2015-16秋冬NYコレクション
ファッショントレンドキーワード6「ガーリーマインド」

2015-16年秋冬シーズンを彩るファッショントレンドのキーワード6は「ガーリーマインド」です。実年齢にとらわれない「エイジレス」の流れを追い風に、ガーリーテイストの着こなしが世代を超えて拡大。装いを若返らせています。若々しさを引き出しながらも、品格を寄り添わせ、クロスエイジのミックスするまとめ方が軸になります。新トレンドを物語るランウェイルックを、モード発火点のNYコレクションから先取りピックアップ!

【CONTENTS】
Page 1:◆DKNY(ディーケーエヌワイ)
Page 2:◆MILLY(ミリー)
Page 3:◆TADASHI SHOJI(タダシ ショージ)
Page 4:◆BANANA REPUBLIC(バナナ・リパブリック)

DKNY(ディーケーエヌワイ)


DKNY

DKNY 2015-16年秋冬NYコレクション


DKNY

DKNY 2015-16年秋冬NYコレクション



フレッシュ感を印象づけるアイテムには、白シャツ、白ソックスなど、ホワイト系が多い。清潔でクリーンなイメージはガーリーテイストの柱。シャツの襟をきちんと上まで留めると、きちんと感が高まる。残りをシックにまとめれば、大人っぽく仕上がる。このミックス度合いがスタイリングの軸になる。新シーズンの「ガーリーマインド」はマインド(気分)を若々しくしながらも、子どもっぽく見せないまとめ方が基本。首をしっかりくるむタートルネックやハイネックのニットは、キュートな風情をまとわせる。ほっこりしたニットの風合いが愛らしいムードを招き入れる。シルエットやディテールにレディーライクな工夫を施すのが大人の流儀。複合レイヤードが着姿に深みをもたらした。

次のページでは、MILLY(ミリー)!



MILLY(ミリー)


MILLY

MILLY 2015-16年秋冬NYコレクション


MILLY

MILLY 2015-16年秋冬NYコレクション



アイキャッチーなピンクに代表されるフレッシュな色を堂々とまとうのが、新しい「ガーリーマインド」の表し方。ネオンカラーは装いにチアフルなエナジーを注ぎ込む。そこに、エレガントなシルエットや繊細なディテールで品格を寄り添わせ、少女っぽさはオフするのが新ルールだ。張り感の高いボリュームたっぷりのフレアスカートに、マスキュリンなジャケットで落ち着きを重ね、クロスエイジのミックス感を醸し出しした。愛らしくコンパクトなフォルムのワンピースには、シャイニーな彩りが添えられ、リッチテイストに寄せた。左右アシンメトリーや前後丈違いといった視覚効果のあるドラマティックな演出でキュート感を抑え込むことで、大人ガーリーな着姿に整う。

次のページでは、TADASHI SHOJI(タダシ ショージ)!



TADASHI SHOJI(タダシ ショージ)


TADASHI SHOJI

TADASHI SHOJI 2015-16年秋冬NYコレクション


TADASHI SHOJI

TADASHI SHOJI 2015-16年秋冬NYコレクション


いさぎよいホワイトのドレスは初々しいムードを呼び込む。コンパクトなネック周りにさらりと露出した腕が、品の良さとフェミニンを印象づける。シェイプされたウエスト、そこから優雅に広がる裾には年齢を超越したレディー感が漂う。視線を引き込むニードルワークや、ドレープが、気品を舞い降りさせる。上半身をコンパクトにまとめ、裾をフレアに仕上げたフィット&フレアのドレスはレディーライクなたたずまい。裾に施された贅沢なチュール素材も優美さをアピール。ブラック&ホワイトのコントラストが大人の品格を備わらせ、世代を超えるアレンジに導く。エレガンスとリラックス、格上ムードとみずみずしさなど相反するマリアージュを意識したい。

次のページでは、BANANA REPUBLIC(バナナ・リパブリック)!



BANANA REPUBLIC(バナナ・リパブリック)


BANANA REPUBLIC

BANANA REPUBLIC 2015-16年秋冬NYコレクション


BANANA REPUBLIC

BANANA REPUBLIC 2015-16年秋冬NYコレクション



プレッピーとはひと味違う、フランスの名門女子高校に通うリセエンヌのようなムードの愛らしさにも関心が集まる。キュートな空気感だけを生かして、あくまでもレディーライクに整えつつ、ほんのりティーンズ気分を差し込む程度のさじ加減を意識したい。シャツやミニスカートが節度をわきまえたグッドガールの雰囲気を引き寄せてくれる。それぞれのアイテムの素材は異なっても色をワントーンで整えるまとめ方や、スーツほどにはかしこまらないセットアップは絶妙の落とし所。むやみに着崩さない正統派イメージをベースに据えつつ、着丈やシルエットで遊ぶといったハンドリングがガールとレディーの境界線をぼやかす現代版マドモアゼルスタイルに支持が集まりそうだ。

2015-16年秋冬NYコレクション以下も引き続きご覧下さい!

2015-16年秋冬トレンドキーワード1「70年代ノスタルジー」
2015-16年秋冬トレンドキーワード2「ミリタリーレディー」
2015-16年秋冬トレンドキーワード3「ビヨンドジェンダー」
2015-16年秋冬トレンドキーワード4「レトロフューチャー」
2015-16年秋冬トレンドキーワード5「シャイニー&ヴィクトリアン」
2015-16年秋冬トレンドキーワード7「ネオボーホー」

【画像協力】
BANANA REPUBLIC
BANANA REPUBLIC

DKNY
(Donna Karan Japan 電話 03-5476-5340)

MILLY
CORONET

TADASHI SHOJI
TADASHI INTERNATIONAL

【関連記事】
2015年春夏トレンドキーワード1「フラワー&ハッピートーン」
2015年春夏トレンドキーワード2「スポーツリュクス」
2015年春夏トレンドキーワード3「ミリタリークチュール」
2015年春夏トレンドキーワード4「70'sフィーリング」
2015年春夏トレンドキーワード5「モアエフォートレス」
2015年春夏トレンドキーワード6「ロック&カリフォルニア」
2015年春夏トレンドキーワード7「ロマンティックイージー」
2015年春夏トレンドキーワード8「グラフィカル&アート」


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。