ドイツのデュッセルドルフで開催される日本デーがすごい!

japantag

国内外から日本ファンが集結するデュッセルドルフの日本デー。ライン川沿いの遊歩道がコスプレイヤーで埋め尽くされる!

多くの日本企業が集まり、約7000人もの日本人が住む「リトルジャパン」として知られるドイツのデュッセルドルフ。この街で2002年以降毎年開催されている「日本デー」(ドイツ語でヤーパンタークJapan-Tag)は日本の文化を紹介する欧州最大級のイベントです。

書道や生け花などの伝統文化からお寿司やラーメンなどの日本食、漫画にカラオケ、コスプレ大会まで様々な日本カルチャーを堪能できる日本デーは、故郷を懐かしむ日本人だけでなく、国内外からたくさんの日本ファンが集まり、来客数約70万人にものぼるデュッセルドルフの名物祭りとなっています。

日本デーライン川

ライン河川敷が日本文化に染まる。老若男女が楽しめるオープンなイベント

「ライン川で最も美しい河川敷」といわれるデュッセルドルフの遊歩道が日本文化に染まる一日。赤ちゃんからお年寄りまで、老若男女がお散歩したりピクニックをしたりしながら日本を楽しむ風景は今やこの街の風物詩。ハイレベルすぎるコスプレイヤーたちやライン川の花火大会は一見の価値ありですよ!

■デュッセルドルフの日本デー 2018年の開催情報
開催日程:2018年5月26日(土)
開催時間:12:00~23:00頃 花火は23:00頃(暗くなってから)スタート
開催場所:デュッセルドルフ旧市街のブルク広場、ライン川沿い遊歩道ほか
公式HP:http://www.japantag-duesseldorf-nrw.de/jp/
※2019年は5月25日開催予定

<関連記事>
デュッセルドルフ/ドイツ
デュッセルドルフの観光スポット

メイン会場はブルク広場の特設ステージ

日本デーステージ

音楽やダンスなど様々なイベントが繰り広げられるステージ。写真はコスプレ大会授賞式の様子

日本デーのメイン会場となるのは旧市街にあるブルク広場(Burgplatz)。特設ステージではデュッセルドルフ市長の挨拶をスタートに、現地在住の日本人による合唱や舞踊、日本からやってくるミュージシャンのライブなど様々なイベントが繰り広げられます。

ステージにはデュッセルドルフ市と友好関係を結んでいる千葉県のゆるキャラ、チーバくんも登場。ライン川沿い遊歩道には千葉県をPRするブースもあります。

国内外のコスプレイヤーが集結!

japantag9

お姫様みたいなお嬢さんたち。こんなハイレベルな衣装を手作りするなんてすばらしい!

日本デーの主役とも最大の見どころともいえるのが、ライン川沿いを埋め尽くす勢いのコスプレイヤーたち。日本のアニメや漫画のキャラクターから中世のお姫様風まで、細部まで趣向を凝らしたコスプレはレベルが高すぎてもはや芸術作品。 ほとんどの人がこの日のために衣装を手作りするというからすごい!

日本デーコスプレ大会

2017年日本デー・コスプレ大会の上位入賞者たち。完成度が高い!

ステージで行われるコスプレ大会やカラオケ大会で優勝すると日本行のチケットが授与されるということで、みなさん気合い入ってます。なかには親子同伴のコスプレイヤーもいて、ママが衣装担当という人も。ドイツのコスプレは、誰でも参加できてみんなで楽しめるオープンな雰囲気がいいですね。

お祭り屋台で日本食を堪能しよう!

japantag7

焼きそばやタコ焼きなど日本のお祭りフードを堪能するコスプレイヤーさんたち

ブルク広場とライン川沿いの遊歩道に並ぶブースでは、日本食レストランが多数出店。お寿司にカレー、たこ焼き、ラーメンなどお馴染みの日本の味を堪能できます。ドイツでは特に焼きそば人気が高く、長蛇の列ができるほど。

デュッセルドルフはラーメンも美味!

デュッセルドルフはラーメンも美味!

デュッセルドルフは日本人が多いだけに日本食レストランの数が多く、海外で一番美味しい日本食が食べられる街として有名。ドイツのサッカー、ブンデスリーガに所属する選手(地元フォルトゥナ・デュッセルドルフの選手のほか、ドルトムントの香川選手や元シャルケの内田選手など)もよく食事にやってくるんですよ。

せっかくのドイツ観光だから日本食はちょっと……という人もご心配なく。焼きソーセージやデュッセルドルフ名物のアルトビールが飲める屋台も揃ってます。

日本の文化を再発見

日本デー着付け

着物を着て写真撮影ができるブースは大人気。国内外の女子が集まります

ライン川沿いには、書道や生け花、折り紙、和服の着付けなど日本の伝統文化を紹介するブースのほか、アニメのキャラクターグッズや日本特有の「カワイイ」グッズ、コスプレの衣装、漫画をはじめとする日本の古書などを販売するサブカルチャー系ショップが並び、たくさんの日本ファンで大賑わい。

日本デーNHK

相撲取りと記念撮影。相撲中継が視聴できるようになったNHKワールドのブースにて

NHKの海外向けサービス「NHK ワールド」のブースではお相撲さんと一緒に記念撮影できるコーナーが大好評。ドイツのテレビでも相撲中継が見られるので相撲ファンが増えそうですね。
NHK ワールド JAPAN 公式HP

日本デースポーツ

剣道、柔道、相撲など日本の伝統的なスポーツを実演披露

ヨハネス・ラウ広場(Johannes-Rau-Platz)や州議会前の芝生広場では、相撲や剣道、弓道、合気道など日本の伝統武道やスポーツなどの演武会を開催。このほか、サッカーやクライミング、トランポリンなど子どものための遊び場も充実していて、家族一緒に楽しむことができます。

フィナーレは圧巻の花火大会!

japantag2014

感動のフィナーレ!ライン川に咲く日本の花火 (C)Duesseldorf Marketing&Tourismus GmbH

日本デーのフィナーレは、欧州唯一の日本人花火師による打ち上げ花火大会。雄大なライン川で繰り広げられる日本の花火はなんとも趣があり、毎年この花火を目当てに多くの人がデュッセルドルフにやって来ます。2018年は「日本の伝統芸術と文化」をテーマに、墨絵や生け花、日本舞踊などをイメージした花火を展開。毎年お馴染みの「黄金の雨」が降りそそぐクライマックスはまさに圧巻!

この季節のドイツは日が長く、花火が始まる時間は午後11時頃と日本にくらべるとかなり遅め。花火が打ち上げられる場所は日本デー会場の対岸なので、遊歩道沿いの芝生や橋の上で場所を確保するのがおすすめです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。