円~となる。果たしてどんな性能を持っているだろうか? カタログに出ていない性能を含め、ジックリ紹介したい。
トヨタの衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense P」は新型プリウスにも採用!

トヨタの衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense P」は新型プリウスにも採用!


まず「現時点で実用化されている世界最高性能の自動ブレーキは?」と言えば、スバルの新型車に採用されている、センサーとしてカラーのカメラを二つ使う『アイサイトver.3』となる。大雑把に性能を説明すると、停車している車両にノーブレーキで突っ込んでいった時の自動停止可能な速度は公表値で50km/h。実力値だと55km/hを超える。

歩行者もカタログ値で35km/h。実力なら40km/h~45km/hといった程度。さらに自転車も判別可能。夜間だって歩行者を視認します。では、トヨタのセーフティセンスPの性能 やいかに? 公表値を見ると、停止車両に対する自動ブレーキは40km/hで、歩行者30km/hとなっている。この数字、ほぼ確実に停止出来る速度だと考えていいだろう。

不思議なことに燃費などは実現不可能な良い数字を自慢する自動車メーカーながら、自動ブレーキの性能についちゃ責任を回避したいのだろう。厳しい数字を公表しているのだった。ということでセーフティセンスPの実力値は、アイサイトver.3に届かないものの、停止車両なら55km/h程度、歩行者だと35km/h程度だと考えておけばいい。

評価は80点も旧式に比べると格段に進化している

アイサイトver.3に届いていないのは自転車の認識能力と、夜間の歩行者認識能力。どちらもゼロでこそないようだが、あまり期待は出来ない感じ。自転車について言えばカメラの形状認識能力が足りず、歩行者はカメラの夜間性能不足で見えないそうな。アイサイトver.3を100点としたなら、セーフティセンスPで80点か。

ただ、現在レクサスGSやクラウンなどが採用している15万円程度する旧式の自動ブレーキと比べれば圧倒的に性能は高い。例えばレクサスISのシステム、停車車両に対する自動ブレーキは10km/h~20km/hという気休めのような性能しか持っていない。当然の如く歩行者など全く見えない。しかも誤感知も日常茶飯事。

それを考えれば格段の進化である。ちなみにセーフティセンスPを超える性能を持つのは、アイサイトの他、ボルボのシステムが90点くらい。ベンツの新世代自動ブレーキでトヨタと同じ80点。現在販売されている大半の自動ブレーキがレクサスISなどと同等の性能である(点数を付けるなら10 点)。いかに大きな進化かわかっていただけるだろう。

自動ブレーキは事故を防止、抑止する性能が驚くほど高い。すでに欧州など任意保険の割引も当たり前に行われている。日本もそう遠くないうちに高性能自動ブレーキ付きの任意保険割引が始まることだろう。自動車は単純ミスで大きな事故を起こす。運用者はリスクを減らす義務があると考えます。新型プリウスを買うなら必ず自動ブレーキを付けてほしい。

【最近の記事】
日産リーフ新型電池搭載モデル 買って損はないか!?
輸入車として販売!スズキの小型SUV新型エスクード
12月発売予定!新型プリウスってどんなクルマ?

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。