ニュースなどで「病院に運ばれましたが間もなく死亡しました」「病院に運ばれましたが、現在心肺停止状態です」というフレーズを耳にすることがあると思います。ここで言う「心肺停止」とは、心臓と呼吸が止まっているということ。それって「死亡」したということじゃないの?と思ってしまいますが……実際のところはそうとは限らないのです。

今回は、この疑問にも絡んでくる、法律における死と生物としての死の定義を、それぞれ解説していきます。

法律で定められた「死亡」のタイミングとは

心肺停止

呼吸なく、脈が触れない状態を心肺停止と言います

法律において、刑法上では「死」についての記載があるものの、きちんと定義されているわけではありません。死は当たり前のものとして、法律で定義するものではないのかもしれません。民法では相続の問題から、失踪7年間発見されない時には法律上で死亡とされ、相続などが発生します。

それでは、失踪した場合以外では、何をもって法律上における「死」とするのでしょうか?

社会通念上の観点などから考慮され、法律学者の間で認められている通説があります。医師もその通説に従い、死亡を確認することになっています。

  1. 呼吸の停止
  2. 脈拍の停止
  3. 瞳孔反射機能の停止

の3点で判定する三徴候説です。

一方、臓器移植に関する法律によって定義された死亡もあります。そこで挙げられている「脳死した者の身体」とは、「脳幹を含む全脳の機能が不可逆的に停止するに至ったと判定された者の身体」と規定されています。脳死は「移植の時にのみ認められる死」とも言えます。脳死では自発呼吸はありませんが、心臓はまだ動いています。

「心肺停止」として心臓と呼吸が停止すると、細胞が生きていくための酸素と栄養がなくなるため、すべての細胞が死んでいくことになります。

しかし、心肺停止=死ではありません。心肺停止の状態で病院に運ばれるときには、心臓マッサージ、人工呼吸をしていますので、蘇生している間は死ではありません。これらの蘇生法を行った上で、蘇生できない時に死を医師が確認してはじめて「死」となります。逆を言えば、事故等で誰が見ても明らかに生存の可能性がない場合でも、基本的には医師が確認しない限り、「死」とはならないということです。

例外となるのは、先述した失踪の場合と、救急隊が死亡を判断する場合です。

  • 痛み刺激に反応せず、意識レベルが全くないこと
  • 呼吸をしていないこと
  • 首の動脈である総頸動脈で脈拍が全く触れないこと
  • 黒目である瞳孔が開いていて、対光反射が全くないこと。
  • 低体温であること
  • 筋肉が硬くなる死後硬直又は、下側に出血斑ができる死斑が認められること

などが総合的に見られる場合、救急隊が死を判断します。医療機関に搬送しても、蘇生の可能性が全くない状態ということです。

生物としての「死亡」とは

生物として、必ず迎えるのが「死」です。

細胞の核には染色体という遺伝子が含まれていて、その中にはテロメアと呼ばれる遺伝子を保護する部分があります。細胞が分裂するたびにテロメアは短くなり、それがある程度進むと細胞に死が訪れます。

人の体は37兆個とも言われる細胞で構成されています。多くの細胞が日々分裂を繰り返し、生きては死に、細胞が老化し減っていくことで人も老化していきます。昨日と今日の細胞が異なることもあり、時が経てば体の細胞もほとんど入れ替わります。そう考えると、自分自身が生きているということを保っているのは、「記憶」かもしれません。

しかし、脳を含めた臓器も徐々に機能が低下していきます。そして生きていくことが困難になり、死を迎えることになります。これが「自然死」です。医学は生物の仕組みを知り、様々な病気について知る学問です。医学の中では、死なないための教育が行われます。しかし、がんなどで死を直前に迎えた時には、すべての人が死について向き合う必要があります。

生物学的には、体をコントロールしている脳が機能停止することを「脳死」と言います。全身の細胞に必要な栄養と酸素を運ぶ血液が送れなくなる心臓が停止すると、「心臓死」と言います。「心肺停止」の状態は、自力で酸素を取り込めず、血液を運ぶことができなくなるため、蘇生を行わなければ生物としては「死」なのかもしれません。

死に対する考え方は人や社会でそれぞれ異なりますが、生きている以上いつか迎えるもの。あなたは死をどのように定義しますか?考えてみるきっかけになればと思います。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項