不思議コメディーと南野陽子

ガイド:
私事から始めますが、今まで本業とこのテクノポップ・ガイドという仕事は分断されていて、ほとんど繋がらなかったのです。最近、独立して、いろんな人たちをお会いする機会が増えた結果、結構つながってきて、なんだか嬉しいです。そんな中、草野絵美さんにお会いして、「私、サテライトヤングというユニットをやっているんです」と自己紹介していただき、音源を聴いてみると、良い意味で予想を裏切られて、これはインタヴューしなくっちゃとなったわけです。そんなわけで、本日は、草野さん、ベルメソン関根さん、よろしくお願いします! まずは、草野さんと関根さんはどのような経緯で一緒にサテライトヤングやることになったか教えてくだい。
satelliteyoung

サテライトヤング (左から: 草野絵美、ベルメゾン関根)


絵美:
しっかり、聴いてくださって感激です!!ありがとうございます! 最初は、私が突発的に「ちゅうかなぱいぱい」という80年代の東映不思議コメディーシリーズを見て、「こういう映像を完全再現したい!」と思い、共通の知人に話してたのがそもそものきっかけです。そこで、紹介してもらったのが音楽から映像までカヴァーする関根さんでした。紹介してもらった時はなにもなかったんですが、1年くらいして、ある日突然、気づいたら、1stシングルとなる「ジャック同士」のアカペラ音源を関根さんに送っていたのでした! それが始まりです。

関根:
僕は、長年シンセや電子音を使ってる音楽はかなり雑多に聴いてたんですが、実験的なものとかも色々聴いて、大分食傷気味になってました。そんな時に、あるきっかけで南野陽子の「楽園のDoor」を聴いて、めちゃくちゃ新鮮に感じたんです。ソリッドなシンセベースに物憂げなアイドルヴォイスが乗ってる感じが衝撃的で。

「これやりたい!!」ってずっと心に秘めていたところに、偶然にも80'sアイドルやりたい、っていう話がきたので、これはやるしかないな、と。「ジャック同士」のアカペラに音を付けてみたら、自分ひとりじゃ絶対に出てこない面白いものが出来たので、テンション上がりましたね。

未来とレトロ

ガイド:
なるほど、不思議コメディーと南野陽子がインスピレーション!
サテライトヤングってとっても近未来的、ある意味キッチュなアナクロ感があるネーミングで僕は好きなんですが、由来とかあるんでしょうか? ちなみに宇宙ヤングというテクノポップ・ユニットがいますが、ご存知でしょうか?

絵美:
宇宙ヤング、知らなかったです(笑)! ヤングって言葉も80年代ならではの言葉ですよね。「レッツゴーヤング」とか。サテライトヤング自体には特に意味はないんですが、二人でいろんなイメージワードを出し合って、一番、未来的な響きをもっていて、レトロな響きをもっているものを選びました。

関根:
あれやこれやと色んなワードを出していったんですが、絵美ちゃんが「ヤング…、サテライト…」って言った時に、ひっくり返して「サテライトヤング」にしてみたら、なにか分からないけれど自分たちがこれから表現しようとしている雰囲気にピタっとハマって、「あ、これ降りてきたな」って思ったんです。次の日に冷静になって考えてみても、二人とも全然気持ちがブレてなかったんで、めでたく決定!という感じですね。

アートとビジネス

ガイド:
草野さんは在学中から、起業、写真家、ラジオパーソナリティーと幅広い活躍をされてきましたが、昔から行動派だったのでしょうか?

