2015年8月の、クラシックのおすすめ新譜CDをご紹介!

毎月大量に発売されるクラシックの新譜CD。その中からレコード会社が自信をもってオススメするアルバムをセレクト&オススメコメントをもらい、更にガイド大塚が聴き手としての感想をつけて紹介していきます。2015年8月のオススメはこれだ!
(発売前、発売延期、売り切れなどの場合もございます。ご了承くださいませ。直接CD店に行く場合などはご注意くださいませ)


チョン・ミョンフン(指揮) マーラー:交響曲第5番

undefined

 

■レコード会社からのオススメコメント
大絶賛を博した前作、第9番に続くマーラー・チクルス第4弾。チョン・ミョンフンの元で躍進を遂げるソウル・フィルの実力が鮮やかに発揮された繊細かつドラマティックな名演です。細部まで美しく緻密に構築された演奏はあたかもスタジオ録音であるかのような錯覚すら覚えますが、熱気に満ちた劇的な盛り上がりはライヴならでは。

■ガイド大塚の感想
チョンらしい透明感のある音作りで、対旋律をもかなり濃厚にはっきり聴かせ、知られざる別の物語を感じさせるような演奏。もう一つ特徴的なのが、一音一音を音符の端まで丁寧に伸ばしきる演奏の仕方。それは意識を、命を、より先に延ばそうとする思いのよう。これらが合わさり、様々なことが同時並置する現実に呆然とするのではなく、あくまで前へ進むという音楽に、心を打たれる。ふくよかさと繊細さを併せ持つアダージェットも美味。


ヴィニツカヤ(ピアノ) ショスタコーヴィチ:ピアノ協奏曲第1・2番、他

undefined

 

■レコード会社からのオススメコメント
体操やスケートと同じく、旧ソ連時代から他の追従を許さないクオリティを維持してきたロシア・ピアニズムの伝統は、今も脈々と受け継がれています。ロシアの巨匠ショスタコーヴィチの音楽に魅せられ、第2協奏曲は8歳の頃から弾いていたという才人ヴィニツカヤが、ラトヴィアの俊才集団クレメラータ・バルティカを第1番では「弾き振り」。第2番では、松本の音楽祭で小澤征爾の代役として名をあげたメイア・ヴェルバーが共演しています。ジャケットのスピード感も素敵な1枚!

■ガイド大塚の感想
実に迷いのない、クリアな演奏。特に1番はスコアを読み込み、思いがオーケストラにもきちんと伝わっていて、協奏曲としての一体感がとても高い。弾き振りがとても上手くいった印象だ。第2番と2台ピアノの曲では、曲のかわいさを実にドライにキリっと仕上げ甘さ控えめの大人のスイーツに仕立てるあたりも巧みで見事。


アルゲリッチ(ピアノ)他 ヴェルビエ音楽祭2007

undefined

 

■レコード会社からのオススメコメント
夏の音楽祭の中でも世界的なトップ・アーティストが集うヴェルビエ音楽祭。常連のアルゲリッチとその仲間たちが繰り広げた2007年の豪華共演をCD2枚にまとめました。注目はなんといってもアルゲリッチのソロが聴ける〈子供の情景〉。マイスキー、バシュメットといったベテラン勢の円熟の至芸のみならず、若手の名手ラン・ランやラクリン、カピュソンらのフレッシュな演奏も大注目です。

■ガイド大塚の感想
最近のアルゲリッチは以前より落ち着いた寄りそうような優しさが前面に出る印象でそれも素晴らしいが、2007年はまだまだスリリング! 冒頭の『幽霊』からぶっ飛ばしテンポでいたずらっぽさ全快。俊敏な鋭い切り込みなどマイスキーとラクリンにも伝播し痛快。また特筆すべきはラン・ランとの『マ・メール・ロワ』。ハラハラする程に濃厚に絡むというか、「眠れる森の~」の息の合った音の重ね方、「美女と野獣」のエロティックな浄化など、引きずり込まれる世界観にびっくりだ。


ファウスト(ヴァイオリン)、メルニコフ(ピアノ)
ブラームス:ヴァイオリンソナタ第2・3番、他

undefined

 

■レコード会社からのオススメコメント
快進撃がとまらないイザベル・ファウスト。このプログラムは、2014年6月に日本でも公演があり話題となりました。第3番の冒頭から、ファウストの振幅の大きな歌にメルニコフもぴたりと応えた最高のアンサンブルが展開されています。ファウストが奏でる音楽は非常にやわらかで優しく、強弱や音色の幅も非常に豊か。そんなファウストにぴたりと寄り添うようにメルニコフが奏でるベーゼンドルファーの音色も、いぶし銀のような音色から輝かしいものまでその幅広さに驚かされます。

