インディーズのヴィジュアルシーンにおいて街宣活動に用いられるツールのひとつとしてフライヤーが挙げられる。大きなメディアを介すことなく活動をしている彼らにとって、それはバンドの普及や動員の獲得に繋げるための欠かすことのできないツールのひとつ。

これまで、ヴィジュアル系バンドの多種多様な音楽性やステージングについて紹介してきたが、フライヤーひとつとっても、そこには各バンドの創意工夫が見られる。

そこで、ヴィジュアル系バンドの個性豊かなフライヤーをピックアップし紹介すると共に、現在のビラ配りに関する戦略、事情について探りたい。


21世紀型の街宣活動を行なう<Zillapark>

Zillapark

Zillapark

特に、キャパシティの大きな会場でライブが行なわれると、会場付近で観客を待ち伏せしているバンドマンの光景がよく見られる。そこでさまざまなバンドからフライヤーを受け取る訳だが、一際目を引いたのが、iPadを手にして街宣活動を行なっている<Zillapark>のメンバーの姿だった。彼は手持ちのiPadからMVを流し、バンドをアピールしていたのだ。

Zillapark

iPadを用いて街宣

21世紀のテクノロジーを駆使したそのアイディアについて彼らに尋ねたところ、映像を用いることでよりバンドを伝えやすくなるのではないか、という狙いに加え、バンドの世界観上、Dr. RoAは話をすることができないため、彼についてはフライヤーではなく、映像担当の役割を担ったことが始まりだという。

 
Zillapark

Zillapark最新フライヤー

ビラ配りでは、ステージとフロアといった隔たりがなく、同じ目線に立った至近距離での接触になる。また配る側のバンドマンもすっぴんに私服という出で立ちでいることが多いからか、街宣活動といえどファンとメンバーが馴れ合っている光景を目にすることもしばしば。

そんな中、メンバーのキャラクターに応じた街宣活動の方法を編み出したことはもちろん、ステージを降りた場でもバンドの世界観を崩すことのない彼らの姿勢は感心に値する。

 

ヴィジュアル系らしさ敢えて封印。
フライヤーで他と差別化を計る<JASSY>

JASSY

JASSY

現在のヴィジュアル系バンドのフライヤーは、豪華にフルカラーで印刷が施されており、インディーズと思えないほどの完成度の高さだ。紙を縦に使うか横に使うかはそれぞれだが、バンドのヴィジュアルがわかる最新のアー写が全体を占め、そこに直近のライブやリリース情報を記載しているものがほとんど。

CDショップへ出向くと「こんなにバンドがいるのか」と思う程、各バンドの最新のフライヤーがずらりと並べられている。ヴィジュアル系バンドだけに、彼らのヴィジュアルを推し出したフライヤーの多く並ぶ中、意表を突くレイアウトで目を引いたのは<JASSY>のフライヤーだった。

JASSY

JASSY最新フライヤー

なぜ、ヴィジュアル系ならではの自慢の美貌をフライヤーに掲載するのではなく、ある少年の表情をアップにしたものをメインにしたかバンドへ尋ねると「人の目に留まるデザインにしたかった」という回答の他、「(顔面偏差値的な意味で)他と戦っても負けるので!」と返ってきた。ちなみにこの少年はメンバーのBa.クリフの幼少期の写真とのこと。

どのバンドのフライヤーもパッと見て、衣装やメイク、文字の書体などの雰囲気から、激しいのかポップなのかなど、だいたいどんな音楽性のバンドなのかわかるような作りになっている。受け手もそれが自分の好きなジャンルかそうでないかという判断材料にしているが、彼らはそこでアー写を使わずにバンド像を伏せることで、他との差別化を計った。結果、受け手に先入観を持たせることなく想像を掻き立たせることに成功しているといえるだろう。

>>特に街宣活動に力を入れているバンドのフライヤーの中身とは!?

貰い手の立場に立ったアイテムを用意。
街宣活動に力を入れている<ANSIA>

ANSIA

ANSIA

続いてヴィジュアル系バンドならではフライヤーをご紹介。<ANSIA>は集合アー写を掲載したフライヤーの他に、過去にソロアー写を掲載したメンバー別のフライヤーを用意していたことも。自らの手で自分の顔の印刷されたフライヤーを配っていた。

 
ANSIA

ANSIAソロフライヤー

ライブ後に矢継ぎ早に差し出されたフライヤーをあとで見返すと「このバンド、知ってるのに!誰からもらったんだろう?」と思うことはないだろうか。

だがソロのフライヤーでは、相手の顔がよく見えない暗闇であろうと、相手がすっぴんであろうと、あとでどのメンバーから受け取ったかわからなくなる、ということもないだろう。また、そこにバンドホームページのURLだけでなく、個人のブログのURLを記載するなど、より個人に関する情報を盛り込める利点がある。

他にソロのフライヤーには、一枚手に入れることで、他のメンバーについても気になり始めるのではないか、という狙いも込められているとのこと。また、ビラ配りは主に、自分たちを知らない人へ働きかける活動ではあるが、好きなメンバーの大きくプリントされているフライヤーは、すでに彼らを応援しているファンにも喜ばれるものだろう。

