浮気・不倫調査を手がける「HAL探偵社」の代表・浅見俊祐氏に、調査からわかったリアルな不倫実態について聞くインタビュー。全2回の後編です。

>「探偵は語る」インタビュー前編はこちら
「妻の下着」を手に浮気調査を依頼する夫~探偵は語る


前回の、妻が浮気していても、本当は「離婚したくない」「妻を嫌いにはなれない」という思いを抱き、時にはカウンセラーとの相談中に泣き出しながら調査依頼をする男性が多いという話はとても印象的だった。
対談風景

場数を踏んだ調査員でさえも、驚いてしまう大胆な実例も多いそう


しかし、妻たちは、葛藤しながらも恋をせずにはいられないようだ。

浅見:私が見た実例で記憶に残っているのは、ある男性から依頼された妻の浮気調査。その妻は、とある駅の目の前のビルに勤めていました。会社の上司と浮気していたんですが、ふたりで会社から出てくると、もうそのビルのすぐ脇の路上でべたべたと抱き合ってキスをしている。あんな人目の多いところで……とびっくりしました。

女性の恋愛にパターンはない

一般的に、男性の浮気は調査しやすいが、女性のそれはパターンが読めないだけに時間がかかることも多いという。

浅見:女性の行動パターンは読めないんですね。調査していると、電車で移動していたのに、ある駅で急に降りたりする。追ってみると、その駅まで相手の男性が車で迎えにきているわけです。事前にわかっていないと、タクシーで追うのもむずかしい。

しかも、フルタイムで働いている女性ばかりではない。パートや専業主婦であれば、昼間デートしている可能性も高い。
浅見氏

映像を撮ったり、ホテルの隣の部屋で張ったり、調査は多岐に渡る


浅見:恋愛パターンがばらばらなんですよね。月1ペースくらいで会っている人も多いので、ずっと張っていても、なかなかデートしないケースもあります。ガードも固い。男性は浮気しているとすぐにボロを出しますが、女性は8割が出さない。証拠を掴みやすい残り2割は、もう離婚してもいいと思っている人たちですね。


ただ、なかには大胆な女性たちもいる。

浅見:マンション住まいの夫婦でしたが、同じマンションの上の階に夫の両親が住んでいて、道を挟んだ向かいのマンションに夫の姉夫婦が住んでいる。妻にしてみたら、プレッシャーの大きい環境ですよね。その妻が自宅の向かいのマンションの夫の姉夫婦が住んでる階の真下のフロアに仕事場を持ち、そこに不倫相手の若い男性を住まわせていたというケースがありました。

近所の居酒屋にふたりで行ったり、路上でキスしたり、けっこう大胆でしたね。夫は激怒して、妻と相手、それぞれに200万円を請求しました。


子どもを連れて、浮気相手とディズニーランドに行っていた女性もいるという。

浅見:子どもって、どうしてもしゃべっちゃうでしょ? だから、親戚のおじちゃんと行ったことにしてあった。夫に「親戚って誰?」と聞かれて、「はとこ」と答えたそうです。いとこだと結婚式に来たりして知っているはず。はとこなら、夫が知らなくても不思議はない。よく考えますよね。

さらに大胆な女性も。

浅見:子ども関係では、いろいろありますよ。妻の浮気相手が、中学生の息子の同級生だったということもありました。家族会議を開いて別れさせたそうですが、もちろん、息子には秘密です。

また、浮気相手の男が、ある夫婦の子を尋常ではないくらいかわいがっている。調べてみたら、その男と妻の間の子だったそうです。夫はかわいそうですよね。ただ、もっとかわいそうだったのは、結婚して妻がすぐ妊娠出産したけれど、子どもが産まれた瞬間にひと目で自分たち夫婦の子じゃないとわかったというケース……。これは忘れられません。


残り少ない独身の夜に、妻は友だちと一緒にクラブで盛り上がった。騒いで飲み過ぎて、気づいたら外国人男性とホテルにいたらしい。
このケースは離婚が成立した。

>>妻たちが選ぶのは、夫より「いい男」?