“最高のダイヤモンド”と聞いて「4C」をイメージする方は多いと思います。4Cは、ダイヤモンドの品質を証明するために鑑定機関が設けた世界基準。以前、記事「ダイヤモンドの品質を表す『4C』とは?」でお話ししたように、そのダイヤモンドにつけられた成績表のようなものです。

でも、ダイヤモンドの美しさは4Cだけではなく、“輝き方”に大きく左右されることも事実。この輝き方を読み解くことこそ、本当に美しいダイヤモンドに出合うための最初の分かれ道といえるでしょう。

では、輝き方のお話しをする前に、ダイヤモンドの輝きに求められる条件についておさらいもかねてご紹介させてください。

ダイヤモンドの命「輝き」を左右する要素とは?

ダイヤモンド

ダイヤモンドは“輝き方”によっても美しさに変化がある

4Cのうち、大きさ(Carat)、色(Color)、透明度(Clarity)が示すのはそのダイヤモンドが持っている特性です。ダイヤモンドの輝きに最も大きな影響を与えるのが、4つめの「カット(Cut)」。カットだけが人の手によって施されるもので、その技術によって輝きが大きく異なります。

カットは、美しく磨かれているか(研磨状態)と、3次元的に左右対称に磨かれているか(対称性)、基準通り定められた形になっているかどうか(プロポーション)の3項目において、それぞれExcellent からPoorまで5段階にランク付けされます。3項目すべてにおいてExcellentの評価を得たものが、最高位の「Triple Excellent」。この最高評価を得られるダイヤモンドは、市場に出回る宝飾用ダイヤモンドのうち、たったの1%程度なのだそうです!

ダイヤモンドの高品質を裏付けるハートと矢のマーク

ハートマークや矢のマークが見えるダイヤモンドのカット

ハートマークや矢のマークが見えるダイヤモンドのカット

また、対称性とプロポーションの優れたダイヤモンドを尖ったほう(キューレット)からスコープでのぞくとハートマークが8個見え、平らな面からのぞいたときには中心から外側に向けて矢のマークが8本見えます。これは「Heart&Arrow」や「Heart&Cupid」と呼ばれていて、対称性とプロポーションが優れていることが、誰でも目で確認できる要素になります。

ちょっとマニアックなお話しもありましたが、“最高品質のダイヤモンド”と呼ばれるものは、多くの難関を通り抜けたものというわけです。
それでは最高のダイヤモンドに出合うためのコツをご紹介しましょう。