これがメイド・イン・ジャパンのクオリティだ!

世界最高レベルのクオリティーで人気の「エース」で見つけたスーツケースをご紹介。使い手のことを考え尽くした斬新なアイデアは、スーツケースの常識を大きく変えてくれる。アイデアや機能性だけではなく、持つ者の風格さえも保証してる。ぜひ一生ものの旅の相棒を探す際には、実際に触れて、体感してもらいたいと思うものばかりだ。
 

どこからでも360°開閉できる『プロテカ 360』

最初、「360°どこからでも開けられます」と聞いたとき、「えっ?? どういう事ですか?」と聞き返してしまった。それぐらい、斬新な旅行カバンだと思ったのを鮮明に覚えている。


これが『プロテカ 360°』。見た目は普通のスタイリッシュなスーツケースだ。

これが『プロテカ 360』。見た目はスタイリッシュなスーツケースだが、意外とも言える秘密の機能がたくさん。

僕は心配性な性格とスタイリストという職業柄、どうしても荷物が多くなってしまい、スーツケースを利用することも多い。たとえば、すぐに靴を取り出したいと思った時にそれが一番下にあろうものなら……また、あの荷詰めをしなければいけないのかと思うと億劫で仕方がない!

このように、色々なシチューエーションで荷物の出し入れが必要だったり、整理下手、ついつい荷物が多くなってしまうという方におすすめなのがこの『プロテカ360』。

「360°オープンシステム」と「片面収納構造」はとくに注目だ

まず特筆すべきはなんと言っても、開閉用のジッパーがスーツケース本体を一周する「360°オープンシステム」という画期的な機能だ。
360°open System(R)。まさに全方位開閉だ。

360°オープンシステム。まさに全方位開閉。


「360°オープンシステム」はタテ方向にも開くので、狭い室内の限られたスペースでの開閉に長けていて、狭い空間にも対応してくれる。たとえば、今まで横幅が足りずに半開きで荷詰めしていたホテルの室内でも、縦長のスペースさえあればしっかりとスーツケースを開けて作業することができる。
狭い場所で取り出したいなら、「片側収納構造」が役に立つ。

狭い場所で取り出したいなら、「片側収納構造」が役に立つ。

片側に立体的に収納する構造になっており、タテ開きしたときに荷物が崩れ落ちてくる事がない。そのため、混雑した所でもちょっとした荷物の出し入れにも便利。また、荷物を底側に集約することで、スムーズな開閉とデッドスペースを失くす事に加え整理のしやすさもアップ。内装を独自の立体構造に設計する事でそれらの問題を解決するアイデアが秀逸。加えて、充実した内装ポケットは小物の整理も簡易にしてくれる。

このように、さまざまな場面での荷物の取り出しやすさに注目してデザインされているので多彩なシーンでその実力を発揮してくれる。

また、表面には耐久性や耐水性を考慮したラケットコイル・ジッパーを採用。
車輪部分には、体感音量を大幅に軽減した新開発の「Silent Caster(R)」を採用し、移動時のストレスも解消。他にも様々なアイデアと機能で使い手の快適さをサポートしてくれる新発想のスーツケースだ。

【 DATE 】
『プロテカ 360』
価格:5万5000円+税~7万5000円+税 / 4サイズ 7色展開

>>大人が惚れる風格を持つスーツケースは次のページへ

大人が惚れる風格の『ジーニオ センチュリー』

近年のトレンドでハンティングジャケットが再燃したり、復刻ブランドが注目を浴びていたり、「バック トゥ ベーシック」なアイテムが注目を浴びている。
最先端の技術が集約されたアイテムはもちろん魅力的だが、クラシックに回帰する大人のファッションと合わせると、しっくりこない事もままある。
大人のファッションにもマッチするクラシカルなデザインが魅力の「ジーニオundefinedセンチュリー」。

大人のファッションにもマッチするクラシカルなデザインが魅力の「ジーニオ センチュリー」。


そういった大人の男にこそおすすめなのが、この「ジーニオ センチュリー」。
古き良き時代を彷彿とさせる丸みを帯びたデザインと、細部まで拘り抜いた「本物の証」は、大人が惚れるにふさわしい風格が漂っている。

見た目はクラシカル、中身は最新機能

こだわり抜かれた本革使用!

