クリボッチの割合は50%以上。独りで過ごす独身男女が多数派

本当は恋人と過ごしたいのに、クリスマス直前に恋人がいないひとが多数。

本当は恋人と過ごしたいのに、クリスマス直前に恋人がいないひとが多数。

オープンテーブル株式会社がおこなった「クリスマスのディナーに対する意識調査レポート」で、クリスマスを一緒に過ごしたい相手1位(65.5%)が「恋人」だったにも関わらず、全体の57.3%は恋人がいないという結果になったそうです。
【調査の概要】
「クリスマスを一緒に過ごす相手」の希望はダントツで「恋人」(65.5%)という結果も、調査時点 でパートナーがいない人は過半数以上(57.3%)。 

※首都圏在住の20~30代独身男女(有職者)440人に対する意識調査を実施しました(実施期間:2014年10月10日~10月13日)。
出典:オープンテーブル株式会社
アンケート結果1

アンケート結果1


アンケート結果2

アンケート結果2


そんなクリスマスをひとりで過ごすことを、一部で「クリぼっち」というそうですが、今年のクリスマスをひとりで過ごす方は落ち込む必要はありません。そもそもアンケート結果を見れば、むしろひとりで過ごす方が、今やマジョリティー(多数派)とも言えます。だから落ち込む必要はありません……が! でも、ちょっと待ってください!

もしかしたら、そんな状況が何年も続いた場合、「独りのクリスマスがさみしい」という感覚すらマヒしている人がいるかも知れません。そんな人は、これを機会にもう一度、自分が幸せになる方法や意味をじっくり考えてみませんか?


周囲にどう思われるかではなく、自分がどう感じるか?  

結婚してお子さんができてから、改めて、独身時代を振り返るものです。

大切なホリデーを大切な人と過ごすことの大切さを思い出して。

私自身、結婚前は、必要以上に「世間のクリスマス」にヤキモキさせられました。彼女がいる年はどこで食事をするか、プレゼントは何にするかを考えるのに忙しく、それもひとつの喜びでした。彼女がいない時はそれはそれで、やたらと寂くなったり、やけに焦ったり……でも、その感情が次なる行動へと繋がっていったのも事実です。

今年は「クリぼっち」の予定という方も、本当は「愛する人と一緒に過ごしたい」と思ってやきもきしている……ならば、いいのです。独りに慣れてしまい、それが当たり前になって、「誰かと一緒に過ごすのは疲れる、面倒だ」なんていう意識が日常的感覚になっていた場合は大問題です。

それは、結婚だって同じように面倒と思っている自分がいるはずだからです。

その思考や行動がますます結婚を遠ざけ、結果、幸せを自分から放棄しているようなものなのです。やっぱりクリスマスのような大切なホリデーを大切な人と過ごすことの大切さを思い出すことは、とっても大切なことのはずです

あなたは、本当は寂しいと思っている? それとも本当に、余計な手間が省けて気楽? どちらの感情が先にくるでしょうか?

当然、仕事が忙しくて、それどころじゃない! なんていう人もいるでしょう。そんな人こそ、本当にそんな忙しい生活を自分が望んでいるのか? 将来、結婚後も家族がいても忙しくて一緒にお祝いできない人生でもいいのか? を考えてみるのもよいでしょう。

ここで大事なのは、世間からどう思われてるのかではなく、自分がどう思うかなのです。ぜひ、もう一度、自分自身へ問いかけてみてください。


クリぼっち仲間とクリスマスを過ごす場合

クリスマス女子会では、ネガティブな気持ちはNG。

クリスマス女子会では、ネガティブな気持ちは厳禁。

では、クリスマスを恋人や好きな人と過ごさない人は、どんなプランを考えているでしょうか? パートナーがいないクリぼっちであっても、友達同士で楽しくワイワイしようということもあるかもしれません。または、恋人のいないおひとりさま仲間で集まって女子会をする……なんて案もあるでしょう。

仲間と楽しいクリスマスを過ごす思い出は、将来結婚して子供ができてからも、大切な思い出になるのは間違いありません。独身女子だけで集まる会も同様にその時にしか楽しめないガールズトークを思いっきり楽しんでください。

ただし、自分のネガティブな感情を口に出さないこと。

お互いに愚痴を言い合ったり、他のカップルの批判や悪口、強がったり、負け惜しみを言うのは控えることです。それをしてしまうと、幸せなカップルとして過ごす未来のクリスマスを自分で否定することになります。つまり、自分がその言葉に感じる怖れや不安が、自分に戻ってきてしまうことになるのです。


独身最後の貴重なクリぼっちを満喫し、感謝しましょう!

自分のために夜景を見に行くのもよいでしょう。

自分のために夜景を見に行くのもよいでしょう。


まったく独りでクリスマスを過ごす場合も、自分がどう感じるかで大きく流れが変わります。自分の世界に引きこもって、ゲームしたり、マンガやTVをダラダラ見て過ごすのではもったいないです!

ぜひ、今年のクリぼっちのキーワードは、独身最後のクリスマスに感謝してみること! です。

自分のために感謝のお祝いとご褒美をしてみましょう。恋人を喜ばせるために演出するのと同じぐらいに自分を喜ばせてあげてみてください。贅沢にスパやマッサージで自分の身体を労わってあげる、いちばん大好きな食べ物を味わう、大好きなワインやお花を買う、または、仕事帰りにキレイな夜景を見に行ってみましょう。

家に帰ってからも厳かな気持ちで静かに目を閉じて瞑想してみる、スペシャルな“独りディナー”を味わう、アロマキャンドルを焚いてゆったりお風呂に入るなど、あえて特別な演出をしてみてください。

あえて、独りで過ごすことを満喫してみるのです。来年からクリスマスはきっと大切なパートナーや家族と過ごすことになることを信じて、今の自分に最大の感謝をしてあげることが大切なのです。

ぜひ独身最後となるであろう、貴重なクリスマスをしっかりと心に刻んでみてください。そして、幸せについて考え、行動してみてください。


<ガイドからのご案内>
1年後の人生を最高のハッピーに変える<久野浩司セミナー>は3月開催
トークイベントなど最新情報はブログ「恋するバンクーバー」
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。