女子学生3人

「共感」して盛り上がる。ガールズトークでうれしいポイントですよね

「もう、いい!」
「どうして、時間を作ってくれないの?」
「私のこと、もう嫌いになったの?」

なんて彼に伝えていませんか? その伝え方では女心は伝わりません。いつまで経っても二人の心は平行線のままです。

「女は聞いて欲しいだけなのに、男はすぐに『解決策』を回答しようとする」なんて耳にしたことがあるのではないでしょうか。コミュニケーションの方法は男女で違います。女友達相手のときとは話し方を少し変える必要があります。

女子特有の話し方は、ラブラブの初期段階では、むしろ男子ウケすることもあるでしょう。こういった「女子的コミュニケーション」をどう解釈するのか……それは男性の人生の課題のひとつでもあると思います。

とはいえ「女子的コミュニケーション」を続けると男は疲弊してしまいます。女子の話し方の特徴を把握して、わかりやすく受け取りやすいように伝える方法を考えてみましょう。


女子トークの目的は「快」と「不快」の共感にある

女子は「○○が好き」「こういうタイプ嫌い」「○○ってうれしいよね!」……という話題が多いですよね。

「快・不快」の感覚を共有・共感することは、女にとって重要なのです。

女性は「共感」を大切にしながら横の繋がりを作っていく傾向にあるからです。そうやって結束を固めつつ集落を守ってきた女性の歴史の影響もあるのかもしれません。子育てにおいても「快・不快」を感じ取る能力は重要です。言葉が話せない赤ちゃんに寄り添うことができる能力とも言えるでしょう。

でも、この「快・不快」について、男は重要視していないようです。

「快か不快か」つまり「好きか嫌いか」の延長として「愚痴」があるのだろうと思います。でも、「愚痴」は客観的に聞くと不快なものです。その矛先を自分に向けられていなくても、男にとっては「愚痴の話題」そのものが不快なものとして響く可能性があることを、頭の片隅に置いておいたほうがいいでしょう。

ポイント:
芸能人や友達のことを「好き」「嫌い」という話題がしたいならなるべく女子グループで。彼には「好き」の話題だけに絞るようにしましょう。