夏ドラマ、5日(日)の『デスノート』が『アイムホーム』を上回る今年の連ドラ初回視聴率をマークし滑り出し好調で、さすが原作が大ヒット作だけあります。

さて、後のドラマも続けるか?7月9日(木)から7月15日(水)に始まる中盤戦のドラマを紹介します。

7月9日(木)スタート

『エイジハラスメント』

テレビ朝日系木曜21:00~
原作・脚本:内館牧子
演出:田村直己、小松隆志
プロデューサー:中川慎子、浅井千瑞、神通勉
ゼネラルプロデューサー:内山聖子
主題歌:花岡なつみ「夏の罪」

出演:武井咲、稲森いずみ、瀬戸康史、要潤、大倉孝二、内藤理沙、原幹恵、杉本哲太、吹越満、浅野和之、麻生祐未、竹中直人、風間杜夫、小泉孝太郎

「アメリカでMBAを取る夢を持っていた吉井英美里(武井)だが実家の家業失敗で、帝都物産に就職。現場の繊維部門で役員を目指すという新たな目標を持っていたが配属されたのは総務部。制服の着用を義務付けられ何でも屋扱いに愕然。さらに女性社員の付き合いはせず、男性社員からは若さと美だけしか求められず、そのことからやがて陰湿なイジメへと発展していく。」

武井咲主演のテレビ朝日ドラマは『お天気お姉さん』『ゼロの真実』と大石静が担当していましたが、もっとベテランの内館牧子が10年ぶりに連ドラ脚本を担当。会社勤めの経験を活かしてオフィスものは得意としていますが、その経験も30年以上前で現代に通用するストーリーになるのか?さらに原作の主人公は夫も子もいる30代女性なのを若いヒロインに大幅に改変しています。ただ女同士の争いを書かせるとうまいだけに、昔も今も変わらない部分がツボにはまればいけるかも。

 

『37.5℃の涙』

TBS系木曜21:00~
原作:椎名チカ
脚本:梅田みか
監督:古澤健、藤尾隆、村上牧人
プロデューサー:渋谷未来、近見哲平
主題歌:wacci「大丈夫」

出演:蓮佛美沙子、成宮寛貴、速水もこみち、トリンドル玲奈、鈴木梨央、水上剣星、滝沢沙織、西村和彦、久保田磨希、松島花、趣里、永池南津子、木戸邑弥、谷川りさこ、石田登星、田上唯、横山歩、藤木直人(特別出演)、美保純、水野美紀、浅野温子

「保護者とコミニュケーションがとれず一年で保育園をクビになった杉崎桃子は病児保育施設に拾われる。保育園は子どもの熱が37.5℃を越えると親に返すが、仕事を休めない親に変わって子どもの世話をする病児保育士として再出発する。派遣先で様々な家族に出会う中で、桃子は自分の居場所を探していく。」

蓮佛美沙子、NHKBSの『ランチのアッコちゃん』でひさびさの主演につづいての民放ドラマ初主演。原作コミックは病児保育士の存在をいち早く取り上げた評価の高い作品です。期待したいところですが、不安要素は「恋愛の教祖」と呼ばれる梅田みかの脚本。だからなのか恋愛要素、それも先輩の朝比奈(成宮)、離婚調停中の利用客・篠原(速水)との三角関係があるようで、原作のよさは保てるんでしょうか。
『渡る世間は鬼ばかり』『ホテル』などのヒット作を生み出したTBS系木曜21時のドラマも今作が最後。有終の美を期待したいところです。

 

次は「7月9日(木)スタートの続きと7月10日(金)スタートのドラマ


7月9日(木)スタート(続き)

『探偵の探偵』

フジ系木曜22:00~
原作:松岡圭祐
脚本:徳永友一
演出:石井祐介、品田俊介、森脇智延
プロデュース:渡辺恒也、草ヶ谷大輔

主題歌:超特急 feat.マーティー・フリードマン「Beautiful Chaser」

出演:北川景子、川口春奈、三浦貴大、DEAN FUJIOKA、伊藤正之、六角慎司、高山侑子、渋谷謙人、阪田マサノブ、芳根京子、相島一之、中村ゆり、佐戸井けん太、ユースケ・サンタマリア、高岡早紀、井浦新

「紗崎玲奈(北川)は妹(芳根)が惨殺され、その犯人が探偵から情報を得ていたことを知る。探偵とはなにかを知るためにスマ・リサーチ社の探偵養成所に入り、その後”対探偵課”の探偵となる。”探偵の探偵”になった玲奈は悪徳探偵の正体を暴いていき、また妹の死の真相に迫っていく。」

