愛と嫉妬の音楽

『オテロ』は、シェークスピアの小説で、べネチアのモーロ人将校であるオテロの物語です。オテロは大変嫉妬深いため、愛する妻デスデモーナを疑って殺害してしまい、最後には自分も自殺します。

オテロの悲劇は、複雑な心理と矛盾を抱えたオテロや他の登場人物を巡って展開していきます。作曲家ヴェルディは、マクベス、リゴレット、ドン・アルバロなどドラマチックな人物描写を得意としていましたので、オテロの複雑さに惹かれて作曲を手掛けたのかもしれません。


『アイーダ』で引退するはずが

実は、ヴェルディは、『アイーダ』でオペラの作曲を引退すると決めていました。『アイーダ』は、『オテロ』以前に、スエズ運河落成の記念に書かれた曲です。

ヴェルディはもうお金を稼ぐ必要もなく、疲労しきっていたのです。編集者リコルディと、ヴェルディの友人が、ヴェルディに再びシェークスピアの作品でオペラを作曲するよう勧めたと言われています。ヴェルディは悩みましたが、最後には友人たちの提案を受け入れることにしました。台本作家のアッリーゴ・ボーイトの協力を得て、ヴェルディの才能は『アイーダ』で果てず、『オテロ』、『ファルスタッフ』へと注ぎ込まれるのです。


プラシド・ドミンゴのはまり役

オテロを歌う歌手は、テノールで、ドラマチックで力強い声を持っていなければいけません。オテロは非常に難しい役なので、現在の若手の歌手には荷が重いようです。

プラシド・ドミンゴが歴代のオテロの中で一番のはまり役とされています。ドミンゴは、オテロの細部までを研究し尽くしていて、数えきれない程の公演に臨んでいるので、録音でも彼のオテロを楽しむことができます。

なかでも、カルロス・クライバー指揮、ミレッラ・フレーニとピエロ・カプッチルリと共演したバージョンが一番のお勧めです。録音自体は平均点ですが、音楽の解釈がとても豊かなのです。


ドミンゴ以前の『オテロ』

ドミンゴ以前には、マリオ・デル・モナコがオテロの声がオテロの理想でしたが、彼のオテロは、ヒステリックで暴力的でした。

メトロポリタン歌劇場管弦楽団によるこのバージョンで、オテロの敵役であるイアーゴーとの掛け合いの場面には、鳥肌が立ちます。ヴェルディを歌わせたら右に出るものはいないと言われるレナード・ウォーレン は、イアーゴーのははまり役です。デスデモーナ役のビクトリア・デ・ロス・アンヘレスは、歴代のデスデモーナの中でも最高。録音自体も1958年にしては悪くありません。

ジョン・バルビローリ の指揮とディートリヒ・フィッシャー=ディースカウ のイアーゴー、フィルハーモニア管弦楽団 のバージョンは、この3者のコンビネーションが素晴らしいのですが、残念なことに、肝心のオテロとデスデモーナ役があまり上手ではありません。オテロ役のジェームズ・マックラッケンは、イタリア語も下手で、ヒステリックな声で台無しになってしまっています。

デジタルレコーディングが好きな人には、チョン・ミュンフンの指揮で、ドミンゴのオテロのバージョンをお勧めします。ここでは、ドミンゴの声はバリトンに近くなっていますが、相変わらずの名声です。現代版としては、一番のお勧めです。


最後に、ガイド一番のお気に入りをご紹介します。トスカニーニ指揮、1947年のモノラル録音です。

指揮者と歌手達の力量が音の粗さなど全く気にさせません。トスカニーニの指揮は力強く、作品の最初から最後まで聴衆をしっかりと導いていきます。ラモン・ヴィナイは、オテロ役で今でも語り継がれている歌手です。ヴィナイは、暴力的で、嫉妬深く、絶望的なオテロの性格を完璧に表現しています。

ジュゼッペ・ヴァルデンゴもイアーゴー役で名を馳せており、明確な発音で、優雅にイアーゴーを歌いあげています。世界中の評論家に愛されているバージョンです。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。