■ガイド大塚の感想
メルニコフによる1875年製ベーゼンドルファーの物語るピアノの大地から、豊かなヴィブラートで天に昇るファウストの美音――。この名コンビの幸せな調べがふんだんに味わえる。それにしても、ファウストはやはり巧みだなぁ。重音のなめらかさ、強弱の表情の変化、細かく表現を変えるヴィブラートやスラーなど、非常に理知的なので自由奔放というのとはまた違うが、すぐに「イザベル・ファウストだ」と分かる芯のある可憐な美しい音でもって、個々をどう弾き全体を組み立てていくかをよく思慮し、卓越した技術で狙い通りに音楽を生み出していく。それはまるで空気の彫像を作り出すようだ。ブラームスもシューマンもくどくならず、枯れず、ロマン派の内なるみずみずしいパッションを結実させている。

澤和樹(ヴァイオリン、ヴィオラ)、蓼沼恵美子(ピアノ) 
『リサイタルVol.3~シューベルト、シューマン、ブラームスをうたう~』

undefined

 

■レコード会社からのオススメコメント
ミュンヘン国際コンクール第3位など国際的に高い評価を受けるデュオ、澤和樹と蓼沼恵美子のライヴ・レコーディング・シリーズの第3弾。ロマン派の室内楽珠玉の名作がずらりと並ぶ、当シリーズ。卓越した技術と長年育んだ音楽性豊かな表現で、美しいアンサンブルが高い評価を受けています。抒情豊かに描いてゆく淡い世界観。名デュオのみが表現出来る室内楽の喜びが収められています。詩情溢れる「うた」をぜひお聴き下さい。

■ガイド大塚の感想
ブラームスの『雨の歌』の冒頭など顕著だが、押すのではなく引くような、余裕ある非常に落ち着いた大人の演奏。丁寧な歌いまわしで、フレーズの一つひとつを次に繋げていく様子が何とも美しい。アンサンブルも安定感があり、豊かで伸びやかで甘美な音楽を穏やかに生み出していく。
Amazon


シェプス(ピアノ) プレイズ・ショパン

undefined

 

■レコード会社からのオススメコメント
ヨーロッパで熱い注目を浴びるロシア出身のピアニスト、オルガ・シェプスの日本デビュー・アルバム。2010年にアリス=紗良・オットとドイツの権威ある「エコー賞」を二分した人気と実力を備え、これはオルガが最も得意とするショパンのピアノ作品をたっぷり盛り込んだ2枚組アルバム。ソロによる名曲集と2曲のピアノ協奏曲(弦楽合奏伴奏版)を収録。深い抒情だけでなく、広がりと開放感を合わせもった香り高いショパンを表現しています。

■ガイド大塚の感想
このショパンはすごい。みずみずしい芯のあるはっきりとした音で、ルックスそのままの永遠の美少女のような美しさだが、センチメンタルとは違うドラマティックな展開をも見せる。例えばバラード1番で明瞭に歌を歌い、バリバリ弾いた後でふっと引く感じや、別れの曲の終盤の降りてくるところで、わずかにテンポや強弱を揺らす際の繊細さ、これらは感覚? 計算づく? ともあれとんでもなく心を持っていかれる、聴き流しできない1枚。
Amazon


プレーゴ(チェンバロ) バッハ:フランス組曲

undefined

 

■レコード会社からのオススメコメント
夏は、涼しい音楽を。でも南国情緒も欲しい。そんな気持ちに刺さる1枚がスペインから届きました(ジャケットも夏っぽい!)。しゃらしゃらと鳴る涼しげな音の正体は、金属弦をはじいて音を出す古い鍵盤楽器、チェンバロ。ピアノが発達・普及する前に人気があった室内用の鍵盤楽器で、「音楽の父」バッハもこの楽器を弾いて曲を書いていました。その頃の機構を忠実に再現した銘器を、スペインの俊英プレーゴがみずみずしく聴かせます。

■ガイド大塚の感想
例えば5番のアルマンド。一音いちおんを慈しんで弾くような、作品愛に満ちた幸福感あふれる、優しく包み込まれるような演奏。バッハの書いた舞曲の数々を絶妙なタッチで優しく蘇らせる。それは、人間バッハが粋を詰め込んで書きつつ、ふと眺めた月を、時代を経て同じ月を見るような、古いのだけれど、エレガントな気品が漂う、生まれたての演奏、といった印象。


