専業主婦はキャッシングできない!?

専業主婦はキャッシングできない!?

給料日前で生活費が足りなくなった時などに便利なキャッシング。手軽に借りられる半面、借り過ぎ・貸し過ぎが起こりやすかったため、2010年6月施行の「改正貸金業法」によって、借りる前に収入などの確認が行われるようになりました。

では、収入のない専業主婦が借りる場合はどうしたらいいのでしょうか。「改正貸金業法」の概要も含め、具体的な方法や注意点をご説明します。

改正貸金業法とは

「改正貸金業法」の内容をごく簡単に説明すると、「年収の3分の1までしか借りられない(=金融業者が貸せなくなる)」ということです。これを「総量規制」といいます。複数の会社からお金を借りる場合も、借入金額の合計が年収の3分の1を超えないように制限されます。ただし、住宅ローンや車のローンなどはこの規制の対象外ですので、安心してください。

黙っていればわからない?

他の会社で借りたお金のことは、黙っていても、ちゃんと調べられてしまいます。借り入れの記録は信用情報機関に提出され、他の会社でまたお金を借りようとした時に、借入状況を調べられてしまうのです。借り入れの申し込みを行う時に、信用情報機関の情報を調べることへの同意を求められます。

また、1社から合計50万円超を借りる場合や、複数の会社から合計100万円超を借りる場合は、収入を証明する書類の提出が必要になります。

※改正貸金業法の詳しい内容は、日本貸金業協会のサイトもご覧ください。

専業主婦はどうしたらいいの?

収入のない専業主婦がキャッシングを利用したい場合、方法は2つあります。

1. 「配偶者貸し付け」という方法を取る
本人の年収の3分の1まで借りられるというのが原則ですが、例外として「夫婦の借入額の合計が、夫婦の収入を合計した金額の3分の1まで」という形も認められますので、専業主婦でもお金を借りることができます。ただし、配偶者貸し付けの場合は、配偶者の同意と夫婦関係を示す書類(住民票など)の提出が必要になります。

2. 銀行のローンを利用する

銀行のローンは改正貸金業法の対象外です。銀行のカードローンやフリーローンなどを検討してみましょう。審査はもちろんありますが、諸々の条件を満たせば申し込み当日に借入可能なカードローンもあります。あくまでも、ご利用は計画的に。

借りられる金額の制限や、借入状況を調べられたり書類の提出を求められたりすることによって、以前よりも、気持ちの面でもお金が借りづらくなったといえるでしょう。でも、違法な業者から借りるのは絶対にダメ。友人・知人に借りるのも、人間関係に影響することがあるので気をつけたいものです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。