着やせ効果はもちろん、楽ちん&リラックス
「オールインワン(コンビネゾン)」に夢中!


オールインワン

オールインワン着こなし


全身を包むパンツ一体型の「オールインワン(コンビネゾン)」がここ数シーズンにわたって人気を集めていますが、今季はさらに浸透してきました。「着こなしが難しそう」「スタイルが悪く見えるのでは」と思われがちですが、実は、1枚でサマになり、ボディ全体もすっきりと見える効果があります。体が締め付けられないので、涼しさはもちろん、肩の力を抜いたエフォートレスなムードにもはまるところも支持されている理由でしょう。いいことずくめのオールインワンの着こなしは盗みどころがたくさんです。

【CONTENTS】
Page 1:◆ドレスのように優雅に
Page 2:◆メンズ感覚で旬スタイル
Page 3:◆デニムを大人っぽく
Page 4:◆スポーティ、フューチャーに
Page 5:◆ミニワンピース感覚で

ドレスのように優雅に


(c)Rie Miyata

レッドカーペットのドレスのように (c)Rie Miyata


(c)Rie Miyata

落ち感あるシルエットがフェミニン (c)Rie Miyata



ドレスのようにしなやかなオールインワンは、うっすらとしたグラフィカル模様がエキゾチックな印象。ホルターネックでV字形にカットされた胸元がセクシー。歩くたびに揺れる、縄のようなベルトを垂らしたリラクシングな風情が縦長効果を発揮。袖がついたオールインワンは、着こなしが難しそうに見えますが、ウエスト部分をインしたようなセットアップ風に見えるデザインを選べば、ボディラインが強調されすぎません。ウエストに巻いた細ゴールドのベルトで華奢感をアピール。レッグラインも裾に向かって流れ落ちるようなシルエットを描いています。

次のページでは、メンズ感覚で旬スタイル!



メンズ感覚で旬スタイル


(c)Rie Miyata

前、横、後ろのそれぞれ異なる表情 (c)Rie Miyata


(c)Rie Miyata

1枚でスタイリッシュに見える (c)Rie Miyata



ボーイズライクなタイプは大人女性も着こなせます。サロペットのようなシルエットはアイシーなブルーが涼しげ。バックスタイルに技ありで、スーパーショートのTシャツを合わせて、腰部分を肌見せしたファッショニスタ。色気をほんのり漂わせつつも、白スニーカーとTシャツでコーデする技はお見事。リゾートやバカンスで参考にしたいテクニックです。チューブトップやスイムウエアなどで合わせてもおしゃれ。ノースリーブのオールインワンは、ウエスト部分に切り替えがあって、一見、セットアップ風。ウエスト周りがもたつかないのもオールインワンのいいところです。

次のページでは、デニムを大人っぽく!



デニムを大人っぽく


(c)Rie Miyata

白をベースに差し色使いの達人 (c)Rie Miyata


(c)Rie Miyata

小物使いで引き締めて (c)Rie Miyata



デニムやワークウエア系のオーバーオールはスリムタイプを選べば、子どもっぽくなりません。白の細身系デニムなら、爽やかさや品格も手に入ります。胸元をすっきりさせて、パンツ裾をロールアップし、上手に肌見せしたおかげで全体がスリムに見えます。ジャケットを肩掛けすることで、着こなしにリズムが生まれます。帽子やクラッチバッグ、スニーカーなどの小物でオーバーオール自体から視線を散らしているのもお上手。デニムのジャンプスーツは上級者好みのアイテム。ツナギっぽくだぼついて見せない工夫が着こなしのコツ。深い胸元Vゾーンとヒールシューズなどで、引き締め感を強調して。

次のページでは、スポーティ、フューチャーな着こなし!



スポーティ、フューチャーに


(c)Rie Miyata

キュート&フレッシュにコーデ (c)Rie Miyata


(c)Rie Miyata

最新トレンドのメタリックを投入 (c)Rie Miyata



白のショートパンツは若々しく活動的なイメージが出せますが、少年っぽく見えすぎてしまうことも。でも、こちらのようなオールインワンならミニワンピース感覚でフェミニンなムードを出せます。トレンドの白ソックスとフットベッドサンダルでの新顔コーデも様になります。一方、フューチャリスティック(未来感覚)なシルバーのタイプもお目見え。膝丈でガウチョ風にも見えるデザインです。シルバーのきらめきが肌に照り映えて、レフ板を当てたような効果も。全体的にゆらめいてボディが細く見えます。ネオンピンクのソックスで足首の細感をアピール。

次のページでは、ミニワンピース感覚で着こなす!



ミニワンピース感覚で


(c)Rie Miyata

クラシカルな小物使いがポイント (c)Rie Miyata


(c)Rie Miyata

1枚で主役級のデザイン (c)Rie Miyata



黒のショートパンツ・コンビネゾンは、まるでミニワンピースのような見栄え。ショートパンツだけに足裁きが楽。ショート丈のおかげで健康的なレッグラインが目に飛び込みます。つば広帽子とショートブーツでモードっぽい雰囲気を出して。Vカットの胸元からチラリと覗く白がボディ全体をシャープに見せてくれます。一方、大胆なグラフィカルプリントのオールインワンは、ボディスーツのようにフィットする上半身が印象的に映ります。全体的にコンパクトなフォルムで、スポーティモードな出で立ちに仕上がっています。

オールインワンのそれぞれの着こなしはいかがでしたか? パーツが多くないから、かえってボディーラインがほっそり映る仕掛けです。1枚でサマになる時短服とも言えそうです。シルエットや素材などの選択肢が広がっているので、夏のお出かけやバカンスなどをイメージして、自分に合うタイプを見つけて、夏から秋の装いに取り入れてみてはいかがでしょう。

【関連記事】
ガウチョパンツがヒット決定!大人の着こなしコーデ術
デニム達人がお手本!ブームに乗り遅れない新コーデ
Tシャツはもっといじれる!知らなかった着こなし新技
大人フェスの着こなし教えます!コツは「都会っぽさ」
夏フェスの抜群な着こなし!セレブの素敵テクを盗む

【ガイドの最新情報】
宮田理江 公式ブログ 「fashion bible」


投資未経験者限定で、オンラインインタビューを受けていただける方を募集中!
ご応募の際に事前に投資意向調査アンケートにご回答いただきます。
投資に興味がない方から興味がある方まで幅広く受け付けております。
※謝礼は10,000円になります(最大10名まで)

ご協力いただける方はこちらから回答をお願いいたします(回答期限は2021年3月1日15時まで)


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。