何もスキンケアをしない男性は……10年後にどうなる?

スキンケアイメージ

これからはオトコもスキンケアをする時代です。

筆者が雑誌編集者のときからメンズヘア、メンズビューティの企画を手がけてきて16年になります。
その頃から比べると、男性の肌に対する意識は格段に上がっているというのは、経験的感覚から実感できます。当時は街頭アンケートを取っても「まったくやらない」「オカマみたい」「気持ち悪い」などと回答されたものです。

メンズ用のアイテムも少なかったです。それが今ではドラッグストア、コンビニにメンズコーナーが設けられ、種類もたくさん並んでいます。市場も200億円を超えるほどに大きくなりました。

そんな状況でありながら、実際にまわりを見渡すと、スキンケアが日常化している男性は、まだまだ少ないようです。「男のくせに」というプライドや「面倒くさい」という億劫さがスキンケアを邪魔しているようなのです。


男のスキンケアで大切なのは「紫外線&乾燥対策」

そもそも男性にとって、なぜスキンケアが大事なのか。女性と同じです。肌を紫外線と乾燥から守るため。紫外線は体内に活性酸素を発生させて、肌の老化を加速させます。それがシミ、シワ、たるみなどにつながるのです。乾燥はシワ、ただれ、赤みなどの原因になります。

紫外線や乾燥が恐ろしいのは、今は平気でも徐々に肌に悪影響を及ぼしていくことです。これは薄毛といっしょで、早いうちから手を打っていくことが重要です。5年後、10年後に年齢よりも老けて見られないように、今からケアをしていきましょう!

紫外線対策、乾燥対策については次のページで紹介します。まずは紫外線から見ていきましょう。


肌を老化させる紫外線対策は、1年をとおして必須!

紫外線イメージPH

紫外線は1年中降り注いでいます。

人間の体は紫外線を浴びると、紫外線が体内へ侵入しないように、メラノサイトという物質がメラニン色素を作り出して防いでくれます。それがいわゆる日焼けです。その後、浴びなくなると新陳代謝によってもとの肌の色に戻っていくわけです。

しかし、ずっと浴び続けていると、やがてDNAが傷つけられて、メラノサイトが活性化したままになってしまい、シミとして残ってしまいます。

さらに紫外線は、肌の弾力に必要なコラーゲンやエラスチン繊維も傷つけて、肌の弾力を奪ってしまいます。そうすると、しわやたるみもできやすくなります。

紫外線から肌を守るため男性が行うべきケアとは?

紫外線対策1:外出時は日焼け止めを塗る

紫外線の浴びすぎには気をつけなくてはなりません。本当に肌を大切に思うのなら、野外活動はもちろん、出かけるときは季節に関係なく日焼け止めを塗るべきでしょう。そんなの「女のやることだ」と思うかもしれませんが、それだけ紫外線は肌にダメージを負わせるものなのです。

日焼け止めを塗る場合の注意点ですが、化粧水や美容液ではないので、必ず洗顔剤で落としてから寝るようにしましょう。そうしないと毛穴が詰まったり、肌荒れの原因になります。また、女性ものはあまりオススメできません。もともと脂の分泌が多い男性の肌には、女性ものはベタつき感が強く、顔がテカってしまうことも。オイルフリーのメンズ用を選ぶといいでしょう。


紫外線対策2:赤い食べ物を食べる

大ざっぱな表現ですが、赤い食べ物は肌にいいと言われているので、積極的に摂取してほしいものです。具体的な食材は次のとおりです。

焼き鮭のPH

焼き鮭は昔ながらの健康食です。

■サケ
サケのピンク色はアスタキサンチンという成分によるもの。天然色素の一種で、体内に発生する活性酸素を抑制することに優れています。また、メラニンの生成を抑える働きがあり、美白効果にも期待されています。ちなみにイクラ、カニ、エビなどにもアスタキサンチンは含まれています。

