不倫関係の取材をしていると、女性たちのものの考え方にびっくりさせられることが多々ある。今は、「結婚と恋愛は別」と割り切っている女性が増えているが、一方で「恋愛」については、いつまでも乙女な面が目につく。
 
体目当て?

彼は体が目当てなの?

特に女性たちが口にするのは、「彼は私のカラダだけが目当てなのではないだろうか」ということ。20代と変わらない悩みを、40代既婚女性がもっているのだ。「恋愛」というくくりの中では、年齢は関係ないのだとつくづく思う。
 

恋愛に悩みは尽きない

「恋愛は子どもを大人にし、大人を子どもにする」というが、既婚女性たちの恋も、まさに乙女な不安に満ちている。

「彼は私のカラダだけが目当てなのではないか」
「本当に私のことが好きなのかしら」
「会わない間、私のことを思い出すことがあるんだろうか」

既婚女性たちにとって、久しぶりの恋。しかも、若いころのように「結婚相手を選ぶ」という目的がない。恋は恋として成就しなければならないのだ。

目的がないから純愛だともいえる。相手と自分とで紡ぎ出す時間を楽しみ、肉体の快楽に溺れ、連絡を取り合って愛を確かめ合う。それでじゅうぶんではないかと思うのだが、彼女たちはもっと「愛されている実感」をほしがる。

「半年ほどつきあっている人がいます。お互いに家庭を最優先にしようと話してはいるけど、私は彼に愛されているのかなあとすごく不安になることがあって……。彼、よくメールで、『リエとしたい』と言ってくる。私とはカラダだけのつながりなのかな、と思ってしまって」

リエさん(仮名=47歳)は、曇った表情でそう言った。この年齢で、カラダを目的にされるなら、それはそれで悪くないことではないかと内心思うが、彼女は本気で心配しているのだ。そうは言えない。

既婚者の恋は、カラダのつながりがなくては続かないことが多い。言い方は悪いが、ふたりが一緒にいるよすがとなるのが、セックスなのである。婚姻届ではなく、お互いに感じる性の快感こそが、一緒にいる理由。それはいけないことではないだろう。

>>それでも、セックスだけでは不安…