100万円を貯めるコツとは?

100万円を貯める方法をチェックしましょう

100万円を貯める方法をチェックしましょう

現在まったく貯金がない人は、まずは100万円を貯めることを目標にしましょう。100万円の貯金があれば、イザというときの出費、病気やケガ・また急な冠婚葬祭などの支出にも対応できるようになります。

急な出費に限らず、転職や結婚、出産などでお金の心配をしなくてすむように100万円の貯金は必要と考えられます。より選択肢を増やしていく、自由に生きるためには心強い味方になります。

●自由な選択をするために、まず100万円貯める

100万円を貯めるには自動で積立をしてしまうのが近道です。銀行の窓口で毎月自動で積立する手続きができます。お金が貯まらないと嘆く面倒くさがりやの人は、まずは自動積立にチャレンジしましょう。

●目指せ100万円!面倒くさがり屋こそ、先取り貯蓄

1年で100万円を貯めるためには図の金額が目安になってきます。12ヶ月で作りたい場合は1ヶ月8万4000円を貯めることになりますが、ボーナスからも貯金ができれば、月間5万円で100万円を達成することができるでしょう。

100万円を1年で貯めるには?図版は貯金ガイドの鈴木弥生氏が作成

100万円を1年で貯めるには?図版は貯金ガイドの鈴木弥生氏が作成



●100万円貯めるには毎月いくら積み立てる?

1年で100万円貯めるという目標達成のためには、消費に対する考え方や家計を改造する必要があります。ファイナンシャル・プランナーの深野康彦さんは、「見栄を捨てること、家族と協力すること」などの4つの要素を成功するための考えとして解説しています。

●1年間100万円の貯蓄ができる家計にする4つのポイント

どうやって日々の家計から、お金を捻出すればいいのかについては、5つのポイントがあります。最初からフルパワーでやらない、口座の選び方、目標の立て方などがあります。

貯金の捻出方法。図版は貯蓄ガイドの伊藤加奈子氏が作成

貯金の捻出方法。図版は貯蓄ガイドの伊藤加奈子氏が作成


たとえば、図のようにそれぞれの費目で見直すことができるのではないでしょうか。

●やっぱり貯めたい100万円!達成できる5つのコツ

100万円の壁をなかなか突破できないという人もいるでしょう。そうしたら、「3年で100万円貯める」という考えでもいいのです。

・スタートから半年は、1万円×6カ月=6万円
・半年~1年は、2万円×6カ月=12万円・・・1年で18万円
・2年目は、3万円×12カ月=36万円・・・・・2年で54万円
・3年目は、4万円×12カ月=48万円・・・・・3年で102万円
というように……。無理せずコツコツと続けてみましょう。

●脱・普通預金で「貯蓄100万円の壁」を超える

100万円貯まったら次は300万円を目指そう

100万円の貯金が達成できたら、減らさないよう預け先も考えておきましょう。金利の高めのネットで預け入れができる定期預金がオススメです。以下の記事で高金利の定期預金を紹介しています。

●100万円貯まったら、どこに預けるのが有利?

次は300万円、500万円と貯めていくことをオススメします。貯金が300万円貯まったら、投資にチャレンジするなどの選択肢もでてきます。千里の道も一歩からです。貯蓄が今ゼロ円であっても、今日から積立を始めて100万円を目指してみませんか?

●30代で貯蓄300万円を目指す必勝法

●300万円からは安全資産と投資資産に分ける

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。