ハワイ航空券の種類と買い方

旅行者が多く利用している航空券には、航空会社が直接販売する「正規割引航空券」(日本航空「ダイナミックセイバー」、全日空「エコ割」など)と、旅行会社が団体ツアー用の航空券を個人にバラ売りする「格安航空券」の2種類があり、料金も利用条件も異なります。正規割引航空券の購入は航空会社のサイト・電話、または、旅行会社(要手数料)のサイト・店舗で。格安航空券は旅行会社独自の料金なので、旅行会社のサイト・店舗で購入します。その際、格安航空券検索サイトを利用すると、料金の比較が可能です。

航空券購入の詳しい情報はこちらで>>>All About 航空券

正規割引航空券か、格安航空券か

同じ便、同じクラスに乗っていても、それぞれ払った航空券代金は異なる

同じ便、同じクラスに乗っていても、それぞれ払った航空券代金は異なる

閑散期に「航空会社未定」で2万円台という激安料金も出る格安航空券。一方、同時期の正規割引航空は5万円~と料金だけで比べると格安航空券がリーズナブルですが、正規割引航空券には子ども料金の設定があり、トータルで計算してみることが大切です(一部格安航空券にも設定あり)。 

また、正規割引航空券の中にも、予約時の空席状況によって料金が変動するもの(日本航空)、出発日の前日、7日前など早めの購入で割引率が違うもの(全日空、ユナイテッド航空)など、航空会社内で料金設定がいくつかあり、安い航空券は早い者勝ちに。さらに、航空会社のサイトから購入すると、数千円安くなる WEB料金が適用されます。ほかに、正規割引航空券は格安航空券に比べてキャンセル料が安い、発券前であれば日程や便の変更OK、予約時に便が決定して座席指定が可能なほか、災害などで欠航した場合、振り替えの優先順位が格安航空券よりも高いというメリットがあります。