炊飯器で作る、ジャンボかに玉

所要時間:45分

カテゴリー:メインのおかずかに玉

 

まずはカニカマで作ってみましょうか

カニ肉入りカニカマを使った、安上がりなのに豪華に見える「ジャンボかにたま」です。卵にだし汁を加えました。表面はしっかり焼けていて、中はとろ~り柔らかです。本物のカニ肉を使えば、おもてなし料理としても使えますが、とりあえず一回、カニカマで作ってみませんか。

お釜かに玉の材料(5合炊き炊飯器用

かに玉
6個
かに カニカマ100g
たけのこ ゆでたけのこ100g
ねぎ 1/2本
にら 1/3ワ
しいたけ 2枚
ベーコン スライス1枚
200cc
だしの素 小さじ1/2
みりん 大さじ1
大さじ1
醤油 小さじ1
少々(2本指で1つまみ)
ごま油 内釜用 少々
甘酢あん
200cc
だしの素 小さじ1/2
大さじ1
大さじ1と1/2
醤油 小さじ2
トマトケチャップ 小さじ2
砂糖 大さじ1
1つまみ
片栗粉 水溶き片栗粉 適量
ごま油 小さじ1
水+だしの素を使いました。面倒でなければ鰹と昆布の煮だし汁を、またはがらスープ、鶏肉をゆでたゆで汁などを利用してもいいです

お釜かに玉の作り方・手順

炊飯器でかに玉を作る

1:具を切る

具を切る
竹の子は細切り、椎茸は軸を外して薄切り、長ネギは斜めに薄切り、ニラは3cmに切る。ベーコンは1cm幅に切る。カニカマは手で大まかに裂く。

2:みりんと酒にダシの素を溶かして水とあわせる

みりんと酒にダシの素を溶かして水とあわせる
みりんと酒を耐熱容器に入れ、電子レンジで20秒ほど加熱し、ダシの素を加えて溶かし、水とあわせる。

3:卵を溶きほぐし、だし汁と具を混ぜる

卵を溶きほぐし、だし汁と具を混ぜる
ボウルに卵を割り入れて溶きほぐし、(2)と(1)を加えて混ぜる。

4:内釜にごま油をぬってベーコンを散らす

内釜にごま油をぬってベーコンを散らす
内釜にごま油を薄くぬってベーコンを散らす。その上に(3)を流し入れる。

5:炊飯器にセットしてスイッチを入れる

炊飯器にセットしてスイッチを入れる
具が片寄らないようにならす。炊飯器の高速炊き(または普通炊き、早炊き)で炊く。

6:焼け具合を確認する

焼け具合を確認する
スイッチが切れたら蓋を開けて確認する。
※真ん中が少し生なので、蓋をして10分保温して完成。
普通炊きで炊く場合は、25分ほど経ったら蓋を開けて確認して、よければ手でスイッチを切る

7:皿に逆さに取り出す

皿に逆さに取り出す
炊き上がったかに玉の上に小皿をのせて手で押さえ、逆さにして受け止め、盛り付け皿に移す。
内釜は熱いので火傷に注意!

8:高速炊きバージョン

高速炊きバージョン
これが高速炊きで25分でスイッチが切れ、10分間保温したもの。
※表面がしっかり焼けていて、中がとろ~りやわらかい。

9:普通炊きバージョン

普通炊きバージョン
こちらが普通炊きで30分炊いてスイッチを切り、5分ほど蒸らしたもの
※普通炊きの方は表面と中身との食感の差が少なく、全体がむっちりと焼けている感じ。


小鍋で甘酢あんを作る

10:調味料を煮立て、とろみをつけてごま油を加える

調味料を煮立て、とろみをつけてごま油を加える
鍋に甘酢あんの材料(片栗粉とごま油以外)を入れて煮立て、水溶き片栗粉でとろみをつけ、ごま油を加える。

ごま油の代わりに、生姜汁を少量入れれば和風味に

仕上げ

11:かに玉に甘酢あんをかける

かに玉に甘酢あんをかける
甘酢あんをかける。仕上げに5mm角に切ったネギをふる。

ガイドのワンポイントアドバイス

材料の温度等の違いによって変わってきますが、だいたい25~30分ほどで火が通ります。炊飯器の機種によって、または選ぶコースによってもスイッチが切れる時間が変わってきます。時間を計って、焼け具合を確認してください。少しぐらいの生は、保温状態で固まります。何度も蓋を開けるのは、内部の温度が下がって固まりにくくなるのでNGです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。