お客様のニーズから生まれたブライダルリングのセミオーダー

デートするカップル

ブライダルリングにも自分たちらしさを表したい

日本にダイヤモンドの婚約指輪が流通するようになってしばらくは、ファッションジュエリーと同じように、店頭のショーケースにはすでに完成したリングが並んでいて、その中から似合うものを探すというスタイルが普通でした。

でも、「デザインは好みだけど予算に見合わない」「ダイヤモンドはキレイだけどなかなか気に入ったデザインが見つからない」といった声が聞かれるようになってくると、お客様のニーズにフィットしたスタイルが求められるようになりました。

そんな経緯から人気を集めてきたのが“セミオーダー”というスタイル。今ではブライダルジュエリー専門店のほとんどが取り入れています。

そもそもセミオーダーとは?フルオーダーとの違いは?

フルオーダーは、お客様のご希望に合わせて一からデザインを決めていきます。正真正銘、世界でたった一つの思い入れ深いデザインを手にすることができますが、完成するまで実物を見ることができないというドキドキ感もさることながら、製作日数も予算的にも多くかかることが予想されます。

セミオーダーとは、あらかじめデザインされた多くのサンプルのなかから希望のものを選び、ダイヤモンドの大きさやグレードなど、好みでカスタマイズしていくスタイルです。フルオーダーに近いオリジナリティを加えることもできますし、製作日数も大体3~5週間ほど。フルオーダーほど時間もお金もかかりません。

なによりも、自分の好みや予算で選べるというところが、大きなメリットなのではないでしょうか。