お金が無い人に資産運用は関係ない?

「資産運用?お金無いし、自分には関係無いよ!」

ファイナンシャルプランナーとして、資産運用の必要性を伝えようとすると、こういう反応をされることが多くあります。

では、お金がいくら貯まったら資産運用を始めますか?50万円?100万円?1000万円でしょうか?多くの人が、「資産運用はお金がある程度貯まってから始めるもの」と考えています。しかし、これは間違いです。

お金を貯めるために少しずつ取り組んでいくことが資産運用です。

資産運用とは

“資産運用”という漢字は、資産を“運んで”“用いる”と書きますよね。漢字が意味する通り、「自分の資産をどう管理して、形成していくか(どうやって貯めていくか)、そして、貯めたお金をどうやって使っていくか」を計画するのが資産運用です。

儲かりそうなものを探して投資することが資産運用だと考える人も多いですが、これも違います。預金や債券、株式などあらゆる金融資産の全体のバランスを考慮して、管理していくことが本来の資産運用ということになります。

少額から資産運用を始めるには投資信託が最適

多額の遺産を相続するとか、そういった特別な事情が無い限り、多くの人にとっては、いきなりまとまった資産を手にすることはありません。多くの人は地道に少しずつ資産を形成していくことになります。少額から、全体のバランスを考慮した資産運用を始めるには、投資信託の利用が効率的です。

個人で株式や債券など様々な資産を組み合わせていくには、多額の資金も必要ですし、多くの情報も収集しなくてはなりません。投資信託は銘柄選択をプロに任せられるため、これから資産形成をしていこうと考える人には最適な仕組みです。

国内で販売されている投資信託のほとんどが、1万円から投資が可能です。実は500円から投資できる投資信託も多くあります。1万円で世界中の大手企業の株式に分散投資できるなんて、投資信託の仕組みを活用しない手はありません。

いつ投資信託を買うか

では、どういったタイミングで購入したら良いのでしょうか?

自分自身で好きなタイミングで少しずつ買っていくこともできます。でも、普通は迷いますよね。購入手続きが面倒になり、そのまま何もしないなんてことになってしまうかもしれません。

したがって、私は投資を始めるタイミングなんて見極める必要はないと思います。なぜならば、いつがベストかなんて誰にも分からないからです。それなら、何も考えずに機会的に毎月自動的に購入していった方が楽チンです。このような方法を、積立投資といいます。

価格が安いタイミングでまとめて一括投資した方が資産を大きく増やせるので、機会的に購入していく積立投資は、ベストな方法ではないかもしれません。しかし、リスクを抑えて手間もかけずに、資産運用を開始するには悪くない方法といえます。

自分自身の資産を全体のバランスに配慮しながら、資産を形成していくことが資産運用です。そして、投資信託を活用すれば毎月1万円から手軽に始められます。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。