コンバンハ。All About「男の夜遊び」ガイドの山田ゴメスと申します。

今日は「日々の怠惰な生活にピリオドを打ちたい」という切実男子から、こんな相談をいただきました。まあ読んでみてください。
[悩み]
毎日、会社と自宅の往復でうんざりしています。とくに趣味があるわけでもなく、もちろん彼女もいないので、休みの日も家で独りゴロゴロしているばかり……。このままだと真剣に人間が腐ってしまいそうなので、なにかを始めてみようかと考えているのですが、その「なにか」がさっぱり思い浮かばなくて……。スポーツはどちらかと言えば苦手だし、食にも無頓着なので料理教室やワインスクールもまったく興味がわきません。こんな僕に、オススメの「なにか」はありませんでしょうか? できるなら、女子との出会いのきっかけになったり、やっていることを自慢すればモテるモノだと、なおうれしいです。(物臭太郎/30歳・某有名ブラック企業勤務)
[回答]
40代になって野球を始め、50代になって料理をつくるようになり、「今度、ウチの草野球チームの応援に来ない?」「今度、ボクん家に鍋食べに来ない?」……などといった口説き文句もひととおりの落ち着きを見せつつある今日このごろ、私が新たなモテ・アピールとして最近始めたのが、なにを隠そう「ヨガ」であります。

>>なぜヨガがモテるのか、つぎのページでじっくり解説します。


男をターゲットにするヨガスクールは増えている?

ひとくちに「ヨガ」と言っても、じつはさまざまな種類があるようだ。

ひとくちに「ヨガ」と言っても、じつはさまざまな種類があるようだ。

「ヨガって女子がやる習い事でしょ?」なんて侮ってはいけません。

たしかに、ちまたで乱立しているホットヨガをはじめとした多くのヨガスクールは、生徒さんの90%以上が女性で、そのなかで男が一人、パツンパツンのトレーニングウェアを着てヨガに興じるのは、相当の勇気を要することでしょう。下手すりゃ変態扱いさえされかねません。

しかしここ数年、男性をメインターゲットにしたヨガスクールは、日本でも確実に増えつつあります

ちなみに、私が現在通っているヨガスクールは、発祥が2千年前とも4千年前とも言われているヨガのポーズすべてに科学的な根拠を見いだした、1900年代初頭にインド・コルカタのゴーシュ家で生まれた由緒正しい「ゴーシュヨガ」の三代目継承者・ゴーシュ=ブバイ=オングシュマン氏が開いている、「カルチャーセンター」よりは「道場」のニュアンスに近い硬派系のヨガスクール。

基本はマンツーマン型のレッスンで、あくまで呼吸法を重視し、ポーズ自体につべこべ言われることも滅多にありません。総じてカラダが硬いとされる男子からすれば、また、その無様なポージングを他人に見られるのが恥ずかしいシャイなアナタからすれば、まさにありがたい、理想のレッスンスタイルなのです。


「ヨガ」は女子に対するキラーターム

では、なぜ今、「男ヨガ」がモテるのか? それは「ヨガ」が、ほぼ100%の「ダイエット願望」を持つ女子たちのハートをがっつり掴むキラータームであるからにほかなりません。「え~、ヨガ? 前からやってみたかったの~(ハートマーク)」「私も半年前から始めたの~(ハートマーク)」「今度スクール替えてみようと思ってるんだけど、そっちのスクールはどう?(ハートマーク)」……リアクションを予測するなら、こんな感じでしょうか?

「野球」よりも「サッカー」よりも「ライザップ」よりも「三代目じぇーそうるぶらざーず」よりも間違いなくツボります。すなわち、周囲の男子どもを出し抜いて、極めれば極めるほどデート中の話題には事欠かなくなるわけです。

あと、ゴーシュ・ヨガスクールは、内装もなかなかセレブな雰囲気で、そこではエステサロンも併設していますから、美容とレッスンの複合技で女子を誘いやすかったりするのもポイント。

私は、ヨガスクールに通い出し、草野球にその呼吸法を応用してから、打率が2割強から5割弱にまで一気に跳ね上がりました。家でゴロゴロしているくらいなら、ヨガスクールに行って「シャヴァサナのポーズ(=死体のポーズ)」で、寝っころがっていてはいかがでしょう?

協力:ゴーシュ・ヨガスクール CGM
問い合わせ先:03-6676-1873
HP:www.cgmyoga.com
Facebook


「男の夜遊び」サイトでは中年男性からの質問を募集中!

All Aboutの「男の夜遊び」サイトでは、30歳以上の「男性」からのお悩み相談を募集中です。恋愛、金、性、その他なんでも、山田ゴメスが中年の皆様のお悩みに真摯にお答えします!

「山田ゴメス オトコのR30相談室」質問募集ページ

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。