朝コーヒーを飲む習慣は健康的ではない?

朝のコーヒー・目覚めの一杯

「目覚めの一杯」「出勤前の一杯」が習慣になっている人も多い、朝のコーヒー。しかし朝コーヒーは身体には悪影響という報告は意外に知られていないようです

目覚めの一杯や、出勤前にカフェやコンビニに寄って毎朝コーヒーを飲む……。そんな人は多いのではないかと思います。朝専用缶コーヒーといったものも販売されているくらいですから、朝の飲み物と言えばコーヒー、また、コーヒーを飲む時間帯と言えば朝、といったイメージは一般的なのかもしれません。

しかしながら、「目覚めのコーヒー」が私たちの健康を害している可能性があるという報告があります。以前発表された研究結果から、なぜ朝のコーヒーが身体に悪影響を及ぼすと言われているのか、また、コーヒーを飲むのに最適な時間帯はいつなのかを考えてみましょう。

重要な働きを持つ「コルチゾール」とは

この研究のキーワードとなるのは「コルチゾール」というホルモンです。コルチゾールとは副腎皮質ホルモンの一種「糖質コルチゾイド」の一種で、生体においてとても重要なもの。タンパク質、炭水化物そして脂肪の代謝を抑制する役割があります。

しかし、過剰に分泌されることで血圧や血糖値の上昇などを引き起こす危険性が高まると考えられています。

朝コーヒーを飲む習慣が健康に及ぼす悪影響

実は朝の時間帯にカフェインを摂取すると、このコルチゾールの働きに悪影響を及ぼすと言われています。その問題点は大きく以下の2つに分けられます。

1つ目は、カフェインがコルチゾールの生産を阻害してしまい、それを補うために身体がもっとカフェインを欲するようになるということ。

2つ目は、朝にコーヒーを飲む事でカフェインへの耐久性があがり、慢性的に欲するようになってしまうというものです。

さらに、朝コーヒーを飲むことで血糖値が上がりやすくなってしまう、ということも研究で指摘されています。

コーヒーを飲むのに最適な時間帯

では、コーヒーを飲むべき最適な時間帯はいつでしょうか? それは、コルチゾールが高くない時間帯です。具体的には、
  • 朝10時から正午にかけて
  • 午後2時から5時にかけて
の2つの時間帯が、コーヒーやカフェインを摂取するのに良い時間帯だと言えます。それらの時間帯であれば、カフェインがコルチゾールの生産を阻害するのを最小限に防ぐことができ、カフェイン中毒にもなりづらいようです。そしてコルチゾールの分泌を促すことができるために、覚醒度も上がる、ということになります。

コーヒーを目覚めの一杯を日課としている方は、これらの研究報告の内容も見ながら、毎日の習慣を見直してもみても良いかもしれません。

■参考
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。