2015年4月にスタートしたNHKの朝ドラ『まれ』。2年前、社会現象にもなった『あまちゃん』と同じく、NHK東京制作の現代劇……なのですが、視聴率も含めてちょっと定まってない感があるのはなぜでしょう?今回は演劇ガイドがプチ小姑目線で『まれ』と『あまちゃん』について考えてみたいと思います。

『まれ』と『あまちゃん』
二つの朝ドラの共通点

まずは二作品の共通項から

舞台で活躍する出演者が多数

『あまちゃん』に関しては【大ヒット! あまちゃんと演劇人のアツ~い関係!】にも書いた通り、舞台系俳優が山盛りのキャスティング。お一人を除いた大人キャストは舞台出身か、積極的に舞台に立っているメンバーばかりでした。

一方の『まれ』も、希の父・徹役の大泉洋さん、希が修行する横浜のフランス菓子店「マシェリシュシュ(ma chérie chouchou)」のシェフ・池畑大悟役の小日向文世さんをはじめ、田中裕子さん、田中泯さん、草笛光子さん、篠井英介さん、ふせえりさん、語りの戸田恵子さんらの舞台出身者に加え、常盤貴子さん、柳樂優弥さん、鈴木砂羽さん、りょうさんら舞台経験も多い俳優陣が多数出演。希の弟・一徹役の葉山奨之さんと、希の同級生で一徹と結婚したみのり役の門脇麦さんは今年2月の舞台『狂人なおもて往生をとぐ ~昔、僕達は愛した~』でも恋人役を演じています。

三部構成

『あまちゃん』は主人公・アキ(能年玲奈)が北三陸で海女や地方アイドルとして生活した後、本格的に芸能活動をする為上京。そして3.11を機に再び北三陸に戻るという三部構成。

『まれ』も夢を追うモードになった希(土屋太鳳)が能登の実家を出て横浜でパティシエの修業に邁進。現在横浜篇の途中ですが、この後希が故郷の能登に戻ることはNHKからも発表されています。

基本的には明るい展開

現代劇ということで、二作品とも「戦争」の影がなく、基本的には主人公が世相に潰されることなく夢を追うという構成。更にある意味伝説となった『純と愛』のように、不治の病や大火事、ありえない貧困が主人公を襲うこともなさそうです。

社会現象になった『あまちゃん』と
そこまで行かない『まれ』

4月の『まれ』放送開始直後から”似ている”と言われる事もあった二作ですが、視聴率的にも『まれ』が『あまちゃん』に大きく水をあけられているということはなく、更に舞台となる土地への経済効果も『まれ』が試算で66億円なのに対し『あまちゃん』は33億円。それなのに『まれ』に対する世の中の反応は『あまちゃん』オンエア時と比べてかなり低温度。

あれだけ劇中で「まんで」「~やわ」と能登の言葉を遣ってもそれらが流行る気配は一切ないし、輪島塗や能登の塩が大ブームになるという現象も見られません(『あまちゃん』のときは「じぇじぇじぇ」が流行語になり、まめぶが品切れ状態になったのに)。同じ年代の女優さんが主人公で同じ現代劇、更に共通点もありながら、なぜ『まれ』は『あまちゃん』と同じ”熱”を社会現象として生み出す事が出来ないのでしょうか。


次のページではその秘密に迫ります!



なぜ『まれ』は『あまちゃん』になれないのか……今度は二作品の違いを見ていきましょう。

『まれ』と『あまちゃん』の相違点とは?

大人数での場面の熱量

『あまちゃん』では北三陸の人々が集まるシーンが多く描かれましたが、脚本を担当したクドカンこと宮藤官九郎さんの手腕もあって、一人も捨てキャラが居ませんでした。「スナック 梨明日」カウンターでの琥珀の勉さんのイジり方や、海女クラブメンバーのキャラクター構成、夏ばっぱを中心とした天野家での飲み会、観光協会での「K3RNSP(北三陸をなんとかすっぺ)」会議での栗原ちゃんの一言等、そこに存在する人には必ず意味があり、全員が脚本と演出によって光をあてられていました。

一方『まれ』で大人数が集まる「サロン・はる」や桶作家での会話はどこかキャッチボールが上手く行っていないようにも感じられます。アラカンでも魔性感漂う田中裕子さんや、塩と祭りになると黙っていられない元治役の田中泯さん、自らを女形の役者と語る篠井英介さん、更にあのガッツ石松さんまで出ているのにどうも一人一人の印象が弱い印象。ガッツさんのバナナネタもそろそろキツくなってきました。

ドラマの中での自然災害の扱い

『あまちゃん』では東日本大震災の被害の様子が観光協会のジオラマで表されました。『まれ』の舞台・能登でも2007年3月に大きな地震があり、この地震が希や能登の人々の人生に影響を与えることは間違いないと予想されていたのですが、現時点での『まれ』のタイムラインは2007年の5月以降。第17週まで能登の地震については一切触れられていません。

『あまちゃん』の主題のひとつが”地震と津波からの復興”だったのに対し、『まれ』はそこに重点を置いていないのかもしれません。

小ネタのクオリティ

『あまちゃん』で伊勢志摩さん演じる花巻さんが発した名言「分かる奴だけ分かればいい」。確かに『あまちゃん』にはそんなネタが散りばめられていました。レディ・ガガからのレディオ・ガガ、そしてフレディ・マーキュリーのコスプレや、薬師丸ひろ子さんの「領収書、領収書、領収書!」=『Wの悲劇』パロディ……クドカンが細かく仕掛けてくるトラップにそれまで朝ドラを観なかった視聴者たちも熱狂し、1回の放送を2回、3回と見直す人も続出したのです。

一方『まれ』の小ネタはある程度分かりやすくはあるものの、それがどうも製作サイドの狙い通りには引っ掛かって来ない印象。「料理の鉄人」パロディはあそこまでやり切ればOKだったのかもしれませんが、弥生さんのモノマネ……福田彩乃さんの個性を悪目立ちさせてしまったような……。文さんクイズや文さん主催のキノコ賭けも若干寒い……。

舞台出身の脚本家
VS女性目線の脚本家

劇団「大人計画」の出身&舞台の現場で鍛えられ、出演俳優に対するあて書きや小ネタの含ませ方に長けていた宮藤官九郎氏に対し、これまで原作ありきのドラマを多く執筆してきた『まれ』の脚本家・篠崎絵里子氏は、多人数シーンの構成や、笑いどころの作りが少し弱いようにも思えます。

ただ女性ならでは(?)の目線はしっかりあって、主人公の希に対する否定的なツッコミは結構鋭い。輪島市役所の紺谷課長、店の先輩・矢野、そして幼馴染の一子と「その真っ直ぐさと明るさが鬱陶しい」と視聴者の思いを代弁するかのように、主人公・希に対して痛い言葉をぶつけるのです。

『あまちゃん』は主人公の海女+アイドル成長記かと思わせて、アキの母・春子(小泉今日子)の過去まで物語にリンクさせてくる構成が秀逸でした。『まれ』が”熱”を生み出すには、「夢」「家族」という二ネタに、何かもう一つ視聴者を掻き立てる要素が必要な気がします。

この後の能登篇で『まれ』は巻き返しをはかれるのか。注目したいと思います。

関連記事
大ヒット! あまちゃんと演劇人のアツ~い関係!



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。