革新性を示す、シングルグレーンウイスキー誕生

知多の書は、書家・荻野丹雪氏

知多の書は、書家・荻野丹雪氏

伝統を守るだけでは、いつかは滅びてしまう。職人的な技やスピリット、姿勢を継承しながら、いかに未来へ向けての創造をつづけるか。革新を試みる努力が積み重なってこそ伝統を誇れるのではなかろうか。
ウイスキーづくりの革新性を示すブランドが9月1日に誕生する。
「サントリーウイスキー知多」。シングルグレーンウイスキーである。これは新たなスタンダードウイスキーとして設計されたシングルグレーンウイスキーであり、モルトウイスキーとのブレンデッド用に設計された香味とは一線を画す。
味わえばすぐにモルトウイスキーとは異なる感覚を覚えることだろう。個性の強いラウドスピリッツと呼ばれるモルトウイスキーに比べ、とても穏やかだ。サイレントスピリッツと呼ばれる理由がわかるはずだ。
冴えた香りのなかに、ほのかに花の蜜のような柔らかな樽香をわたしは感じた。飲み口はすっきりとした甘みのある軽やかなものだ。おすすめの飲み方として、ソーダ割“風香るハイボール”をすすめるようだが、たしかに人のこころを優しく包み込むジェントル・ブリーズを想わせる味わいである。
この香味には、蒸溜によるつくり分け、豊富な樽種による熟成などたくさんの試みが為されており、革新をつづけながら進化しつづけるウイスキーの姿を感じる。

3タイプの原酒をさまざまな樽種で熟成

サントリーウイスキー知多

サントリーウイスキー知多

製品名の「知多」(ちた)は、愛知県は知多半島にあるサントリーのグレーンウイスキーを製造する知多蒸溜所(1972年設立)を表す。
トウモロコシを主原料として生まれる知多グレーンはスコッチのブレンダーの間でも評価が高いが、独自に開発した2塔式~4塔式まで塔の組み合わせを変えられる連続式蒸溜機によって、クリーン、ミディアム、ヘビーの3タイプの原酒をつくり分けている。
使用する塔が多いほど軽快な酒質となる。ピュアでほのかな甘さを抱くクリーンは4塔、穀物様の旨みのあるマイルドな酒質のミディアムは3塔、穀物様の香りたちが強く味わい豊かなヘビーは2塔を使用して生まれるものだ。
この3タイプの香味は長年にわたり改良し、磨き、洗練させてきたもので進化しつづけている。
次に貯蔵熟成樽。メインはバーボン樽の古樽であるが、スパニッシュオークやワイン樽も使用し、3タイプの酒質の原酒がこれら豊富な樽に詰められことにより、豊かな個性あふれる香味が誕生することになる。これも以前にはなかった取り組みであり、進化のひとつである。
熟成年数は長期熟成もので15年くらい、若いもので5年くらい。複数の樽種に詰められ、幅広い熟成年数のグレーンウイスキーをブレンドして生まれたシングルグレーンウイスキーが「知多」である。

グレーンウイスキーがこれまで世に大きく取りあげられることはなかった。ブレンデッド素材として、あくまでも名脇役的存在であったからだ。いま、新たな世界が生まれたのである。
若い飲み手の皆さん、あなたたちは幸せだ。これから革新をつづけるウイスキーの世界をたっぷりと堪能できる。まずこの「知多」の味わいをしっかりと噛み締めておいていただきたい。そして「山崎」「白州」といったシングルモルトの味わいも。あなた方が歳を重ねていくなかで、このようなつくり分けや改良、革新がさらにすすみ、また新たな世界が生まれることだろう。
いまの味わいをしっかりと楽しもう。そして長く飲みつづけよう。

サントリーウイスキー知多
700ml/43%/¥3,800(希望小売価格・税別)
色      明るい黄金色
香り     ピュアでストレート・甘い樽香
味わい    口当たりよくスムース
余韻     奇麗・ほのかな甘さ

グレーンウイスキー関連記事

ブレンデッドはボルドーワインの魅力
ウイスキーのダシの歴史1
ウイスキーのダシの歴史2
グレーンはダシ、モルトは味噌
グレーンウイスキーってなんだ?
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。