一人暮らしを始めたら、部屋に置きたいと考える人が多い憧れ家具ソファ。でも、部屋が狭かったりライフスタイルが変化しやすい一人暮らしにとって、納得のいくソファを選ぶことは容易ではありません。サイズや形、座り心地などソファを買うときに押さえておきたい基本情報と、一人暮らしならではのチェックポイントをまとめました。

あなたの一人暮らしに、ソファはいる? いらない?

ソファ

一人暮らしのあこがれ家具・ソファ。でも、買いに行く前に、部屋の広さやライフスタイルなど、もう一度しっかり見直してみて

「ソファを買いたい」と思って、この記事をご覧になっているかと思うのですが、その前にもう一度考えてほしいこと。あなたの部屋にソファは本当に必要でしょうか。

一人暮らしにソファ。憧れがある人が多いです。でも、憧れだけで買っても無駄になることがあるのもソファ。「床に座ることが多くて、ソファは使わない」「洋服やバッグなどの物置になって、座れない…」「ソファに座って、食事や勉強などはしにくい」「部屋が狭いから邪魔!」なんて声をよく耳にします。要らないから処分することにしても、ソファのような大型の家具は捨てるだけでもお金がかかります。

もちろんソファがあるインテリアは素敵だし、ゆったりと座って寛ぐこともできます。「ソファがあって良かった」という声も決して少なくありません。ただし、それは自分や部屋、暮らしに合ったものをしっかりと選んでいるから。必ずしもなくてはならないものではないからこそ、無駄な買い物とならないように選びましょう。次の項目から、一人暮らしのソファ選びに知っておきたい基本的な情報をお届けしていきます。

ソファの大きさを考えよう

■何人掛けのソファにするか
ソファ

座りたいのか、寝転がりたいのか。それによって選ぶソファの大きさは変わります

ソファの大きさは、奥行は「80~90cm前後」、幅は「80~90cm」×人数、高さ(座面)は「30~40cm」が目安となります。何人掛けにするかで変わるのは、特に幅の部分。一人掛けで「80~90cm」、二人掛けで「160~180cm」、三人掛けで「240~270cm」の幅が必要です。あくまで目安なので、ソファによってはより大きいもの小さいものがありますが、これによって自分の部屋には何人掛けのソファが置けるのか考えるヒントになります。

ただし、「○人掛け」とあっても、目安よりも大きなものも小さなものも多くあります。また、座る人の体格によっても、快適な座面の広さは異なってきますので、最終的には実際のソファに座ってみた上で決めることが大切です。

■部屋の広さから考えるソファサイズ
ソファを部屋に置けたとしても、日常動作に支障が出るような置き方では部屋全体が使いにくくなってしまいます。ソファはテーブルの前に置かれることが多いですが、その間隔は「30~40cm前後」が目安。近すぎても窮屈だし、遠すぎるとテーブルの上の物が取れません。また、ソファを壁につけてしまうのであれば問題ありませんが、ソファの後ろを通り抜けるレイアウトにする場合は、「50~60cm前後」のスペースが必要です。あまり狭いと通りずらくなってしまいますので、注意してください。

■テーブルの高さとの関係
ソファ

ソファに座って食事をすることを考えているなら、テーブルの高さも考慮する必要があります

ワンルームや1Kといった一般的な一人暮らしの部屋であれば、食事をしたり書き物をしたりといった作業は、ソファとその前にあるローテーブルを使うことが多いでしょう。テーブルの高さは、ソファの座面と同じか、「5cm程度」高いものが使いやすいと言われています。ただし、食事をとったりする場合、もう少し高い方(8~10cm程度高い)が使いやすいようです。いずれかをすでに持っている場合は、それに合わせた高さのものを検討してみましょう。

■奥行は浅め? 深め?
ソファの奥行は座り心地に影響します。奥行が深いものであれば、深くゆったりと腰掛けられたり、横になって寛ぐこともできます。ただし、テーブルで作業をしたりするのには不向き。一方浅いものは、ソファに座ったまま、何か作業をする体制もとりやすくなりますが、身体をソファに預けるという形になれないため、寛ぎにくくなります。

最近は狭い部屋のために奥行が浅いコンパクトなソファも多くあります。ただし、見た目やサイズだけで選ばず、座り心地を試してから選ぶことをおすすめします。

次のページでは、種類や張地など、形や機能から考えるソファの選び方を紹介します>>