絵美:
そうですね。17歳のころから写真をはじめて、ニューヨークのFIT美術館に所蔵されたり。ラジオも何気に、2つのFM局で、丸2年MCやっていて、そのあとは起業したり、そして、21歳で結婚して、今は2歳の子を育てています。はたから見たら、生き急いでるとは言われますが、自分ではそんなこと思ったことはありません。

常に多様性のある空間に身を置きたいがために、いろんな場所を移動してきました。昔から何か、おかしなものを作るのが大好きで、きっとハートはアーティストでありたいと思ってたんでしょうね。でも、父も画家、母も作家なんで、反面教師的に、勉強とかビジネスとかコマーシャルな世界に興味をもって大学に進学しました。写真も、全然アーティストティックな写真は撮ってないし、起業もプラットフォームを作る側になりたかった。でも、サテライトヤングだけは自作自演。もしかしたら、自分がずっとしたかったことに一番近いのかもしれません。気ままにやってますが(笑)。

関根:
絵美ちゃんはサテライトヤングのエンジンだと思っていまして。尊敬する人に黒柳徹子さんを挙げているのを知って、ものすごく納得したことがあります。

父とJan Hammer

ガイド:
Wikipediaのサテライトヤングの項では、関根さんは幼少期よりJan Hammer、Tangerine Dreamなどにどっぷり浸かっていたとあります。幼少期からTangerine Dreamというは凄いです(笑)。ちなみに僕も、Jan Hammer、特に「マイアミバイスのテーマ」なんかは大好きです。当時、「マイアミバイス」をテレビで見ていたというのもありますが、風化しない魅力があります。ぜひ、Jan Hammerについて語ってください。

関根:
父が音楽好きで、プログレ、フュージョン、ニューエイジなどを物心つく前から浴びるように聴かされてました。4~5歳だったと思うのですが、父親がJan Hammerのコピーバンドを組んでたので、家でも車の中でも繰り返し流れているわけですよ(笑)。

今聴くと、この頃のシンセサイザーミュージックは、デジタル黎明期のキラキラした音色がとにかく魅力的で。Jan Hammerのアルバム『Escape From Television』は、メロディーも口ずさめるような素朴さで、ベースラインもずっとルート音連打とかのシンプルな構成の曲が多いので、余計に一つ一つの音が力強く響きます。

マハヴィシュヌ・オーケストラのキーボーディストですから、ギミカルなことは幾らでも出来たとおもうんですが、それと比べると『Escape From Television』は安直と思えるくらいにシンプルな構成にしている。むやみにギミカルにせず、音の響きの力を信じるというか、そういう潔さが、風化しない魅力に繋がっているんだと思いますし、とても影響を受けているところです。

ジャック同士とジャック・ドーシー

ガイド:
では、サテライトヤングの歩みを楽曲の時系列でお伺いします。結成のきっかけともなったデビュー曲の「ジャック同士」は、哀愁の80年代後半的サウンドやアレンジも好きですが、アートワークで持っていかれました。配信のみですが、実際に7インチのシングルを出して欲しい出来です。家に飾ります。僕が受けたイメージはちょっとやさぐれた80’s。例えば、三原順子(現在はじゅん子)と吉川晃司(笑)。アートワークへのこだわりについてぜひ知りたいです。

関根:
これまでのアートワークは絵美ちゃんが口説いてきた、「うえむらさん」が全て手がけています。80’sは下手するとパロディっぽくなりがちなんですが、自分たちはパロディじゃなくて、本気で80’sを普遍的なジャンルに昇華させたい。そういう意思表明が伝わる様なアートワークを意識してます。ナウなティーンにも「可愛い!カッコイイ!」と思ってもらえる様なものにしたくて。

絵美:
ジャック同士は生まれて初めて作ったナンバーです。アカペラで作ったド下手な歌が、どんどん肉付けされて、トラックが洗練されていく過程は、アドレナリンが出まくりました! ツイッターの創業者ジャック・ドーシーから名前をとって作詞作曲をしました。

ジャック同士 (SoundCloud)
jackdoshi

ジャック同士


ジャック同士 [Official teaser.] (YouTube)

80年代的熱狂とIT

ガイド:
「ジャック・ドーシー」、パンチがあります!
続くは、超爽やかなパステル・ワールド「フェイクメモリー」。草野さんの聖子ちゃんへのオマージュは素敵です。関根さんのピンクのポロシャツの着こなしも負けないくらいインパクトあります(笑)。80年代へのオマージュにあふれていながらも、歌詞の方はSNSの世界。この二つの異時代のものを融合させようという発想はどこから来たのでしょうか?

