百聞は一見に如かず

PS4の図

PS4を未来のマシンへと進化させる周辺機器、それがPS VRです

ソニー・コンピュータエンタテインメント(以下SCE)がPS4用周辺機器として2016年10月13日に発売を予定しているPlayStation VR(以下PSVR)。最初にお伝えしておきたいのですが、この記事は読めばPSVRのすごさが分かる、という記事ではありません。もちろん、できるだけその魅力をご紹介するつもりではありますが、おそらくはこの記事を読んだところで、せいぜい「分かったような気になる」という程度です。

この記事は、PSVRのすごさをお伝えする為の記事ではなく、こんな文字の説明ではそのすごさは到底伝わらない、読んでみてすごそうだと思っていただいたとしても、実際に体験するとそれをはるかに超えるぐらいの衝撃がある、ということをお伝えする為の記事です。百聞は一見に如かずということわざがありますが、PSVRの体験は、まさしくそれです。

PlayStation VRってなに?

PSVRの図

いわゆる、ヘッドマウントディスプレイという、目をすっぽり覆うタイプのモニターを使います

PSVRは、元々は「プロジェクト モーフィアス」と呼ばれていた、SCEが開発している、ヘッドセットをもちいてPS4でヴァーチャルリアリティを体験する為のシステムです。

ものすごく簡単に言うと、海で泳ぐときに使うゴーグルのような形で目をすっぽり覆うモニターを頭から被って、360度、全ての視界を完全にゲーム画面で埋めてしまう、という仕組みです。

しかもその映像は立体視で表現され、音も3Dサラウンド。これを使うことによってどういうことが起こるかといいますと、いささかも大げさな表現ではなく、あたかも自分自身がゲームの世界に降り立ったかのような体験を味わうことができます。伝わらないことを承知で繰り返しますが、これは全く大げさな表現ではありません。PSVRを使うと、いかに人間が視覚に頼って世界を認識しているかということを改めて感じさせられます。

視界を完全に覆うことによって、ゲームの世界は劇的に変化します。この変化は、視覚的な変化でありながら、全身の感覚に訴えかけるような変化です。

まだ何もしていないのに、ドキドキしたり、キョロキョロしたり

RIGSの図

ゲージやアイコンなんかも、PSVRだとかっこよく感じられます。ロボットに乗ってる感じが、増しているからでしょうか

PSVRのロンチタイトルとして、SCEから発売が予定されている「RIGS: Machine Combat League(以下RIGS)」というタイトルがあります。ロボットを操縦して3対3のチームで対戦する、主観視点のシューティングゲーム、いわゆるFPSのタイトルです。

細かいゲームの内容については今回あえてご紹介しません。それ以前の話として、格納庫の中でロボットに乗り込んだ時点で、ドキドキが止まらなくなります。前を向けばロボットに乗ってる分少し高い視点、この高い視点も、ただのゲーム画面ではなく、本当にちょっと高いところにいる感覚があります。普通のゲームでも、プレイヤーキャラクターが高いところに行くと、自分もその高さを感じられる場合がありますよね、あれがもっとずっとリアルになります。ああ、ロボットに乗っている、と思ってドキドキしちゃうんです。

下を向くと、自分がいます。本物の自分じゃないですよ、パイロットの姿に置き換わっていて、手にはPS4のコントローラーである「デュアルショック4」ではなくロボットの操縦桿が握られています。何か変身したような気分です。

今、前を向くとか、下を向く、という表現をしましたが、それはコントローラーの操作ではありません。普通に周りを見渡すように、実際に顔を動かすと、それと連動して画面が動くんですね。おそらく、PSVRを初めて体験したほとんどの人が、辺りを見渡すんじゃないかと思います。あまりに不思議で、つい「キョロキョロ」しちゃうんですね。

観ると居るでは比較にならない

アサシンクリードの図

普段のゲームでも高さを感じることはあります。でも、PSVRのそれはまた別物です

ゲームが始まると、ロボットは格納庫から昇降機で上にあげられ、戦場となるアリーナに到着します。またこの、昇降機であげられる感じがいいんですね、もう気分は完全にパイロットです。今までのゲームにもあったような1つ1つの要素が、全て新鮮に感じられます。

ロボットを操縦すると、当然ですが、動きます。しかしその当たり前のことに感動します。何しろ、感覚的にはロボットに乗っているわけですから、ちょっと動いただけでも本当にドキドキ。ジャンプして、空中の浮遊感、落ちる時のゾクゾク感、アクションの1つ1つが真新しく感じられます。

敵を見つけたら、狙いを定めて撃ちます。顔を動かすことで見渡せるとお話しましたが、敵に照準を合わせるのも、敵の方を向けばそれで照準を合わせることができます。とても新鮮で、そして非常に直感的であり、簡単です。

夢中になって、相手を見つけて、撃って撃たれて、ロボットを操作して、夢のような、というか、まさしく夢でも見ているような時間をすごします。プレイしたあと、別の人が遊んでいる様子を、普通のモニターで観ると、また驚かされます。さっきまでかかっていた魔法があっさりと解けて、普通のゲームに見えるのです。同じゲームでも、まるで別物です。普通のモニターではゲームを観る、ですよね、でもPSVRはゲームに居る、です。観ると居るでは比較になりません。

