「狭い家ではモノを捨てないとダメなの?」と暗い気持ちになりがち。でも、捨てる前に収納を点検してみてはいかがでしょう。戸棚を開けてみると、ポッカリと空いたスペースが手つかずのままになっていることも。家のあちこちにある未開拓スペースを収納し直したら、「あ~ら、こんなにしまえた!」と明るい気持ちに切り替わります。

1.空きスペースがなくなるグッズ

頻繁に出し入れを繰り返している戸棚というのは、見慣れているだけに無駄な使い方をしていることに気付きません。たとえば、洗面台の下やキッチンの流しの下など、もともと棚がついていない収納場所。最初にしまったときのまま、手を加えずに使い続けていることがほとんどです。

仮に同じ数の持ち物をしまうとしても、上下を2~3層に分割できるグッズを使うだけで、思った以上にたっぷりと収納できます。また、下駄箱や食器棚で、高さの違うモノを同じ段にしまうときにも、ラックがあると便利です。
100円ショップとホームセンターで売っているグッズ

上:脚付きのラックは100円ショップで買える 下:組み立てラックはホームセンターで。工具なしですぐに作れる

洗濯機のまわりでも収納が不足しがち。洗濯洗剤や角ハンガーなど、置いておきたいモノが意外と多いので、片付けにくくなります。
IKEAのランドリー収納

左:トイレの便器の上にも設置できる。トイレットペーパーやタオル収納に。右:一番上のパイプにはハンガー掛けができる。(IKEA立川店)

市販の洗濯機ラックにはいくつか種類があるので、どれにしたらいいのか決めきれずにゴチャついたままというケースも。選ぶ時のポイントは、幅と高さが調節できて、窓がある場所でも邪魔にならないフレームタイプ。また、フレームの脚部が洗濯パンという枠の中に収まるサイズにすると、ラクに設置できます。

2.置ける場所が増やせるグッズ

水廻りのように、収納の中にあるパイプが邪魔になるといった場所ではラックを使います。一方、普通の戸棚では突っ張り棒を使うと簡単。パネルが付属しているタイプにすれば、棚板と同じように使えます。
突っ張り棚

重たいモノをしまうときには、突っ張り棒の耐荷重を要確認

戸棚内の両側に穴があって、棚受け具が取り付けられるタイプであれば、ホームセンターで棚の幅に合わせて板をカットしてもらうといいでしょう。棚板同士の間隔を、モノの出し入れに支障がない程度のギリギリまでつめてみると、数段ぶん増やすことができます。3段が6段になったら2倍にUP。下駄箱や食器棚で試してみましょう。

家中を見回すと、収納に使える場所がまだ残っています。