プレーヤーファーストは両リーグの最終シーズンから

振り返ると日本のバスケットボール界にとって今年の夏は活発な夏だったと言えるのではないでしょうか。タスクフォース川淵チェアマンのリーダーシップのもとFIBAによる制裁解除が果たされると、約1ヶ月後には日本代表女子がアジアの頂点に立ち、見事に3大会ぶりとなるリオ五輪の切符を掴みました。

japan

japan

そして制裁を受ける事となった大きな要因のひとつで、大手メディアにも多く取り上げられた男子2リーグの分裂問題も8/29に発表された新リーグ階層分け発表会、9/15日の新リーグ”B LEAGUE”立ち上げ会見、を持って急速に過去のものとなりつつあります。

その証拠に今年の9月は例年以上に公開、非公開併せた多くのプレシーズン(開幕前の練習試合)がリーグを跨いでスケジュールされ、続々と消化されていきました。

今後リーダーシップは川淵氏から大河チェアマンに引き継がれますが、昨年末の暗雲立ちこめる雰囲気はもう残ってはいません。<関連URL

bj final20151

 

この記事を書いている時点で、リオ五輪を目指す男子代表の戦いはまだ終わっていませんが、18年振りのFIBA ASIAバスケットボール選手権大会ベスト4を決めたばかり。これにより少なくとも来年のリオ五輪世界最終予選は戦えることは決まりました。男子も五輪出場となれば今までにはない追い風がバスケットボール界に吹いていると言って良いでしょう。

今年からWNBAのシアトル・ストームで活躍した女子日本代表の渡嘉敷来夢はWNBAの新人選抜チームに選ばれるなど、残す期待は新たなNBA選手の誕生と国内リーグの本格的な成功でしょう。

 

新たに誕生したB LEAGUEも走り出してから解決を迫られる事が多々出てくるはずですが、同時に立ち上げから完璧なリーグなど桃源郷でない限りあり得ません。


 


NBL、bj League両リーグにとって勝負のシーズン

今後の鍵になるのは来季から統一リーグとして一緒に戦う事になるNBL、bj League。それぞれのリーグが未来に繋がる活発な競争と建設的な内容を伴ってその最終シーズンを飾れるか? ここに尽きるのではないでしょうか。

余りにも早く来シーズンの事しか考えていない、もしくは過去の実績とその日暮らし的な感覚、そのいずれでもいけないと、ファンだからこそあえて厳しく申し上げたい。

チームを応援するファンにとっては今シーズン戦われる1戦1戦も想いに溢れるものだろうし、NBL、bj Leagueの両リーグには未来と今を繋ぐ渾身のシーズンにして欲しいとただただ願うばかり。今から出来る事、今しか出来ない事を見極め、各球団と地域が一致すれば個性的で魅力的な文化が育まれるはずです。

bj fianl20152

bj fianl2015

観客動員や地域との連携という意味ではbj league、特に琉球や秋田がリードしていると言われますが、NBL栃木の平均観客動員数もそれに匹敵し、堅実な積み上げが見られる千葉やその地域性という意味では北海道などもポテンシャルが高い。

何よりも新リーグ1部参入には5000人規模のアリーナが条件となっていた訳で、まだまだ上を目指さなければならないのはどのチームも同じと言えます。

 


ファンと向き合う事がプレーヤーファーストに

FIBAからお尻を叩かれてから、多くの方々が尽力しここまで来ました。今度は選手達がこれに応える番です。

川淵氏が「“プレーヤーファースト”であるべき」と発言されてきた事はありがたい事。ではプレーヤーファーストの実現の為に選手達がどんなアクションを取るのか? 試されるシーズンとなるでしょう。

これまでのバスケットボール選手の決まり文句「コート上で出来る事を最大限やる」では足りない時代がもうすぐそこに来ている。コートの内外を問わず、責任と自覚をもった1人の伝道者としての活躍に期待します。考えればアクションは生まれてくる。行動があって初めてリスペクトを勝ち取れる。

ではファンに出来る事は何でしょうか? これには何の秘密もありません、会場に足を運ぶ事です。スポンサー収益や親会社の予算に支えられる球団経営からひとつでも多くの球団が脱去し、地域とファンに支えられ、また還元できるチームになる為にはチケット収益の安定化が欠かせません。

bj final2015fan

bj final2015fan

ファンがお金を払ってでも毎週観に行きたい! そんなチームを作る事が各球団の目指している事でしょう。スポーツに勝敗は付き物なので最強チーム、優勝チームの魅力は十分に分かります。ただ優勝チームは1シーズンに1チームしかあり得ない訳で、優勝しなかったら全て失敗でしょうか?

勝敗以上にファンに訴えかけられる何かを発信できるチームというものは今後も成長し成功していく。そこに最終シーズン、新リーグでの生き残りの勝機を見出して欲しい。そのように感じます。


今バスケが熱い!バスケを観に行こう!

みなさん、バスケットボールは今HOTです!盛り上がってます! 是非1度会場に足を運んでみませんか?また学校の部活などでプレーを楽しんでいるみんなにとっても気付きは沢山得られる筈です。

bj leagueは10/2(金)開幕!
NBLは1週間後の10/9(金)開幕!

是非お近くの会場、チームを調べてみてください。

その熱気と興奮、そして何よりバスケットボールと言うスポーツが元来併せ持つ“エンターテイメント性”を必ず体感出来るはず。

選手達の息づかいも聞こえる距離感、近いからこそ分かる圧倒される程のスピード感、迫力。魅せられること間違い無し! 最高のシーズンを期待しましょう。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。