フェイクメモリー (SoundCloud)
fakememory

フェイクメモリー


フェイクメモリー [Official teaser.] (YouTube)

絵美:
「ジャック同士」で隠喩したテーマをさらに、みんなが共感ができるレベルに落とし込んだのが「フェイクメモリー」です。

よく、いったことのないラーメン屋さん、もしくは行ったことない国の国民性だったり、完璧に言えることがありませんか?ソース元は不明だけど。それって情報社会の罠だと思ってそこを歌にしたかったんです。80年代の、皆がひとつの方向に向かって熱狂的になる感じと、現代のTwitterやFBなど、多くの人が同じ物を共有して、同じ様な感覚を抱いている現象が、どこか似ていると感じたのもありますね。私の周りのIT系の子たちって、「バイアウトした!」「ピボットした!」「マネタイズは?」とか、カタカナを叫ぶ傾向にあって。それがなんとなく、80年代のリンクしたっていうのが、ひらめきの始まりでした。バブル期ってわけわからないカタカナを叫ぶ歌謡曲が多いんですよ。

関根:
ただ、今と昔とを融合させている感覚はなく、YouTubeとかで古今東西、様々なスタイルが一望出来る時代に、自分たちが今最も「グっとくる」スタイルを選んでる、という感じです。なので、あまり異時代のものを融合させているという実感が無い。起点はあくまで現代の自分たちの感覚にあって、自分たちが今一番ホットに感じているサウンドや、トピックを選んで行った結果、こういう形になった、という感じがします。

ギークとヒッピー

ガイド:
「Geeky Boyfriend」のサウンドは、80年代から伝統として、現在も一つのアイドル歌謡のフレームワークともなっている、ガールサウンドですね。

歌詞のセンスも面白い。
文と理が融合してこそ
イノベーションよ!
ギーギーボーイフレンド

「イノベーション」って…アイドル歌謡には普通出てこない言葉!

お二人は「ギーク」についてはどのような考えを持っていますか?

Geeky Boyfreind (SoundCloud)
geekyboyfriend

Geeky Boyfreind


関根:
この曲は僕も歌詞が凄く好きなのですが、とってもガーリーなノリなのに、言ってることはなんだか普通の女の子とはちょっとズレている、っていうコントラストが面白いなと思ったので、アレンジはギークさを感じさせない正統派なガールサウンドにしていますね。

絵美:
「ギーキーボーイフレンド」は、ずばり、私の好みです! 男性の、なにか一つのことに集中してオタクっぽくなってる姿、頭脳指数高すぎて口が追いついてない姿、コスパ至上主義者すぎて空回りしてる姿、そういうのって、一番セクシーだと思ってて(笑)。私は「Geek is new Hippie」だと思うし、「Nerdy is new sexy」だと思ってます。そういう女性は現代は増えたんじゃないかしら? 実際、実社会において戦闘能力も生命力も高いし。だからPOPに、流行りのボーイと付き合ってるトレンディな私をイメージしました(笑)。

Apple派とApple派

ガイド:
最新曲となるのが、「Break! Break! Tic! Tac!」。こちらも、ギーク路線。Remixではサンプリングも入っていて、Appleへのリスペクトが感じ取れる曲ですが、やはりApple派? ちなみに僕が最初に買ったコンピュータはMac 512Kです。それ以来、かなり売り上げに貢献しています。

Break! Break! Tic! Tac! (SoundClound)
breakbreaktictac

Break! Break! Tic! Tac!


