小物を撮影するときに気を使うのが背景の処理。後ろにいろんなものが散乱している様子が写ってしまうと、せっかく撮った被写体も台無しに。きれいな背景にするには、バックスクリーンを用意すると簡単に撮影できます。ガイド瀬川が得意とする100均グッズを使って自作するシリーズとして、このバックスクリーンを考えました。

用意するものは、給水キャップ・空きペットボトル・模造紙

撮影用バックスリーン

100円ショップで購入した給水キャップ。園芸コーナーで売られている。これを使って撮影用バックスクリーンを作っていこう


撮影用パックスクリーンを作るのに必要なものは、給水キャップ・空いたペットボトル・模造紙の三点。さらに製作するのにセロテープと穴あけパンチがあると便利です。

給水キャップとは、500mlのペットボトルの口径と同径で作られているもので、100円ショップで購入できます。給水キャップは、植物の給水用に土に差して使うもの。園芸コーナーで売られています。

ペットボトルは、ここでは500mlのサイズのものを2本用意します。高さが同じものを用意しましょう。

模造紙は、スクリーン本体として使います。背景に使いたい色の模造紙を用意してください。こちらも100均ショップで購入ができます。

作り方、セッティングも超簡単

撮影用バックスクリーン

模造紙の片側の隅二箇所に穴を開ける。セロテープを貼っておくと補強される。


撮影用バックスクリーン

給水キャップを取り付けたペットボトルを支柱として、穴を開けた模造紙を取り付ける。ペットボトルに水を半分くらい入れておくと重りになる。


撮影用バックスクリーン

取り付けた模造紙はゆったりとテーブルに沿わす。これで撮影用バックスリーンの完成。


作り方は、模造紙の片側の隅の二箇所に穴あけパンチで穴を開けます。このときにセロテープを貼ってから穴を開けると、穴の部分が補強されます。

ペットボトルには半分くらいに水を入れておきましょう。空だと動いてしまうので、重りの役目になってくれます。

ペットボトルのふたを外し、用意した給水キャップを取り付けます。このペットボトルにつけた給水キャップが支柱になります。

用意した模造紙の幅にペットボトルを起きます。模造紙に空けた穴の部分に給水キャップの先に通します。模造紙をなだらかにテーブルに沿わせればバックスクリーンの完成です。

模造紙をゆったりと沿わせるのがポイントです。また模造紙に折り目などをつけないようにも気をつけます。

バックスクリーンが完成したら、被写体を置いて撮影してみましょう。

次のページでは撮影するシーンを紹介します。