街宣活動に力を入れているANSIAは他に、ティッシュ配りも行なっている。配る側にとってポケットティッシュには、受け取ってもらいやすく捨てられない、という一番のメリットを兼ね備えているという。そして、ひとつのティッシュにつき6枚のちり紙が入っているため、使用するたびに、つまり計6回も目にすればバンド名を覚えてもらえるだろう、という思惑も。街宣活動は配ることで自己満足に終わるやすいものだが、こうした小さな知恵の積み重ねはやがて無視することのできない力となるだろう。


タブーをもエンターテイメントに変える
異色のフライヤー<マリアと繋がりギャ>

ライブ後に受け取ったフライヤーに目を通していると、たまたまかもしれないが、<マリアと繋がりギャ>というユニットのものがかなりの高頻度で挟まっている。彼らはマリア様とその繋がりギャである仔マリアのふたりからなるヴィジュアル系ユニット。普段、表では触れられることのないバンドとファンに関するタブーがユニット名にも表現されているように、そのインパクトは強烈だ。

マリアと繋がりギャ

マリアと繋がりギャ最新フライヤー

そんな彼らのフライヤーがどのようなものかといえば、ユニット名に順じて、彼らのLINE IDやキャリアメールアドレスが堂々と記載されている。まず、そこが他のヴィジュアル系バンドのフライヤーと一番大きく異なる。そこで、これだけ公に連絡先を公表していたら、さぞかし繋がりの人数も多いだろうと思い、思い切って繋がりの総数についてマリア様に尋ねてみた。すると「現在は既婚者なので繋がりというものは作らないですね。メールしたりとかはあくまでもライブへのお誘いの手段のひとつ。V系界でいう繋がりはいないです☆」という。

「実際に連絡をしてみたらどうなるのだろう……?」という好奇心を掻き立てられるものだが、あくまでも、ファンメール同様、気軽にファンと交流できる場を設けたいというクリーンな思いからなされたもの。実際、連絡先を通してその日のライブの感想が送られてくるようで、それが毎回とても楽しみという。

フライヤーひとつにも、彼らのステージングに繋がるエンターテイメント性がそのまま溢れているのが面白い。ちなみに余談だが、繋がりギャである仔マリアさんはマリア様の実の奥さまというのも他のヴィジュアル系バンドと大きく異なる特徴だ。

>>最後に、人気バンドに学ぶ手間と工夫を紹介

手作りの月刊誌の発行を続け、遂に60号を突破<えんそく>

えんそく

えんそく

えんそく>は、ネットの拡散力を活かし、フライヤーの元データとなるJPEG画像をTwitter等に挙げ周知させている。それをwebフライヤーと呼び、web上でもフライヤーの公開を行なっている。

 
えんそく

えんそく最新フライヤー

また、フライヤーとは少々異なる性質ではあるが同じ紙媒体として、Ba.ミドを編集長としたバンドの発行するフリーペーパー『まほろば』がある。通常のフライヤーにはリリース情報等が記載されているのに対し、まほろばは、Gt.クラオカユウスケのギター講座、Gt.Joeのなぞかけ、Vo.ぶう,Ba.ミドの画伯といった、各メンバーによる手書きのコラム掲載されおりファンに人気。毎月発行され、会場の物販で商品を購入すると1部手に入れることができる。

 
まほろば

まほろば

当初は、物販購入を促す目的の他、月間の書き物をやりたいというメンバーの動機から始めたものだったが、初刊から今年で5年を迎え、現在では60号を突破。

PVやその他の広告費などに膨大な金額を費やすのではなく、主に対バンライブにて動員をつけている真のライブバンドという印象の強くある彼ら。物販の購入や動員の拡大を目論むにあたって、まず自分たち自身から動き、発信していこうという彼らのポリシーがこんなところにも垣間見られる。

 

たった一枚のフライヤーも宝物に<カメレオ>

カメレオ

カメレオ

ライブ中に告知された最新情報の記載されたフライヤーを、ライブハウス出口でスタッフより配られることも多い。

フライヤーにはバンドの名刺となる役割の他に、即時性、情報解禁、情報のリマインドといった面も持つ。

 
カメレオ

カメレオメンバーによるサイン入りフライヤー

終演後に配られたフライヤーの中で一番驚いたのは、昨年『会いに行くバンドマンツアー』にて全国を周っていた<カメレオ>のものだ。多大な人気を博し、多忙を極める彼らだが、そこにはもれなくメンバー全員の直筆のサインが入っていた。ツアー中の全公演でサインを続け、およそ1万枚にサインをしていたという。

フライヤーという紙一枚でも、ファンにとっては大きな宝物となったことだろう。ここにもぬかりなくファンを喜ばせるアイディアを詰め込むところにさすがの人気を感じる。


フライヤーなどといった紙媒体の制作、配布は、SNSといったツールの発達する中で、実に地道な活動に思える。実際、フライヤーに関する創意工夫が、どれだけの動員の増加を呼ぶか測ることは難しい上に、それは決して効率のいい活動とは言えない。だが、それをチャンスと捉えるか、そこにどんな知恵を詰め込むかによってバンドの行く末も変わってくるのかもしれない。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。