迫力があるとか、没入感が増すとか、他のゲームの紹介でも使うような言葉で表現しても伝わらないのが非常に難しいです。

ガイドが今まで経験した中で、これに最も近い体験は止まっているエスカレーター、でした。みなさんは止まっているエスカレーターを昇ったり降りたりしたことはありますでしょうか? どうなると思いますか? 普通の階段と変わらなくなると思いますか? 実は違うんですね、頭では止まっているとはっきり分かっていても、「あ、止まってるね」なんて口に出していたとしても、体の方が反応して動いていることを前提にバランスを取ろうとするんです。止まっているのに動いてるつもりでバランスをとる、なので、グラッときます。

ある意味でこれに非常に近いと感じました。頭ではもちろんゲームと分かっています。しかし、視界を完全に奪われてゲームの世界に放り込まれると、体の方が反応してしまうんですね。PSVRで受けるゲーム体験というのは、視覚によってもたらされるものではありますが、より身体的な感覚に訴えかけるものです。まさしく、Virtual Reality、仮想現実というにふさわしい体験です。

さて、驚くべきは、そんなスゴイものが、2016年10月には商品化され、お家の部屋にいながら仮想現実の世界へ行くことができるようになる、ということでもあります。しかし、PSVRにも課題がないわけではありません。

たくさんの課題はあるが、それ以上の未来がある

コールオブデューティーの図

PSVRで遊べたら面白そうなゲームなんて、いくらでもあります(イラスト 橋本モチチ)

素晴らしいゲーム体験ができるPSVRですが、課題もあります。というより、課題はたくさんあります。それは必ずしもPSVR特有の課題というわけではなく、VRという未知の体験に伴う課題であったり、ゲームの周辺機器というものの課題だったりもします。

例えば、PSVRは遊んでいると、ゲームに酔うことがあります。軽いめまいがしたり、ちょっと気持ち悪くなる人もいるかもしれません。これは個人差があります。ガイドも実際に遊んでみた際、短時間のプレイでも酔いを感じました。プレイヤー側の慣れの問題もあるでしょうし、ハードやソフト側で改善できる部分もあるでしょう。SCEは人によって酔う場合があることを認めていて、それを無くしていく努力を発売までしていくとのことです。

また、プレイしている見た目もおそらく課題の1つになると思います。PSVRをつけてゲームをしている人の姿は、控えめに言って、ちょっと怖いな、という感じです。ゲーマー同士なら何の問題にもならないでしょうが、例えば旦那さんがゲーマーで、ゲームをしない奥さんがその遊ぶ姿を観ていたら、ちょっと心配になるかもしれません。これは商品のイメージによって解決できる部分も大きいので、PR戦略が非常に重要になるはずです。

より、大きな問題、そして誰もが気になるポイントとして、価格もあるでしょう。PSVRがまさか、数千円で買える、というわけにはいきません。たとえ何万円したとしても、体験できるゲームの素晴らしさを考えれば非常に安い買い物だろうとガイドはオススメできますが、ゲームなどの娯楽に使えるお金は人によってある程度限られているものです。

そしてこれらの問題と関連しつつさらに重要になるのは、対応ソフトが充実するかです。基本的に、コンシューマーのゲームソフトというのは、そのソフトが動作するハードが多く普及すればするほど、タイトルもたくさん発売されます。周辺機器が必要、ということになると、タイトルの数はその周辺機器の普及した数に左右されます。特に日本国内においては据え置きハード全体が苦戦し、もともとのタイトルが少ない状況があり、そのことはPS4も例外ではありません。

酔いであったり、イメージであったり、価格であったりで、スタートにつまづくと、その後、中々ソフトを充実させることができずに悪循環が起こる、ということもあり得ます。もしそうなると、特にRIGSのような、PSVRで遊ぶことに特化してチューニングされたタイトルは、増えにくくなるでしょう。

長々と課題を書きました。実際、PSVRに課題は山積みでしょう。簡単に売れる類の商品ではないと思います。むしろ、販売戦略の舵取りは大変だと思います。

だから、ダメだ、と言いたいのではありません。その真逆です。どれだけ課題があっても、それらの課題を乗り越えるに足る魅力がPSVRにはあります。色々と難しい部分はあっても、ガイドはPSVRを応援したいですし、オススメしたいです。何故なら、ゲームの世界がまるで変ってしまうからです。未来がそこにあるからです。

もう一度念を押してお伝えしますが、この記事はPSVRの魅力を全く伝えきれておりません。これから発売が近づくにつれて、体験できるイベントが増えてくると思います。もしゲームが好きで、PSVRに興味を持ったなら、万難を排してその機会に挑むことをオススメします。その時初めて、この記事では伝えきれていないということを、そこに未来があるということを、本当の意味でご理解いただけるかと思います。

【関連記事】
E3で未来が見えてきたPS4(AllAboutゲーム業界ニュース)
PS4が海外で売れて、日本では売れない理由(AllAboutゲーム業界ニュース)
ゲーム専用機がスマートフォンに奪われたもの(AllAboutゲーム業界ニュース)

【関連サイト】
田下広夢の記事にはできない。(ゲーム業界ニュースガイド個人運営サイト)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。