年下男子と付き合うアラフォー女性がやめるべき5つのこと

年下男子との「歳の差」恋愛には、気をつけるポイントがあります。

年下男子との「歳の差」恋愛には、気をつけるポイントがあります。

「もし自分が20代の年下男性と恋に落ちたら……」
そんなことを、考えたことはありますか?

アラフォー以上の男性芸能人が、若い女性と結婚するニュースが世間をにぎわせていて、まるで20歳くらいの「年の差カップル」なんて当たり前!? とも思える時代になってきました。しかし、世間一般では……しかも、年上女性と年下男性の組み合わせの場合はどう思われているでしょうか?

そういった世代の違いは不安のもとにもなりやすいようで、実は最近の恋愛相談の題材のなかでも、増加傾向にあります。

そんな「年下男子との恋」に悩みがちなアラフォー女性の陥りやすい心理や行動について考えていきましょう。

1.無意識のうちに相手の愛を疑っていませんか?

恋愛をするときに、自分の年齢を気にしがちなアラフォー女性たち。20歳も年下の男性と恋に落ちるなんて、引け目を感じてしまうという人も多いようです。

「彼も本当は若いコの方がいいと思っているのかな?」
「本当に恋人として認めてもらえてるのかな?」
――など、不安や悩みが絶えることはありません。

自分が本気になろうとすればするほど、傷つくのが怖いからと相手を疑いたくなるのが「この恋の特徴」です。

「年の差なんて関係ない!」と言いながらも、些細な言葉や行動で不安が倍増してしまい、自暴自棄になったり、彼が信頼できず、やさしくできなくなったりと悪循環に陥ってしまうのはもうやめましょう。

2.世代を超えるコミュニケーションを避けていませんか?

彼と自分は住む世界が違う……でも、違っても楽しむ方法があります。

彼と自分は住む世界が違う……でも、違っても楽しむ方法があります。

流行りのファッション、流行りのメイク、流行りの言葉、流行りの食べ物、流行りのカラー、流行りのヘアスタイル――ひと回りもふた回りも年齢が違えば、通ってきたトレンド、カルチャー、ライフスタイルのすべてが違うのが当たり前です。

まだ若い彼は突然生じた「ギャップ」にうまく対応できず、上手にエスコートできないことがあるかもしれません。
これって何?知らないのは私だけ?と疎外感に襲われることがあるかもしれません。
でも、あなたは大人の女性です。
そんなときに、「こういうところ、初めてなの! もっと知りたい!」と、素直に言葉に出して伝えてみてはいかがでしょうか?

まったく違う環境の中にいた二人が出会って恋に落ちるなんてひとつの奇跡です。運命の赤い糸で結ばれているとも言えるかもしれません。
その奇跡を手繰り寄せて、よいものに育てていけるかどうかは、自分次第なのです。

歳の差があるからこそできるコミュニケーションがあります。もっとその楽しさにフォーカスして、自分流の「年の差の恋の醍醐味」を満喫してください!

>>こんな口癖、ありませんか?