サリュー・サロン(アンサンブル) Salut Salon Live

undefined

 

■レコード会社からのオススメコメント
ドイツ・ハンブルクに拠点を置く女性4人のアンサンブル『Salut Salon』。彼女らのステージはとんでもなくおもしろく、彼女らの動画再生回数は1900万回を超え、世界中の人々に音楽を伝えています。そんな弦3人とピアノ、そして自分たちでヴォーカルもこなす彼女らの編曲は、夢心地とポップさを合わせた、独自な見事なもの。そのライヴの音源を収録したものですが、その編曲と演奏ともにうならせてくれる絶品な音楽です。

■ガイド大塚の感想
この動画を観ていただければ、このアンサンブルの魅力は十分に伝わるだろう。
https://www.youtube.com/watch?v=BKezUd_xw20
まるで大道芸だが、こんなに遊んでいても演奏が抜群に上手いことが脅威! CDは純粋に明るく息の合った快活な演奏を楽しめる。編曲も工夫がされていて、『展覧会の絵』の「卵の殻をつけた雛鳥の踊り」など、原曲やどの編曲よりも雰囲気が出ていて面白い。クラシック好きでなくても楽しめる一枚。

アクサンチュス(合唱) マントヴァーニ:声楽作品集

undefined

 

■レコード会社からのオススメコメント
人気合唱グループ、アクサンチュス。2005年、アクサンチュスは「ピリンスキー・ヤーノシュの5つの詩」をマントヴァーニに委嘱、世界初演を手がけました。その後も両者の交流は続き、ここに収録されているほかの3つの作品も生み出されることになりました。このディスクは両者のコラボレーションの集大成ともいえる存在です。マントヴァーニの作風の多様性と、アクサンチュスのテクニックの幅広さをあらためて実感する内容に仕上がっています。

■ガイド大塚の感想
チェロとアコーディオンが入る終曲以外は合唱のみで、宗教的な現代作品を透明な声と卓越した技術で聴かせる。無調的な部分と、明瞭なリズム・音程があり、特に無調的な部分での深い森に入るような声の生み出す世界観に吸い寄せられる。


キュルティ(ヴァイオリン) 『愛しのイヴォンヌ・キュルティ』

undefined

 

■レコード会社からのオススメコメント
SP最盛期のパリを彩ったキュルティ、80有余年を経て待望のフル・アルバム!1930年代にフランスを中心に活躍したということをのぞき、いつどこに生まれ、どこで学び、どのような経緯で活動したかなど詳細はヴェールに包まれています。SP盤はコレクターズ・アイテムとして垂涎の的です。魅惑的なヴィヴラートや絶妙のポルタメント、さらに独特の歌いまわしなど、キュルティの演奏は聴き手を蠱惑的世界へ誘ってくれるはずです。

■ガイド大塚の感想
なんとも良い感じ。古い映画のヴァイオリンの印象そのまま。色気がありながらも、いやらしくならないポルタメントと大きなヴィブラート。絶妙なセンスの甘美さで奏でられるモンティなど小品の数々が、暑い昼下がりに不思議と合う。録音自体の良い感じの古めかしさはあるが、再生に関してのノイズなどはほとんど感じられず、古いのに目の前で演奏しているような稀有な味わい深さがある。若くてオシャレに関心の高い人などにも面白く聴けるかもしれない。
Amazon


アバド(指揮) メンデルスゾーン:交響曲全集、ヴァイオリン協奏曲、他 

undefinedundefined

  

■レコード会社からのオススメコメント
したたるような美しいメロディーと生き生きとしたリズムが快いアバドのメンデルスゾーン。どの作品もイタリア人ならではのアバドの豊かな歌心が光る名演です。カップリングに収録されたメンデルスゾーンの主要序曲も心に響きます。今回ミンツとのヴァイオリン協奏曲も追加されて、コンパクトな装丁ながら聴きごたえ満載なセットの登場となりました。

■ガイド大塚の感想
さすがアバドという定評あるメンデルスゾーン(オーケストラはロンドン交響楽団)。彼の明るさと自然な美しさはメンデルスゾーンと相性が良い。作品の魅力をしなやかにストレートに聴かせてくれる。例えば『イタリア』1楽章のキラキラとして爽やかな音楽、2楽章の自然で体に染み入る歌……と、どこをとっても充実したボックス。


パールマン(ヴァイオリン)、アシュケナージ(ピアノ) ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ第4番・第5番『春』

undefined

 

