市場は日本全国。大きな古本屋だと思え

本の全巻ゼットやある程度まとまった冊数が出品されているネットオークションやネットフリマ

本の全巻ゼットやある程度まとまった冊数が出品されているネットオークションやネットフリマ

先日、あるシリーズ本をネットオークションでまとめて買いました。すでに80巻近く発刊され、そのうちの50巻近くが出品されていたので、一気にゲットできたことになります。なぜオークションを使ったのかというと、近くの古本屋さんにこのシリーズがなかったからです。値段に関しては半額くらいだったので、おそらく古本屋さんでもあまり変わらないと思うのですが、品揃えという意味では、オークションやネットフリマの方が圧倒的に有利だと感じました。

その理由としては、市場が全国ということが挙げられます。リアル店舗をかまえる古本屋さんの場合、集まる古本は地域が限定されてしまいますが、ネットオークションやネットフリマなら出品者がどこに住んでいても関係ないのです。なので、非常に大きな古本屋さんが存在するという感覚でいることができるというわけです。


全巻セットで買える

ネットオークションやネットフリマで本を買うメリットのひとつが、全巻セットで買えるということです。本を出品する人は、本棚の整理などを目的としていることがけっこうあるので、そろっている状態で出品します。買う側としては、最初からそろえたいなら全巻セットの方がありがたいのは言うまでもありません。

実は、私自身オークションを始める前に、ある漫画を全巻揃えた経験があります。前述したようにオークションを使ってなかったので、リアル店舗をはしごして60巻近くを集めました。中には古本屋さんにない巻もあって新品で買ったりしたので、全巻セットがあればいいなと強く感じたのをよく憶えています。そんな経験があるので、全巻セットが買えるのは非常に便利だなと思うのです。


ピンポイントでも買える

一方で、ピンポイントで本を買うときにもとても便利なのは間違いありません。漫画など1冊の値段が安い本は送料が高くつくのでオススメできませんが、小説や図鑑など値段が高い本に関しては中古の方がお得です。特にけっこう昔の本は古本屋にはないことも多いく、私はオークションやネットフリマで見つけるようにしています。それからレアな本を見つけるにもオークションは使えます。初版本や限定本もけっこう出品されています。


送料無料を選ぶ

全巻セットでもピンポイントでも、できるだけ送料無料の出品者から買うのがいいと思います。全巻セットの場合、重さもあるので発送方法は宅急便やゆうパックになりますが、冊数が多いと荷物のサイズが大きくなるのです。特に遠方から送ってくる場合には送料が高くなってしまいます。

また1冊の場合には、郵便局のゆうメールが使えますが、こちらは重さによって送料が変わります。重さによっては本の代金よりも送料が高くなってしまうこともあるので、要注意。そのため、送料を気にすることなく落札ができる「送料無料」がオススメです。


コレクター本は出品者に確認

レアな本や限定本は、いってみればコレクターアイテムになるので、商品の状態などがけっこう重要になります。本の場合、日焼けしてしまったり経年劣化が見られることもあるので、状態を出品者に確認しておいた方が無難です。出品者と落札者(コレクター)の間で、本の重要度が違ってしまうと、そもそも商品説明に書かれているニュアンスも違ってしまいます。「多少の汚れ」と書いてあっても、コレクターからすれば致命的な汚れになる可能性もゼロではありません。高いお金を払う以上、自分で納得できるまで出品者に聞いてみましょう。


出品者の他の出品物を見てみる

出品者の他の出品物も確認しておこう(画層はヤフオク! より)

出品者の他の出品物も確認しておこう(画層はヤフオク! より)

気になる本が見つかったら、他にどんな物を出品しているのかを確認するといいと思います。本ばかりを出品しているならば、似たようなジャンルの本を出品していることが多々あります。そこで欲しい本が数冊あれば、一緒に落札しましょう。そうすれば、送料が1回分ですみます。もちろん送料無料ならいいのですが、落札代金を支払うときの手数料を考えると落札側も1度で済ました方がお得になるわけです。

オークション終了日が違う場合には、取り置きをお願いしておけば応じてくれると思います。落札者にとっても出品者にとっても手間が省けるので、本はまとめ買いがオススメなのです。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。