長瀞紅葉まつり 月の石もみじ公園ライトアップ

関東エリアから日帰りで紅葉ドライブを楽しむなら、埼玉県秩父郡の長瀞がおすすめです。岩畳で有名な長瀞では、いくつもの紅葉スポットがあり、早いところでは10月下旬から紅葉が始まります。一番の見頃は11月中旬~から下旬にかけてと予想され、2015年11月14日から11月29日まで「長瀞紅葉まつり」が開催されます。
月の石もみじ公園

月の石もみじ公園の紅葉ライトアップ


荒川沿いにある「月の石もみじ公園」は、俳人の高浜虚子が「ここに我 句を留むべき 月の石」と詠んだことから、この名前になったそうです。電車で訪ずれる場合は、秩父鉄道の上長瀞駅から徒歩5分程度です。

園内は、イロハモミジやオオモミジが植えられており、夜はライトアップで鮮やかに浮かび上がります。地面にも紅葉した葉が落ち、赤いじゅうたんのように広がります。
月の石もみじ公園

月の石もみじ公園


また、月の石もみじ公園の向かいにある「埼玉県立 自然の博物館」もライトアップのサブ会場となっいます。「自然の博物館」では、岩石や地層の様子がわかる地学展示や森に住む動物のジオラマなど、3億年の歴史と未来を感じる展示が常設され、随時特別展や企画展も行われています。

縁起の良さでも人気 宝登山神社

宝登山神社の紅葉ライトアップ

宝登山神社の紅葉ライトアップ


長瀞紅葉まつりの期間中は、宝登山の麓の宝登山神社でもライトアップが行われます。宝登山神社は、日本神話のヤマトタケル一行が宝登山に登った際に、山の神様のお使いの山犬様が現れ山火事を鎮めたという伝説から火止(ほど)神社と呼ばれており、火防や災難防けが御利益とされています。
宝登山神社の参道

宝登山神社の参道

下の写真は、本殿で、彫刻師、飯田岩次郎の彫刻が色鮮やかに施されています。
宝登山神社の本殿

彫刻が美しい本殿
 

宝登山は、標高497mの高さで、ロープウェイで登ることもできます。10月下旬ごろから紅葉が始まり、モミジやクヌギ、ナラなどの木々が赤や黄色に色付きます。頂上からは、秩父盆地や奥秩父山地が一望できます。2015年10月21日から11月30日までは、夕焼け鑑賞便として、営業時間の延長もあるので、紅葉を染める美しい夕日をゆっくり眺めてみましょう。

※詳しくは宝登山ロープウェイのWebサイトをご覧ください。
宝登山ロープウェイ http://www.hodosan-ropeway.co.jp/

宝登山からみた景色

宝登山からみた景色


<DATA>
長瀞紅葉まつり
期間:2015年11月14日~11月29日
ライトアップ時間:17:00~21:00
交通
自動車:関越自動車道 花園IC~長瀞(国道140号で約30分)
熊谷~長瀞(国道140号経由で約45分)
電車:池袋―西武秩父(約80分) 西武池袋線(特急)で約80分
西武秩父-長瀞駅 秩父鉄道で約20分
Web:http://www.nagatoro.gr.jp/(長瀞町観光協会)

※月の石公園周辺は、車が週末は駐車場に入るまでに渋滞します。長瀞駅周辺・宝登山参道周辺・上長瀞駅周辺にも駐車場(有料)があります。

次の頁では、森林公園紅葉見ナイトをご紹介します。