「沈黙の臓器」肝臓から出されるサインにはなかなか気づけない?

肝臓のことを普段から気にかけていますか? 薬局の店頭では「お酒の飲み過ぎが続いて、肝臓が心配…」「健康診断で肝機能の数値が悪かったから、いい薬ないですか?」といったご相談をお受けすることもあります。

undefined
しかし、肝臓の役割はアルコールの分解だけではありません。肝臓は様々な機能をもった、人間の身体のなかでも最大の臓器です。アルコールや有害物質の分解・解毒、腸で吸収された栄養素やビタミンの貯蔵・代謝、消化液である胆汁の生成、といった大切な役割を果たしてくれているのが肝臓なのです。「肝心要(かんじんかなめ)」という言葉もあるくらいですから、その重要性は古くからよく知られていますね。

また、肝臓はとても強い再生力をもち、機能が低下してもほとんど自覚症状がでないことも特徴です。「沈黙の臓器」ともいわれているのはこのためです。飲み過ぎはもちろんですが、「イライラしてタバコが増える」「仕事が忙しくて寝不足」「ストレスがたまっている」「不規則な食事」といった悪しき生活習慣は、肝臓に大きな負担をかけている恐れがあります。

「何となく身体がだるい」「疲れやすくなった」「食欲がない」「お酒の量が急に減った」という方は、肝臓の機能が弱って、身体が発しているサインなのかもしれません。

「肝臓疾患」への効果をもつ唯一の市販薬「ネオレバルミン錠」

また、よく耳にする「脂肪肝」とは、肝臓を構成する肝細胞に中性脂肪がたまった状態で、肝炎や肝硬変、肝臓がんへと悪化する可能性もある肝障害です。主な原因は、大量の飲酒と栄養過多。メタボに悩む中高年の方に限らず、飲酒量が減っているといわれる若い方にも、食べ過ぎや運動不足による脂肪肝が増えているようなので注意が必要です。

しかし、こうした肝臓疾患には特効薬と呼べるようなお薬はありません。重篤な症状になることを防ぐためには、暴飲暴食やストレスを避ける、運動を定期的に行うといった生活習慣を改善すること、日々の努力を重ねることが肝臓疾患の基本的な治療法となります。

ただ、その努力をサポートしてくれるお薬があります。
市販薬で唯一、肝臓疾患への効能をもつお薬「ネオレバルミン錠」です。

生薬「川柳末(かわやなぎまつ)」を主成分とし、肝臓の働きを助ける

「ネオレバルミン錠」は解毒能力を高めて肝機能を正常に保つ川柳末(かわやなぎまつ)、有害物質の排泄を促進させるグルクロノラクトンなど6種類の成分を配合した肝臓疾患薬。肝臓機能を正常な状態に戻すための手助けをしてくれる、独自の処方をもったお薬です。

主成分の川柳末(かわやなぎまつ)は日本の各地に生えるヤナギ科の植物・川柳の樹皮からつくられた生薬で、サリシン、サルチル酸、タンニンなどの有効成分を含んでいます。サリシンは解熱や消炎、殺菌、鎮痛などのいくつもの効能をもちます。またグルクロノラクトンは解毒・排出、パントテン酸カルシウムは代謝、ルチンは鎮痛、タウリンは胆汁生成、乾燥酵母は発酵を助けビタミンの原料となるなど、6種類の成分が複合的に働くことによって肝臓の保護と組織の再生促進に効果を発揮してくれるのです。

ただし、C型肝炎などウイルス性の疾病には効果をもっていませんので、専門医による診察・治療を受けるようにしてください。

生活習慣の改善をはかりながら、まずは1ヶ月程度の服用を

undefined
「ネオレバルミン錠」は1958年の発売以来、長年にわたって飲み続けられているお薬です。歓送迎会などで飲む機会が増える春、ビールの消費量が増える夏場、忘年会や新年会が重なる年末年始などには「ネオレバルミン錠」を求められるお客さまが増える傾向がみられます。ただ、こういったシーズンに限らず、「身体がだるい」「疲れやすい」といった不調を感じる方は、肝臓機能を回復させるために試してみてはいかがでしょう。

最近では、奥様がご主人の飲み過ぎを心配して「ネオレバルミン錠」を求められるケースありますし、女性にも飲酒やストレスによる体調不良に悩む方も増えましたので、ご自分で服用するためにお求めになる方もいらっしゃいます。180錠、360錠、1000錠入りとの3つの商品がありますが、リピーターのお客さまには1000錠入りも人気があるようです。

「ネオレバルミン」は即効性があるお薬ではないので、生活習慣の改善をはかりながら、1ヶ月程度服用してみるといいでしょう。効果がないようでしたら医療機関にご相談してみてください。

ネオレバルミン錠(原沢製薬工業株式会社)

undefined
(第2類医薬品)
ネオレバルミン錠は、解毒能力を高めて肝機能を正常に保つ川柳末、有害物質の排泄を促進させるグルクロノラクトンなど6種類の成分を配合した肝臓疾患薬です。

【効能・効果】
肝臓疾患

【用法・用量】
大人(15才以上)1回4錠、15歳未満の小児は服用しないこと。1日3回食間に服用して下さい(水またはぬるま湯と一緒に服用して下さい)。
ご使用に際しては、「使用上の注意」をよく読んで正しくご使用ください。

意外と知らない?家庭の常備薬 一覧はこちら

※上記の内容は、執筆者または編集部が特定のサービス・商品などを保証するものではございません。