ハイブリッドか普通エンジンか、見極める目安は?

発売直後から絶好調の売れ行きを見せているトヨタ・シエンタながら、興味深いことにハイブリッドも普通のエンジンも売れているという。つまりユーザーが迷っている、ということでもある。確かに同じ車種でハイブリッドと普通のエンジン両方が揃っていると悩むかもしれない。はたしてドチラを選ぶべきか?

ハイブリッドも普通エンジンも絶好調なシエンタ

ハイブリッドも普通エンジンも絶好調なシエンタ


説明するまでもなくハイブリッドと普通のエンジンの大きな違いと言えば「燃費」である。いったいどのくらい違うのだろうか? 困ったことに答えは一つじゃない。ハイブリッドも普通のエンジンも、使い方で大きく燃費が変わってくるからだ。例えば、ホンダ・フィットで比べてみよう。
フィットもハイブリッドと普通エンジンを用意するが、燃費を比べてみると?

フィットもハイブリッドと普通エンジンを用意するが、燃費を比べてみると?


普通エンジンのフィットで東京都内の渋滞路(平均車速20km/h程度)を走った時の燃費は15km/L前後と言ったイメージ。一方、ハイブリッドだと22km/Lくらい走ってくれる。走行1万kmで使うガソリン代はおよそ9万円と6万円。ハイブリッドなら3万円浮く計算。

さて、ハイブリッドとの車両価格差を見ると約37万円だ。となれば10万km走っても普通エンジンの方が安く付く計算。実際は税金などの優遇措置などあったりもするが、それ以上走るとハイブリッドの方にメリットが出てくる。ということで、この使い方だと「10万km以上走るか」どうかで決めれば良い。

熟年層ユーザーに多い「とにかくハイブリッド」は間違い!?

ハイブリッド普及の影で、普通エンジンの実用燃費も確実に向上している

ハイブリッド普及の影で、普通エンジンの実用燃費も確実に向上している


では、郊外路はどうか? 渋滞路より燃費は良くなり、ハイブリッドだと26km/Lくらい走ってくれる。ところが普通のエンジンだって負けていない。フィットの普通エンジン、燃費自慢なのだ。上記写真の数字は北海道の一般道を流れに乗って走った時のもの。特に燃費を意識した走りではない。

平均すると20km/Lくらいだろうか。この使い方で1万kmあたりのガソリン代を計算してみたら、6万8千円と5万2千円。意外なことに1万6千円しか違わない。10万km走ったって16万円差。20万km走らないと「ハイブリッド代」のモトが取れない計算である。

シエンタも同じ。普通のガソリンエンジンの実用燃費が良いため、どんな使い方をしたって10万kmくらいだとハイブリッドは損だ。都内の渋滞路なら15万kmくらいでトントンになるだろう。ここにきて普通エンジンの実用燃費が急速に向上しているため、僅差になってきているワケ。

けれど「ハイブリッドなら何でも良い」というユーザーは意外と多い。前出のシエンタの場合、若い年代層だとコストパフォーマンスで普通エンジンを選び、60歳以上の熟年層は「とにかくハイブリッド」なのだった。賢明なユーザーであれば、購入時にキッチリと試算することをすすめたい。

最も簡単なのはカタログ燃費をベースに、渋滞路なら実用燃費を70%と考えて試算。郊外路であれば80%だと仮定して試算すれば良いと思う。計算していくと、プリウスなどハイブリッド専用車を除き、基本的に普通エンジンの方がリーズナブルだったりする。購入前にご検討を。

【最近の記事】
ダイハツ新型キャストに見る「軽自動車の苦悩」
新型プリウス発表!進化したスタイルを解剖
ソリオは広さも燃費も安全装備もトップクラス

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。