スマホで音楽ファイルを再生すると、音がこもっていたり不鮮明だったりしませんか? 音質にこだわらないという人ならそれでも大丈夫ですが、どうせならより良い音で音楽を楽しみたいという人も多いですよね。そこで、今回はなるべくお金をかけず、スマホの音を改善する方法を紹介していきます。

そもそも音が悪くなっている原因を探ろう

記憶容量やバッテリーの持ちが良くなり、スマホで音楽を聴くことが当たり前になってきました

記憶容量やバッテリーの持ちが良くなり、スマホで音楽を聴くことが当たり前になってきました

スマホで再生した楽曲の音が悪く感じるのは下記の2つが大きな要因です。

  • イヤホン/ヘッドホンの性能が悪い
  • 音楽ファイルの音質が悪い

音質にこだわるなら、やはりイヤホン/ヘッドホンの性能は重要です。1000円程度の安価なものと、数万円のフラグシップモデルとでは誰が聞いても分かるほどの音質の差があります。しかし、そのような高級イヤホン/ヘッドホンはポータブルアンプもセットで利用しなければ性能をフルに引き出せないため、すべて購入すると10万円を越えることも……。これだけお金をかけてまで音を良くしたいという人は少数派ですよね。

そこで、ここではもうひとつの要因である音楽ファイルの音質を改善する方法を考えていきたいと思います。

FLAC形式で変換して音質を向上させよう

音楽ファイルは「iTunes Store」などオンラインストアで購入することもできますが、ほとんどの人はCDから取り込んで作成しているのではないでしょうか。その取り込みの際に音質の劣化が起きるので、取り込みの設定を見直しましょう。

取り込み形式として多くの人が選択するのは「MP3」です。しかし、MP3は音データの一部をカットしてサイズを圧縮するため、音質が劣化してしまうという難点があります。つまり、MP3形式で取り込んだ音楽ファイルはCDよりも音が悪くなっているのです。とくに変換設定でビットレートが128kbps未満になっている場合は音の悪さが気になる人も多いのではないでしょうか。

そこで、MP3に代わって注目されているのが「FLAC」という形式です。この形式はMP3に比べるとファイルサイズは圧縮できないものの、音データをカットしないため音質が劣化しません。つまり、CDの音質を低下させず、そのまま音楽ファイルに変換できるのです。したがって、音質を重視する人はCDをFLAC形式に変換してる人が多いです。また、FLAC形式ならCD以上に高音質な音楽ファイルも作れます。そのため、最近話題のハイレゾ音源はFLAC形式で配布されているものが一般的です。