西ドイツ最大規模! ケルンのクリスマスマーケット

dom1

市内各地で多彩なクリスマスマーケットが開かれるケルン。写真は大聖堂前のマーケット

冬のドイツ旅行のハイライトといえばクリスマスマーケット(Weihnachtsmarkt)。ドイツでは世界中に知られるニュルンベルクシュトゥットガルト、ドレスデンの三大クリスマスマーケットのほかにも魅力的なマーケットがたくさんありますが、西部ノルトライン・ヴェストファーレン州最大の街、ケルンのクリスマスマーケットもおすすめのひとつです。
子どもが喜ぶアトラクションもいっぱい

子どもが喜ぶアトラクションもいっぱい

世界遺産の大聖堂(Dom)ほか市内各所で10以上のマーケットが立つケルンは、街全体がクリスマスマーケットといってもいいくらい。週末ともなると隣国オランダやベルギー、フランスからも大勢の人が押し寄せ大賑わいです。

日本からケルンへのアクセスは、2014年に隣町のデュッセルドルフへの直行便が就航してさらに便利になりました。ケルン近郊にはデュッセルドルフをはじめアーヘンドルトムントなど人気のクリスマスマーケットがたくさんあるので、一度の旅行でいろいろなマーケットを体験することもできます。

ここでは旧市街を中心に個性あふれるケルンのクリスマスマーケットの見どころを紹介していきましょう。

ケルンの街情報はこちらの記事でどうぞ
>>>ケルン/ドイツ
>>>大聖堂だけじゃない!ケルンの観光名所7選/ドイツ

ケルン近郊で人気のクリスマス市はこちら
>>>欧州トップ10クリスマス市に選ばれたアーヘンとは?
>>>デュッセルドルフのクリスマスマーケット
>>>世界最大のツリー!ドルトムントのクリスマス市

<DATA>
■ケルンのクリスマスマーケット2018  Weihnachtsmarkt in Köln
開催期間:2018年11月26日~12月23日
開催時間:大聖堂前のクリスマスマーケットは日~水 11:00~21:00 木金11:00~22:00 土10:00~22:00
開催場所:大聖堂前ほかケルン各地で開催。詳細はケルン市HPのクリスマスマーケット情報ページで確認できます。
 

ケルン大聖堂前のクリスマスマーケット

dom2

荘厳な大聖堂を背景に輝くイルミネーションは息を呑むほどの美しさ

街のあちこちにあるクリスマスマーケットのなかでも、一番人気は何といっても世界遺産の大聖堂の横で開かれるマーケット。ケルン中央駅の目の前にあるのでまずはここからマーケットめぐりを始めましょう。荘厳な大聖堂を背景にキラキラと輝くイルミネーションの美しさは思わずため息が出るほど。
記念に持ち帰りたいカップ

記念に持ち帰りたいカップ

ケルンのシンボル的なマーケットだけあって、大聖堂モチーフのグラスで飲むケルシュビールやグリューワイン、大聖堂の形のスペキュロスやレープクーヘンなどオリジナル色もたっぷり。中央の特設ステージでは様々なコンサートが開かれます。
 

アルターマルクトのハインツェル・マーケット

heinzel

伝説の妖精ハインツェルメンヒェンが活躍するクリスマスマーケット

ハインツェルメンヒェン(Heinzelmännchen)とはグリム童話に出てくる小人の妖精のこと。その昔ケルンの肉屋や仕立て屋などに住んでいた彼らは、人々が寝静まった夜中にこっそり現れてやり残した仕事を朝までに仕上げてくれた、というお話です。
ハェルメンヒェインツンの噴水

ハェルメンヒェインツンの噴水

彼らをデザインした噴水がある旧市街のアルターマルクト(Altermarkt)広場では、伝説のハインツェル小僧に敬意を表した「ハインツェル・マーケット」を開催。小人のモチーフで飾られた山小屋風の屋台には、木工製品や革製品、フェルト製品、お菓子など様々な手作り商品がずらり。ミニ観覧車もあり素朴で温かい雰囲気が漂うマーケットです。
 

スケートが楽しめるホイマルクトのマーケット

heumarkt

アイススケートのほかカーリングも楽しめるクリスマスマーケット

アルターマルクトの南にあるホイマルクト広場には、アイススケート場とカーリング場が出現。リンクの周りにはスキー場のバーをイメージした山小屋風の屋台が立ち、グリューワインやケルシュビールを楽しむ人々で賑わいます。アップルムースをたっぷり添えていただく揚げたてほくほくのライベクーヘン(じゃがいものお焼き)もおすすめです。
 

ノイマルクトの「天使のマーケット」

engel

ノイマルクトで開かれる天使のクリスマスマーケット。可愛い雑貨や屋台グルメも豊富

ショッピングエリアのど真ん中、ノイマルクト(Neumarkt)では天使をテーマにしたクリスマスマーケットを開催。夜になると天使と星のイルミネーションが煌めいてムード満点です。キャンドルやフェルト製品など可愛い雑貨が豊富なのでクリスマス用品やお土産を探すのもいいでしょう。
大聖堂型のお菓子も

大聖堂型のお菓子も

にんにくハーブソースでいただくきのこ炒めや焼きたてのバウムクーヘン、大聖堂型のワッフルなどおいしい屋台グルメもいっぱい! 会場で可愛い天使に出会ったらぜひ一緒に記念撮影してもらいましょう。
 

ルドルフ広場の「子どものためのマーケット」

nikolaus

子どもが楽しめるよう工夫された「ニコラウスドルフ」はメルヘンの世界

ルドルフ広場(Rudolfplatz)の石門の下では、子どものためのマーケット「ニコラウスドルフ(Nikolausdorf)」が開かれます。トナカイやサンタなどをモチーフとしたメルヘンな小屋や、木のおもちゃ、子ども用特設ステージ、木のおもちゃや甘いお菓子など子どもが喜びそうなものがてんこ盛り。もちろん大人だって楽しめますよ。
 

チョコレート博物館の「港のマーケット」

hafen

チョコレート博物館前に立つハーフェンマルクトは「港」がテーマ

楽しく美味しい博物館「チョコレート・ミュージアム」の前で開かれるクリスマスマーケットは、ハーフェン(港)がテーマ。白いテント風のスタンドでは、魚フライやマチェス(若ニシン)などのシーフード、海や航海をイメージした世界の雑貨などが並んで他のマーケットとはちょっと違ったクリスマスマーケットを楽しめます。ドイツをはじめ世界のチョコレートが揃う博物館のショップは入場無料なので、体を温めがてらお土産探しをするのもいいですね。

このほかにも船上のクリスマスマーケットや雑貨マーケット、ゲイとレズビアンのマーケットなど、ケルンには個性豊かなクリスマスマーケットがいっぱい。防寒対策をばっちりとしてマーケットめぐりを楽しんでくださいね。
 

ドイツのクリスマスマーケット情報

世界最大!シュトゥットガルトのクリスマスマーケット
多彩さが魅力!ミュンヘンのクリスマスマーケット2018
100の市が立つ!ベルリンのクリスマスマーケット2018
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。