■トマト
トマトの赤色はリコピンという色素。リコピンは抗酸化作用が強く、新陳代謝を高める働きもあって美肌にとてもいい栄養素です。メラニンの生成も抑えるため、シミ防止にも効果的。1日1個食べることをオススメします。

赤パルリカのPH

栄養たっぷりの赤パプリカ

■赤パプリカ
赤パプリカの赤い色素はカプサイシン。赤唐辛子にも含まれていて、抗酸化作用の高い栄養素です。美肌に期待できるビタミンCも豊富で、緑ピーマンの2倍の含有量があります。

 

■にんじん
にんじんに含まれるベータカロチンには抗酸化作用があり、体内でビタミンAに変わることで、皮膚を健康に保ってくれます。

続ページでは、乾燥対策について解説していきます。



乾燥は様々な肌トラブルのもと

洗顔やヒゲ剃り後の肌は乾燥状態です。日焼け直後の肌もそう。乾燥した肌を放っておくと、シワ、肌アレ、ニキビの原因となるので注意してください。乾燥から肌を守る方法は以下のとおり。

乾燥肌対策1:洗顔後には化粧水や保湿ジェルを!

ヒゲ剃り後のPH

優しく押し当てるようにアフターローションを塗布。

洗顔後の顔は汚れが落とされてきれいになってはいますが、皮脂膜も洗い流されているため、無防備な状態です。肌も突っ張っています。この突っ張りが乾燥している証拠。化粧水や保湿ジェルをすばやくつけて、肌に潤いを与えましょう。

その際、肌をこするようにつけるのはNG。手のひらで行うにしろ、コットンを使うにしろ、やさしくパッティングしてください。「女々しい行為」なんて言わずに、ぜひ実践しましょう。

 

乾燥肌対策2:ヒゲ剃り後にアフターローションを!

朝、電車に乗っていると、あごや鼻の下が赤くなっている人を見かけることがあります。ヒゲを剃ったあとでも何もお手入れをしていないんだと思うのですが、それはダメ! 

ヒゲを剃ると肌表面の角質が削れて、敏感な状態になります。放置しておけばただれたり、ニキビができたりするので、ヒゲ剃り後はアフターローションで肌の鎮静と保湿を必ず行いましょう。アフターローションを持っていない人は化粧水や保湿ジェルでも代用可能です。


乾燥肌対策3:アーモンドやナッツ類を摂る

ナッツ類のPH

乾燥肌の人が間食するなら、ナッツ類がオススメ!

アーモンド、ナッツ、くるみなどの脂質は肌を乾燥から守る働きがあります。しかも抗酸化作用が強いビタミンEも豊富で、肌の老化も防ぐと言われています。食物繊維も含まれており、老廃物を体外に排出するのをサポートして体の調子を整えてくれます。

とはいえ、摂りすぎは禁物。脂質が多いので、ニキビの原因にもなるし、肥満の可能性もあります。適度に摂ることを心がけましょう!

最後に。もっと鏡を見る習慣を!

鏡をもっと見ましょうといっても、ナルシストになれということではありません。「自分の肌をじっくり観察する時間を作ろう」というわけです。

女性は朝起きたら鏡を見て、肌のコンディションを確認し、状況に見合ったスキンケアをすると言います。また飲み過ぎて顔が浮腫んでいたらマッサージをするそうです。それに比べて男性はどうでしょう?

シミ、シワ、たるみなど、肌の老化は1日で起こるものではありません。ほんの少しの劣化の蓄積によって衰えていくのです。女性はちょっとの変化も見逃さず、少しでも劣化を抑えようと日々ケアをしています。男性も女性ほどでなくとも、肌の変化に気づけるように鏡を見る習慣をつけましょう。裏返せば、そこまでしないと清潔感や好感度が保てない時代になったと言えるのです。

スキンケアは人に見せるものではないのですから、ぜひ自宅で実践してほしいと思います。「面倒くさい」という声が聞こえてきそうですが、ほんのひと手間を惜しむか惜しまないかで、5年後、10年後の肌が変わってきます。

すなわち男性でもスキンケアは必須なのです!
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。