芸人世界の結婚ブーム!?

undefined

 

世間は福山雅治の結婚で話題騒然ですが、実はその陰に隠れて、いや、隠れてはいませんが(笑)、勝るとも劣らない話題性を振りまいていたのが、中堅人気芸人達の結婚ラッシュでした。

つい最近の爆笑問題・田中裕二(50)に千原兄弟・千原ジュニア(41)、麒麟・川島明(36)。その一か月前になりますがアンタッチャブル・山崎弘也(39)と、まるで何かの力が働いたかのようにアラフォー芸人たちが続々と結婚に走りました。

単なる偶然と片付けてしまうと、この記事もごくごく短いものになってしまい、思わせぶりなタイトルも、看板倒れに終わってしまいます。安心してください! 理由はあります。彼ら中堅芸人が気を同じくして結婚に踏み切った理由が。


時代とともに変わる結婚観

「最近の芸能人は派手な結婚式をしない」と、リポーターの人たちがぼやいてましたが、そこは芸人も同じ傾向のようです。ここ最近のテレビ中継の入った派手な結婚式といえば、2007年の陣内智則までさかのぼることになります。しかもその結果は、皆さんご存知のとおりですから、追随する芸人がなかなかでてこないのも無理のないところでしょうか。

一言で言えば、時代が変わったからということですが、芸能人の結婚式が大々的に執り行われたのは、昭和の時代からせいぜい20世紀末くらいまででしょうか。それ以降は徐々に「ジミ婚」が広まっていきました。今考えると陣内智則の挙式は昭和に逆行したものだったんですね。

ちなみに、この芸人という括りから、あえて落語家は外しました。あのジャンルの人達は伝統を重んじているだけあって、今でも目一杯に派手な結婚式を挙げているようです。そういう世界が今も残っているのは、伝統芸能として決して悪いことではないように思われます。

パブリシティとしての結婚

話をジミ婚に戻して、派手好きな筈の芸人たちの結婚式が、なぜ全体的に質素なもの、あるいは全然やらないという方向に進んでいったのでしょうか? おそらく昭和の時代と今とでは、結婚する年齢に開きが出てきたからじゃないかと思います。

昔よりも高齢の独身者が増え、それにしたがって結婚の年齢も当然上がります。しかし単純に考えて歳を重ねたほうが収入も増加し、結婚式にも充分お金がかけられそうな気もします。

そこが逆転しているのには、芸人独自のポリシーが大きくかかわっています。その昔、若くして結婚を考える若手芸人は、例えテレビで売り出し中だったとしても、まだまだ上を目指そうという野望を抱いていた筈です。そのために派手な結婚式をパブリシティの一環として、有効活用していたはずです。


結婚にも笑いにも様々な形が

ところが結婚年齢が上がっていくと、それまでに結構な位置を確保してしまう芸人が多くなります。もちろん、そこからさらに上を目指す面々も少なくないようですが、そんな彼らは一様に独身生活を守っているようです。

冒頭に記した最近結婚した面々を見返していただきたいのですが、いずれも売れっ子でありながら、さらに一段上を目指す攻めの気持ちよりも、今の地位を長く守り続けたいという思いが感じられるんですね。こういった守りの気持ちが強くなった時に、改めて結婚を考えてしまうのが、今の芸人の傾向なのかもしれません。

なんだか芸人の結婚を非難しているみたいですが、千原ジュニアを例に挙げると、ジャックナイフの笑いもあればバターナイフの笑いだってあると思います。むしろこれからは後者の笑いの方が広く支持される予感がするのは、当ガイドだけでしょうか?
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。