皮膚科でニキビ早期治療をおすすめする理由

ニキビが出来たら早めに皮膚科へ!

ニキビが出来たら早めに皮膚科へ!

ニキビができやすい肌の方の多くが「ある日突然ニキビできた」と感じることがあるかと思いますが、ニキビができる前の小さい毛穴のつまりがあるのを見逃していませんでしたか?その「小さい毛穴のつまり」は、「微小面ぽう」と呼ばれるニキビの一種です。

このような「微小面ぽう」は、皮膚科で処方される「ディフェリン®ゲル」などの外用薬で、大きなニキビになってしまう前に治療することが可能です。(皮膚科の先生の治療方針にもよります)このようにニキビになる前に皮膚科での治療を開始することは、その後ニキビ痕になるリスクも避けることができます。

「皮膚科は、早く行けばいくほど早くキレイに治療することが出来る」というのは最新のデータでも証明されているので、皮膚科での早期治療はメリットが大きいと言えます。

肌観察で「ニキビの前兆」を見極める

「小さい毛穴のつまり」は、実際には毛穴が気になる女性には誰にでも起こりうるもの。忙しい働く女性が毛穴つまりのたびに皮膚科に行くことは、現実的ではないですよね。「この毛穴つまりは皮膚科に行った方がいいのか」を判断するのは自分自身です。ニキビの前の毛穴つまりを見逃さないためには、毎朝の洗顔前に肌の状態を観察しておくのが大切。毎朝の肌の状態を観察していくと、毛穴つまりが大きくなっていることに気が付き、皮膚科に行くタイミングを見逃すこともなくなります。

具体的には、以下のようなことがあったら、皮膚科でご相談してみるのを考えてみましょう。

「手で触ってみてザラッとする」
「毛穴つまりの周辺もちょっとふくらんでいる箇所がある」
「肌表面の皮脂が多い」

「毛穴のつまりで皮膚科に行くのもどうなの?」と思うかもしれませんが、皮膚科の先生もニキビの早期治療に対して積極的なので、親身になって相談にのってくれます。

次ページでは「皮膚科か?美容皮膚科か?」の選択について紹介します。