■レコード会社からのオススメコメント
8月31日に70歳を迎えるパールマン。生誕70年を記念して22タイトルのカタログをSHM-CDで再発売しました。ここでは、この秋の来日公演でも演奏予定のスプリング・ソナタをご紹介します。1974年にアシュケナージとともに録音し、当時の若手ヴィルトゥオーソの共演ということで話題を集めました。パールマンの美音とロマンティックな語り口、アシュケナージの端正でしなやかなピアノが美しい定評ある名盤です。

■ガイド大塚の感想
美音ヴィルトゥオーゾヴァイオリンと言えばやはりパールマン。そして、相方は珠を転がすような美しいタッチのアシュケナージという今改めて理想なコンビだったことに気付かされる名盤。4番も良いが、やはり『春』が彼ららしさに満ちているだろう。と久しぶりに聴いてみると、思った以上に若い熱さに満ちていたことに驚いた。『春』という後世に付けられた表題ではなく、彼らはあくまで楽譜を見て真摯な音楽を生み出している。それにしても1楽章の繰り返しのところの美しさなどやはり絶品。奇を衒わず正統的に美しく歌い上げた名演だ。
Amazon

シェリング(ヴァイオリン)、ヴァルヒャ(チェンバロ) バッハ:ヴァイオリン・ソナタ全集

undefined

 

■レコード会社からのオススメコメント
1969年のステレオ録音。コレクターズアイテムとなっている「フィリップスの神髄」マスター(96/24)を使用し、当シリーズ共通のルビジウム・カッティングで更に高音質で復刻しました。シェリングの格調高い節回しと超絶的な美音、ヴァルヒャのチェンバロの温かな音色が魅力的です。7/1発売の「ユニバーサル・プレミアム・クラシックスVol.2」全100タイトルのうちの1枚。

■ガイド大塚の感想

バッハの権威である大御所2人が向き合った至高のバッハ。ヴァルヒャの絶対的に安定した精神性高いチェンバロに、シェリングの透徹した美音が絡む様は今や到達できるパートナーが想像できない、失われた響き。それにしてもきっちりしたチェンバロの上に溶け込むシェリングのヴィブラートの完熟した美味さというのは本当に比類ない。
タワーレコード


ケンプ(ピアノ) ベートーヴェン:ピアノソナタ全集

undefined

 

■レコード会社からのオススメコメント
LP時代より日本で最も親しまれた、ケンプによるステレオ録音「ベートーヴェンのピアノソナタ全集」が、オリジナル・デザインとともに復活しました! 生誕120年記念リリースの中でも注目の復刻。ケンプ自身による貴重な「ベートーヴェンのピアノ・ソナタについて」の日本語訳を収録した注目の仕様です。

■ガイド大塚の感想
バックハウスと並ぶベートーヴェンのソナタの金字塔。自然な等身大の人間的なロマンティシズムが香るベートーヴェン。様々な演奏が出た後ではさすがに古く思う部分もあるが、演奏に対する真摯さは不滅。
タワーレコード


『まるごと!パッヘルベルのカノン』

undefined

 

■レコード会社からのオススメコメント
演者がちがうと色合いがまったくちがう! 日本人の心に響く「パッヘルベルのカノン」ばかりをあつめたコンピレーション。パッヘルベルの楽譜どおりにその時代の楽器と奏法による演奏。みんながよく聴かれる弦楽合奏版。サックス、シンセサイザー、ギター、声など、様々な演奏でコンパイル。演奏が違うと受ける雰囲気が全く違います。どこまで聴いても「カノンだらけ」のあらたなる魅力を再発見できるアルバムです。カノンを解読した丁寧な解説書も、ぜひお読みください。

■ガイド大塚の感想
面白い企画だが、元曲が延々と繰り返される曲なので、次々繰り返されても思いのほか違和感がない。スラヴァによる自身の声だけによる演奏やジャズ版などいろいろ面白いが、純粋なクラシック勢もパイヤールやマリナーなど王道の他、ジプシーヴァイオリンのような速すぎるイル・ジャルディーノ・アルモニコなども含まれていて面白い。個人的には少年合唱団リベラによる、声が優しく被さり生み出される不協和音の美しさが印象的。


ということで、交響曲からピアノ、再発もの、コンピレーションまで、ベテランから新人まで、注目の新譜を紹介しました。気になったものを聴いていただけたら幸いです。

投資未経験者限定で、オンラインインタビューを受けていただける方を募集中!
ご応募の際に事前に投資意向調査アンケートにご回答いただきます。
投資に興味がない方から興味がある方まで幅広く受け付けております。
※謝礼は10,000円になります(最大10名まで)

ご協力いただける方はこちらから回答をお願いいたします(回答期限は2021年3月1日15時まで)


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。