カクテルの香味の幅を広げ、新しい世界を創出する「知多」


ではその他のおすすめカクテル。リキュールやジュースともうまく調和する。素直で優しい味わいを「知多」は生んでくれる。

ゴッドファーザー

ゴッドファーザー

●ゴッドファーザー God-Father
アマレットの杏仁豆腐のような、アーモンドの香味のファンにはたまらない一杯だろう。「知多」ベースの『ゴッドファーザー』は、「ディサローノ・アマレット」の味わいがキラキラと輝いているような印象となる。とても滑らかで伸びやかな心地よさがある。
知多 45ml
ディサローノ・アマレット 15ml
氷を入れたロックグラスに材料を注ぎ、ステアする。スライスしたオレンジを飾ってもいい。


●ウイスキーサワー Whisky Sour
ウイスキーサワー

ウイスキーサワー

ウイスキーとレモンジュースのさっぱり、すっきりした味わいのカクテルだが、1ティースプーンというシュガーシロップのわずかな量が柔らかな甘みと優しい飲み口を与える。「知多」ベースは、ウイスキーとしての強い主張が前面に出ることなく、レモンの酸味をうまく抱いてセクシーな味わい。これがウイスキーベースなのか、と意外に感じるはずだ。誰もが好きになってしまうことだろう。
知多 45ml
レモンジュース 15ml
シュガーシロップ 1tsp.
シェークしてサワーグラスに注ぎ、スライスオレンジを飾る。好みでマラスキーノチェリーを加えてもいい。

他にも「知多」とリキュール「ドランブイ」をミックスした『ラスティ・ネール』も美味しい。コーヒー好きならば、リキュール「カルーア」とミックス(ブランデーとカルーアの『ダーティ・マザー』のアレンジ)するといいだろう。甘みの強い「カルーア」がとても洗練された味わいとなるのだ。
「知多」の登場は、カクテルの味わいの幅を大きく広げてくれたような気がする。カクテルの新しい香味世界を創出するのではなかろうか。是非皆さんもお試しいただきたい。(カクテル撮影/川田雅宏)

関連記事

サントリーウイスキー知多/グレーン9月1日新発売
ブレンデッドはボルドーワインの魅力
ウイスキーのダシの歴史1
ウイスキーのダシの歴史2
グレーンはダシ、モルトは味噌
グレーンウイスキーってなんだ?
切ない恋の伝説/ディサローノ・アマレット
スコットランドの陰翳/ドランブイ
秘密が香るコーヒー/カルーア
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。