重曹やクエン酸、最近ではセスキ炭酸ソーダを使ったエコ掃除が話題です。でも、いざやるとなると、どれをどこの掃除に使うべきか、何を準備すべきか分からなくなってしまった……という経験はありませんか?ガイドは、しょっちゅうあります。そこで、今回はズボラでも、100円から実践でき、簡単に覚えられるエコ掃除法をまとめました。

エコ掃除に使う3つの粉の特徴

daiso

これらはすべで100円ショップのダイソーで購入しました。

エコ掃除に使う3つの粉は「重曹、クエン酸、セスキ炭酸ソーダ」です。

下記に、簡単に特徴を紹介します。少しだけ化学の話になりますが、汚れは中和すると、取れます。そこで、アルカリ性の汚れには酸性のものを、酸性の汚れにはアルカリ性のものを使うと効果が高いです。

  • 重曹:アルカリ性の物質。主に、茶渋やお鍋の焦げ付きを落とす研磨剤、においをとる消臭剤としての役割があります。油汚れにも強いです。
  • クエン酸:酸性。レモンなどのかんきつ類やお酢などの酸っぱさを顆粒状にしたもの。水に溶けやすく、水アカやせっけんカス、トイレの汚れ(特に尿の汚れ)などを落とすのに活躍。
  • セスキ炭酸ソーダ:重曹よりも強いアルカリ性。水に溶けやすいのでスプレーにしておくと便利です。酸性の油汚れ、皮脂の汚れや血液汚れを落とす力が強いです。また、台所の油汚れやフローリングの皮脂汚れを落とすのにも便利。

最初の一歩、このひと手間が大事!

eco-soji2

スプレーのボトルは使用済みのものを再利用するのも手です。

3つの特徴をまとめてみたものの、掃除以外にいろんなやることを抱えていると、つい「あれ、これは何に使えばいいのか?」と忘れがち……。

そこで、スプレーや使いやすい粉の容器をあらかじめ用意し、ラベルを貼り、すぐ手に届く場所に置いておく、という方法を考えました。


eco-soji3

今回はラベルを2種類使いました。どちらもダイソーで購入。

【重曹】
重曹は主に粉のまま使うので洗剤容器を再利用した入れ物に粉をいれ「茶渋、お鍋の焦げ、油汚れ、排水口、消臭」と書いたラベルをつけました。




kuensan

クエン酸水は、トイレでよく使うので、トイレ用にも1本用意しておくと便利です。

【クエン酸水】
クエン酸は、200mlの水に対し小さじ1弱を入れたクエン酸水を作り、ダイソーで購入した200ml入るスプレーに入れました。そして、スプレーに「水アカ、せっけんカス、トイレ」と書いたラベルを添付。



sesuki

次回作りやすいように、分量もラベルに書いておきました。

【セスキ炭酸ソーダ水】
セスキ炭酸ソーダは200mlの水に対し小さじ1/2を入れたセスキ炭酸ソーダ水を作り、「襟、油汚れ」と書いたラベルをつけました。

なお、すべての容器に「少しでも家事を楽しみたい」という気持ちを込めて、ラベルと一緒にシールも貼りました。


kitchen

置き場所は、台所の流しの下の引き出しです。

そうして、これらの容器はすべて、台所の引き出しの取りやすい位置に置くことにしました。

上から見ても分かるように、ふたにもラベルを貼りました。ここまでがひと手間ですが、ここまで来れば、あとは使うだけです。



では、次ページで実際の活用方法をご紹介します。