『LADY』『謎解きはディナーのあとで』『悪夢ちゃん』『HERO』などでおなじみ、北川景子のツンツン系ヒロイン。松岡圭祐原作は『催眠』『千里眼』『万能鑑定士Q』と映画化・ドラマ化多数で期待大。ただ『万能鑑定士Q』を除くと難しい作品が多く、『探偵の探偵』もハードボイルドタッチでどちらかというと難しい方。ドラマとして適度に噛み砕けるか、スタッフの力量が問われます。

 

7月10日(金)スタート

『初森べマーズ』

テレビ東京系金曜24:12~
企画・原作:秋元康
脚本:小峯裕之、根本ノンジ
監督:鈴村展弘、西海謙一郎、元木隆史
チーフプロデューサー:中川順平
プロデューサー:濱谷晃一、小松俊喜
主題歌:乃木坂46「太陽ノック」

出演:西野七瀬、白石麻衣、桜井玲香、橋本奈々未、生田絵梨花、高山一実、生駒里奈、若月佑美、秋元真夏、深川麻衣、松村沙友理、衛藤美彩、手塚とおる、津田寛治、いとうまい子

「舞台は寂れた下町。再開発により憩いの場として親しまれていた初森公園を取り壊し、マンションを建てる工事が始まろうとしていた。公園を守りたい少女たちは、地上げ屋の娘からソフトボール対決を持ちかけられチームを結成、超強豪に戦いを挑む。」

乃木坂46メンバー総出演。AKB48の『マジすか学園』は自ら「学芸会」といっていましたが、今回は特に言及なし。ファンじゃなくても見られるようなレベルになっていることを期待しましょう。注目は『マジすか』に引き続いて出演の怪優・手塚とおる。『ルーズベルト・ゲーム』の野球部監督役がめずらしくまともなのでビックリしていたら、今作ではオカマのソフトボールの監督。ひねったキャスティングセンスは期待できるか?

 

次は「7月11日(土)と15日(水)スタートのドラマと中盤戦まとめ



7月11日(土)スタート


『ど根性ガエル』

日本テレビ系土曜21:00~
原作:吉沢やすみ
脚本:岡田恵和
演出:菅原伸太郎、狩山俊輔
チーフプロデューサー:伊藤響
プロデューサー:河野英裕、大倉寛子
主題歌:ザ・クロマニヨンズ「エルビス(仮)」

出演:松山ケンイチ、満島ひかり(声の出演)、前田敦子、勝地涼、光石研、でんでん、白羽ゆり、新井浩文、白石加代子、薬師丸ひろ子

「原作コミック・アニメの世界から16年、ひろし(松山)や同級生たちは30才。ひろしの母ちゃん(薬師丸)や梅さん(光石)もいい年に。平面ガエルのピョン吉(声:満島)も元気だが、ひろしは無職、京子ちゃん(前田)はバツイチとイマイチな日々。しかしつまらない大人にはなりたくない、もう一度ど根性出して頑張る姿を描く。」

スタッフは『銭ゲバ』『泣くな、はらちゃん』のチーム。原作の余韻を残し、愛情を持ってその後の姿を描いてくれるでしょう。気になるのは前田敦子の京子ちゃん(30才)。河野Pは『Q10』でも起用していてお気に入りなんでしょうけど、うまくこなせるでしょうか。

 




7月15日(水)スタート


『刑事7人』

テレビ朝日系水曜21:00~
脚本:大石哲也ほか
監督:猪崎宣昭、新村良二、長谷川康
ゼネラルプロデューサー:黒田徹也、三輪祐見子
プロデューサー:山川秀樹、和佐野健一

出演:東山紀之、高嶋政宏、片岡愛之助、鈴木浩介、倉科カナ、吉田鋼太郎、北大路欣也

「配属されたら手柄をあげても二度と出れない”刑事の墓場”と呼ばれる警視庁捜査一課12係。そこに新たに天樹悠(東山)が配属される。空気の読めない天樹は犯人や被害者の時間にこだわり、空白を埋めて事件のタイムラインを繋ぐことにより事件の真相と関係者たちの想いを浮き彫りにしていく。」

路線としては同じく空気を読めない主人公が遺留品にこだわる『遺留捜査』に似ています。『遺留捜査』の弱点はなぜかこだわった遺留品が必ず事件の真相につながる理由がないことでした(スペシャル版は練る時間があるからか、その疑問を感じさせずおもしろい)。それに比べると『刑事7人』がこだわる「時間」は納得できそう。
7人のキャスティングが濃いのも特徴。今回好評でも来年同じメンバーを集めて第2シリーズをつくることはできるんでしょうか?

 

中盤戦まとめ

中盤戦は『探偵の探偵』『ど根性ガエル』『刑事7人』の三作の混戦。『探偵の探偵』はストーリーでどこまでひきこめるか、『ど根性ガエル』は大人にはいいとしてティーン層にどこまで浸透するかが課題。一番手堅いのは『刑事7人』でしょう。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。