コンチータ・ウルスト

あのひげのクイーンが渋谷区を表敬訪問!

まだまだ雨、降りますね……早く梅雨が明けないかな。先日、Twitterで「【悲報】2015年上半期が終わりました」というツイートが回ってきましたが、本当に半年あっという間でビックリです。この調子だとすぐに年越しですね~、そろそろ冬支度始めなきゃ!

さて、今月は、ついにアメリカ全土で同性婚が認められたというニュースをはじめ、それを祝福するかのように世界中でパレードが盛り上がったという話や、映画祭が開幕! という話題など、たくさんのトピックがあります。

特に章立てはしなかったのですが、日本でもいくつか、画期的な動きがありました。まず、淀川区に続き、沖縄県那覇市がLGBT支援宣言をすることになりました。7月19日に那覇市で行われる「ピンクドット沖縄」というイベントで支援宣言が行われますので(あのEPOさんが出演するそうです)、沖縄の方、沖縄に旅行に行かれる方などもぜひ、感動的な瞬間に立ち会ってみてください!

それから、7月7日の七夕の日、全国455名の同性愛者らが結婚の平等を求めて日弁連に人権救済申立てを行ったというニュースもありました。パートナーが緊急入院しても面会ができなかったり、パートナーが亡くなっても共有の部屋や財産を相続できなかったり、生命保険の受取人になれないなど、数えきれないくらい不当な扱いを受けているのは、法の下の平等を定めた憲法14条に違反しており、人権侵害であるという主旨です。申立てが認められれば、政府に対して日弁連から勧告が出される見込みです。

もう1つ、「Best of IBM」に選ばれたビジネスマンがカミングアウトというニュースもぜひお伝えしたいです。全世界で40万人いるIBM社員から業績を認められた500人のみに与えられる「Best of IBM」に今年日本から選ばれた川田 篤さんのインタビューが日本IBMの情報発信ブログ「IBMblr Japan」に掲載されていたのですが、川田さんはIBM社内のLGBTコミュニティのリーダーとしてLGBTへの理解を求める活動を社内外で展開している方だったのです(なんと素晴らしい方!)。IBMだけでなく、今ではいろんな企業がLGBT支援の方向に舵を切っていますが、来月あたり、そういう話についてお届けしたいと思っています。

そしてそして、昨年のユーロビジョンソングコンテストで優勝したオーストリアのひげのクイーン、コンチータ・ヴルストさんが来日し、TVに出たり、日本で初めて同性のパートナーシップを認めた渋谷区を表敬訪問したりというニュースが、いまゴトウ的に最もホットなトピックです(二丁目にも来てくれたら素敵ですね!!)

というわけで、今月もけっこう盛りだくさんですが、最後までおつきあいください。そして、これからのイベントシーズンをぜひみなさん、思う存分、楽しんでくださいね!