細かいディテールまで、こだわり抜かれた本革を使用!

職人手作りによるこだわりの本革を使用することで、クラシカルなデザインと品格を演出するだけではなく、一生をともに出来るよう経年変化を楽しめるのが魅力。また、ボディ表面には、上質なレザーの風合いを連想させる型押し加工を施す。それによって、本革とのバランスが取られ、重厚感とより洗練された印象を表現している。

オープン時内装

中を開けるとこんな内装。両面に中仕切り付き。ひと目で機能的とわかる。

着脱式ガーメントで宿泊先でもスーツを綺麗に保つことができる。

着脱式ガーメントで宿泊先でもスーツを綺麗に保つことができる。

充実した内装もポイントで、両面に仕切りつきなので、収納物をやさしくカバーできる。また、着脱可能なガーメントケースは、オリジナルの木製ハンガー付き。プラスチックの薄いハンガーだと肩が潰れてしまったり、ホテルでそのまま使用できなかったりといった、問題にも配慮されているので、大切な洋服をキレイに持ち運べる。

こちらにももちろん、車輪部分に「Silent Caster(R)」を搭載。
内装には抗菌防臭効果のある「Copper Stopper(R) ジャカード」素材を用い、使いやすいプルブライドルハンドルを使用したりと機能性にも抜かりはない。ラゲージカバーを付属する等、長く愛用できるよう配慮されている点も、大人の一品としてふさわしいのだ。

【 DATE 】
『ジーニオ センチュリー』
価格:20万円+税~21万円+税 / 2サイズ 4色展開


>>動きにこだわるスーツケースを探したいなら次のページへ。

動きの新発明『フリーウォーカー』

少しせっかちで周囲に気を遣いすぎてしまうところがある僕にとって、スーツケースの不自由な動きがとても煩わしく思う事がある。
思うようについてこない、急な方向転換……ならいざ知らず、多少の角度調整にもついてこない! 電車の自動改札でモタモタしている間に、ゲートが閉まってしまうのではないかという緊張……そのストレスが嫌で持ち上げて運んでしまうことすらある。これらのストレスから解放してくれるのが『フリーウォーカー』だ。

機動性にこだわり

フリーウォーカー。

動きやすさにこだわったのがこの「フリーウォーカー」。

「進む」「曲がる」「止まる」――狭い場所でも、急いでいても、機敏な走りで答えてくれる『フリーウォーカー』には、動きの新発明がある。
・真横で引けるオーソドックスな4輪走行
・移動したい時にスピーディな移動を楽にできる2輪ヨコ走行
従来のこれらの動きのスタイルに加えて、
・狭い場所の移動に適した2輪タテ走行
僕の悩みの種だった改札や人ごみ等に対応する新たなスタイルが可能になった。
ブルドライブハンドル

ブルドライブハンドル

さらに、どんな走行スタイルでも持ちやすい設計にされたブルドライブハンドルがある。上部だけでなくサイドやコーナー部分も無理なく握る事が出来るようになっているため、ハンドルのサイドを持ちたくなる「2輪タテ走行」もストレスなく移動が可能になってくる。

もちろんこのフリーウォーカーにも搭載された車輪「Silent Caster(R)」は2輪走行時にもボディをこすりにくく、安定した走行を可能にしてくれていて、こういった要素も新たな走行を支えてくれる。
「マーブルホワイト」 5万9000円~7万5000円(税抜き)

これが限定カラーの「マーブルホワイト」。大理石のような仕上がり。
 

限定色「マーブルホワイト」が登場。素材には軽量性に優れたポリプロピレンを使用。鏡面のような美しいボディを、トレンドのホワイト・カラーで仕上げたアイテム。他人と被らない個性的な柄は、荷物引取りのターンテーブルでもひと目で分かる嬉しいデザインだ。

【 DATE 】
『フリーウォーカー』
価格:5万7000円+税~7万3000円+税 / 3サイズ 5色展開

『フリーウォーカー 限定カラー』
価格:5万9000円+税~7万5000円+税 / 3サイズ展開


僕自身が無意識に感じていたスーツケースの不満が、革新的なデザインや機能性により解消された。この革新的なスーツケースの在り方は、あなたの常識をも変えてくれるだろう。

【すべての商品の問い合わせ先】
エース
TEL:03-5843-0606

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。