ロシア構成主義とテクノポップ

以前、ロシア構成主義(ロシア・アヴァンギャルドとして後期の様式)に影響を受けたと思われるジャケを集めて「ロシア構成主義展」をやりました。日本および欧米中心の選択でしたが、ロシア・アヴァンギャルド的、特に構成主義的な作品は、やはりテクノポップ系が多いことが読み取れました。これは偶然ではなく、ロシア構成主義とテクノポップというのは、時代は違うものの、近未来的、記号的、幾何学的、ミニマリズム等の世界観を共有しているからだと考えます。

皮肉にもソ連でのスターリン時代になってこのユートピアの夢は砕かれてしまうわけですが、アヴァンギャルドというのは、20世紀初頭において既成の芸術を突破しようとし、ロシアで花開いたムーヴメントです。これは、ニューウェイヴが既成のロックを突破しようとしたことにも通じます。

日本のロシア構成主義展
外国のロシア構成主義展
第3回ロシア構成主義展

ロシア・アヴァンギャルドのデザイン

最近、1冊のロシア・アヴァンギャルド好きには絶対お勧めの本が出版されました。ロシア・アヴァンギャルドに関する本はいくつかありますが、『ロシア・アヴァンギャルドのデザイン』は、表紙からもその躍動感が伝わります。著者の海野宏さんは、早稲田大学のロシア文学科を卒業され、『太陽』の編集長を務められたアート、デザインを初めとした幅広い文化評論をされている方です。

僕はロシア・アヴァンギャルド系の展示があると足を運ぶようにはしているのですが、この本を読んで、展示会で見たことが新鮮に思い起こせました。320ページという分厚い本では、アレクサンドル・ロトチェンコ、エル・リシツキー、ステンベルク兄弟を含めて幅広いロシア・アヴァンギャルド系アーティストの作品が、ジャンル毎に整理され、丁寧な説明が様式(構成主義、立体未来派など)も含めてされています。ロシア・アヴァンギャルドと言っても、時代の流れで変遷し、派閥のようなものがあったことがわかります。改めて見ると、「あっ、これがあのジャケのオリジナルなんだ」とかの発見もあります。

ロシア・アヴァンギャルドのデザイン 未来を夢見るアート (amazon.co.jp)
avant-gardegraphics

ロシア・アヴァンギャルドのデザイン


海野宏 (公式サイト)

Franz Ferdinand

この表紙は、アレクサンドル・ロトチェンコがデザインした超有名な「レンギス」の広告ポスターです。このデザインは、ユニクロがSPRZNYのシリーズの一つとしてTシャツにしていました。実は、僕はそのTシャツを買ったのです。で、娘が勝手にそのTシャツを着て外出したら、それを見た人から「Franz Ferdinand」と言われたと(笑)。惜しい! 「第3回ロシア構成主義展」でも一部紹介しましたが、Franz Ferdinandの初期のジャケはシングルも含めて、ほぼ全部がロシア・アヴァンギャルドからの援用です。

アレクサンドル・ロトチェンコ
(UNIQLO)
Franz Ferdinand - You Could Have It So Much Better (amazon.co.jp)
youcouldhaveitsomuchbetter

You Could Have It So Much Better


ソヴィエトスタイル

『ロシア・アヴァンギャルドのデザイン』が素晴らしいもう一つの点は、代表的と言える映画・商業・政治ポスターだけでなく、本・絵本、詩、絵画、陶芸、建築、舞台デザイン、音楽、演劇、映画、ファッション・テキスタイルまで幅広く具体例をもって網羅されていることです。アヴァンギャルドは総合芸術である証です。最近、ビジネスの世界でもデザインという言葉も有形無形を問わず、あらゆる分野に使われますが、基本的に通じる観念かと思います。ロシア・アヴァンギャルドのスポーツ・ユニフォームなんかは、100年前のものとは到底思えないモダニズムを感じます。

ちょっと古い本ですが、お勧めしたい本が二つあります。一つは、『ソヴィエトスタイル』というロシア構成主義的な100点の連続パターン・グラフィックデザインを収録した本です。Tomi OladipoとWillliam Orr Sweeneyの二人によるイラストですが、当時のテキスタイル・デザインをモチーフに作られたものだと思われます。嬉しいのは、jpegファイルを含んだCD-ROMが付属になっており、全てロイヤリティーフリーで使えることです。僕は、facebookやTwitterのバックグランドとして愛用しています。

SOVIET STYLE (amazon.co.jp)
sovietsytle

ソヴィエトスタイル


アヴァンギャルド1920

よく悩んでしまうのが、これはロシア・アヴァンギャルドなのか、それとも他のモダンアート様式なのかということ。ほぼ同時代に起こったドイツ表現主義、キュビズム、イタリア未来派、ダダイズム、デ・ステイル、バウハウス、アール・デコなどは、お互いに影響しあった部分があって、特に援用で新たにつくられたデザインである場合、判別が容易でないこともあります。もちろん、これは間違いないみたいなステレオタイプなものもありますが。

他の様式との関係も、『ロシア・アヴァンギャルドのデザイン』で触れていますが、もう一つ読むのなら、『特集★アヴァンギャルド1920―前衛に、遊べ!』をお勧めしておきます。アヴァンギャルドをテーマに年表なども組み込んで、幅広く解説しています。

特集★アヴァンギャルド1920―前衛に、遊べ! (amazon.co.jp)
avanrgarde1920

アヴァンギャルド1920


では、次回からは、実際に「共産テクノ」から見つけた本場のロシア・アヴァンギャルド的ジャケを紹介します。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。