今回はこんな質問が届きました

Q.地黒に似合うナチュラルメイクが知りたいです。雑誌のようなアイメイクをすると派手過ぎたり、淡い色のチークだと色が出なかったりして難しいです。(20代・会社員)


A.ナチュラルにクリアーに発色するクリームタイプのベースとパウダーのW使いで健康的でツヤやかな印象に!

undefined

 

私も地黒です。だから地黒さんの悩みはよくわかります。色が出づらいし、つけてもすぐなじんでせっかくのメイクが映えないの。でも、地黒さんは健康的で肌のハリ感がきわだちツヤやかでフレッシュといういい点もあります。

そんな地黒さんがナチュラルに見えるポイントは二つ。色ではなく“質感”にポイントをおくこと!つまりツヤ。もうひとつが“明るさ”です。目周りを明るくするだけで顔立ちまでもが華やかになるんです。とにかく目周りをくすませない。そのためには、肌とかけ離れた色を使わないこと。肌色の延長線上の明るい色をチョイスすれば間違いないです。

ということでアイメイクの前にアイカラーベースを使うといいですよ。まぶた全体を明るくし、アイカラーの発色や色持ちをよくするアイカラーベースを忍ばせておくと目元が明るく、くすみにくくなりますから。

または、少し明るさをプラスしてくれるブラウン~ベージュ系のクリームアイカラーを忍ばせておくのもいいですね。さり気ない発色と輝きの質感、さらにロングラスティング効果もあるクリームタイプのアイカラーをベース代わりにし、その上から同系色のパウダータイプのアイカラーを重ねると、ナチュラルながら深みも明るさもメリハリが効いて、持ち前のツヤ感も生きて自然なナチュラルメイクが楽しめるはず。また、こういったナチュラルカラーに、目尻や目頭だけ流行のミントグリーンなどをアクセントにチョコンと効かせて、夏らしいメイクを楽しむのもオススメですよ。

アイメイク同様、チークも考え方は同じ。クリームタイプの肌になじむけどしっかり発色するチークをベースに入れ、上からパウダータイプのチークで重ねるとチークの発色もちもよくなり、お好きな色を楽しめます。その際、クリームチークは中心に少なめにつけ、その上にパウダーチークをやや広めに重ねるのがナチュラルに見える秘訣です。

山本さんのおすすめアイテム

 

忍ばせておくと目元が立体的なプロの仕上がりに。単品でも組みわせてもOK!
ベルベットのような質感でクリーミーに伸び、テクニック入らず。輝きをプラスしたヌードカラーでツヤやかに肌色を引き立てる。クリーム アイシャドー P ブラウン/2800円(税抜)/シュウ ウエムラ 



 

 

お菓子の詰め合わせのような可愛いらしさで使える色揃いのアイカラー
贅沢な4つの質感で5色がセットになったアイカラー。見た目も美味しそうで肌をキレイに明るくナチュラルに見せてくれる!粉質はしっとり系。スウィーツ スウィーツ プレミアムガトーシャドウ 02ベイクドショコラ/1200円(税抜)/シャンティ





 

 

山本浩未さん プロフィール
さまざまなメディアで大人気のヘア&メイクアップアーティスト。取り入れやすいメイクテクが、幅広い年代の女性に支持される秘密。
公式Twitterはこちら>>
公式Facebookはこちら>>


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。