「付き合いたい!」と思える人と出会えた素晴らしさ

「もっと…は卒業する

自分の魅力が足りないと思い込み、「もっと……」と悩むのは卒業です。

今回は、付き合いたい人がいるのにその先に進めない人へのコラムです。これを読んでいるということは、あなたはすでに「恋人候補」の人と出会うことができているのだと思います。
恋人候補を見つけるには出会いの数や質を高めなければいけませんので、あなたはそれをクリアしていると言えます。逆に、恋人がいない大多数の人は、恋人候補を見つけることすら、なかなかできていないものです。まずは、自分が恋愛のスタートラインにしっかりと立てていることを「素晴らしい!」と認識してください。

そして、そこまでいけば恋人候補の相手とパートナーシップを結ぶまでほんの一歩なのです。ちょっとしたコツで理想の未来が手に入る寸前の状況だと考えてみてください。

「自分にもっと自信やスキルがあったら……」はもうやめよう

すでに恋人候補と出会っているのに、こう嘆く人がいます。
「気になる人はいる、デートもできる。けど、なかなか本来の自分をアピールできない」「話すスキルが足りないからダメなのかな……」

しかし、実際にデートまで行けるのであれば、『自信』や『話すスキル』が問題になるでしょうか?
もちろん、『自信』や『話すスキル』は、いくらでも高めることはできます。しかし、誰もが自信があり、話し上手ではないですし、それらがなくとも恋人候補とうまくいっている人も多いのです。むしろ、それらがないからこそうまくいっている人たちもいます。

自分に何か『足りない』と考えてしまうのは、幸せな未来を迎えることをストップさせる、都合の良い言い訳なのではないでしょうか? 
そして、その言い訳があるがゆえに、あなたは「それ以上行動しなくても済む」のです。


恋人が欲しいのに、自分で自分をストップさせているのはなぜか? 心のどこかで、「本当にこの人でいいのか?」「ひとり身の自分の生活を変えてまで付き合いたい相手?」などと踏ん切りがつかない気持ちがあるのではないでしょうか?

>>そんな自分と決別するためには?