絵美:
小学校の時、家に初めて来た、パソコンがiMac G4、スケルトンのパープルで、自分のパソコンがiBook G5。それ以来ずっとApple派ですね。デジタルガジェットって不思議で、それぞれに寿命があって、壊れたら次に買う機種は必然的に決まって。Apple Watchとかウェアラブルが普及したら、永遠に貢ぐことになる…

関根:
僕もApple派ですね。Appleは色々と困ったところもあるんですが、必ずしも優等生がモテるわけではなく、ちょっとヤンチャな男の子や、ワガママだけど魅力的な女の子のような、そんな魅力があると思うんですよね。「ちょっと勘弁してくれよー!(まあ、でもカワイイから許すんだけど。)」みたいな(笑)。そういうテクノロジーと人とのウェットな関わりっていうのも、サテライトヤングが捉えていこうとしてる中心的なテーマのひとつですね。

80年代原体験と未体験

ガイド:
80年代はお二人とも原体験ではないと思いますが、どうして興味をもったのかとても興味があります。関根さんの年齢がわからないのですが、草野さんの場合、両親の世代(たぶん、僕と近い)のコンセプトですよね。入り口はどこにあったのでしょうか?

関根:
僕は実は80年代初頭生まれで、80’sが原体験なんです。でも最近まであまりその魅力に意識的ではなくて。ずっとその時々で新鮮に感じる表現を追い求めてただけなんですが、たまたま今のタイミングで80'sアイドルを聴いたり、映画を観たりしたら、ことごとく新鮮に感じたんですよね。

音楽に限らず、ゼロ年代の表現って、内省的で、袋小路的な複雑さを感じる様な表現が多いなあと感じてたんですが、80'sのまっすぐさ、潔さに触れて、「あ、今足りない時代のビタミンはコレだ!」って確信したんです。80年代の表現には、まっすぐに「夢見る力」があって、皆、実は今「夢見る力」が欲しいんじゃない?って。

絵美:
私は、90年代が生まれで。まだギリギリ、幼稚園の頃は、アムラーやシノラーはいましたが、それ以降はそれほどパッとしたファッションリーダーがいない。みんなが何か一つのファッションに熱狂的になってる文化って、生まれる前だったんですね。今みたいに細分化されてなくて。昔から年代別ファッションオタクで、50年代、60年代、70年代、それぞれの時代性に憧れをずっと抱いてきました。

子供のころ見てたアニメは、ひみつのアッコちゃん、ロボコン、アラレちゃん、みんなそれぞれ80年代のリバイバル作品(アッコちゃんは二期目が79年)だったので、それぞれの第1期版をレンタルビデオ店で借りて違いを楽しんでました。そこから興味をもって、歌謡曲や歌番組をみるようになって。どの年代も好きだけど、80年代は、一番おかしな時代だったと思います。50、60、70年代それぞれ、結構今着ててもベーシックで使える服とかいっぱいあるんですけど、80年代は… デジタルに目覚めて、おもしろい合成技術を駆使してるPVも大好きです。

海外リリースとライヴ

ガイド:
今後の活動予定についてもぜひ教えてください。ライヴは昨年1度されているようですが、ぜひ僕もライヴが見たいです!

関根:
近々、Future City Recordsという、アメリカのネットレーベルからEPをリリースする予定です。2000年代後期から、Synth WaveやRetro Waveという呼び名で、80年代のシンセミュージックに影響を受けた新しい音楽シーンがじわじわと広がりつつあって、Future City Recordsは、その牽引役のような役割を果たしていますね。サテライトヤングの曲は、日本語にも関わらず海外のリスナーからの反応がすごくいいので、どんどん海外のシーンとも連携していこうと思っています。

絵美:
あと、実は、この話は初公開なのですが、3人目のメンバーが加入します! そのメンバーは人間ではないかもしれません…!ライヴでも大活躍する予定なので、このインタヴューを読んでピンと来たオーガナイザーの皆様、ライヴのオファーお待ちしております!活動の最新情報はTwitterやFacebookにアップしているので、是非フォローしてください!

ガイド:
サテライトヤングの海外進出、楽しみです。3人目のメンバーを含めてのライヴも是非見せてください!

【関連リンク】
Satellie Young (Official Web Site)
Satellie Young (Twitter)
Satellie Young (Soundcloud)