2015年5月の、クラシックのおすすめ新譜CDをご紹介!

毎月大量に発売されるクラシックの新譜CD。その中からレコード会社が自信をもってオススメするアルバムをセレクト&オススメコメントをもらい、更にガイド大塚が聴き手としての感想をつけて紹介していきます。2015年5月のオススメはこれだ!
(発売前、発売延期、売り切れなどの場合もございます。ご了承くださいませ。直接CD店に行く場合などはご注意くださいませ)


P・ヤルヴィ(指揮) ショスタコーヴィチ:交響曲第7番「レニングラード」

undefined

 

■レコード会社からのオススメコメント
ロシア・ナショナル管弦楽団によるショスタコーヴィチの交響曲全曲録音シリーズにパーヴォ・ヤルヴィ登場! 曲は第7番「レニングラード」です。2015年9月にNHK交響楽団の首席指揮者となるパーヴォ・ヤルヴィの日本における注目度もさることながら、世界中でひっぱりだこの指揮者による「レニングラード」は期待せずにはいられません。進撃してくるドイツ軍を描き、これと戦う国民の英雄的な姿、最後の勝利への確信が表現された交響曲第7番の、抜群の切れ味と細部まで緊密な造形も見事に表現した快演の登場です。

■ガイド大塚の感想
アリナミンVのCMでアーノルド・シュワルツェネッガーが歌った「ちちんVV」の元ネタである、ナチス・ドイツ軍の侵攻行進曲も、パーヴォらしくタイトに隊列を組ませ、凝縮させたところからエネルギーを爆発させていて痛快。高音から低音まで構造もクリアに聴き取れ、美味。終楽章の勝利のクレッシェンドもしなやかな筋肉で薄いレイヤーを上塗りしていくように盛り上げていく。パーヴォ、恐るべし。


井上道義(指揮) チャイコフスキー:交響曲第4番、他

undefined

 

■レコード会社からのオススメコメント
2014年大阪フィル首席指揮者就任直後に癌が発覚し、長期休養を余儀なくされた井上道義が再び大阪フィルの定期演奏会に戻り、ライヴ収録された名演が当盤です。闘病後の公演とは思えぬほど、井上道義の才気が研ぎ澄まされ、一音一音に魂がほとばしり、音楽が精気とともに躍動。大阪フィルは重厚なサウンドで、まさに全身全霊でチャイコフスキーを表現します。井上道義の「魂のチャイコフスキー」をぜひお聴き下さい。

■ガイド大塚の感想
1楽章はテンポをやや落とし気味で、一音一音一歩一歩をその悲劇性と希望を噛み締めつつ進むよう。ミッキーの棒は丁寧で熱いが、オケは思いのこもった公演ゆえか不正確になる部分もあるのが逆にライヴならでは。終楽章などは、完全復活を印象付ける迫力。当日の前プロだったショスタコーヴィチの「ロシアとキルギスの主題による序曲」の引き締まった演奏もさすが。
Amazon


P・ジョルダン(指揮) ラヴェル:ダフニスとクロエ、ラ・ヴァルス

undefined

 

■レコード会社からのオススメコメント
名指揮者アルミン・ジョルダンの息子であり、素晴しい構築力のある音楽を奏でる指揮者フィリップ・ジョルダン&パリ国立オペラ管弦楽団の実力発揮! 待望のラヴェルのバレエ音楽。ベンジャマン・ミルピエ(バレエ芸術監督)振付のパリ・オペラ・バレエでの「ダフニスとクロエ」を大成功させ、その後セッションにて完成させた録音です。パリ・オペラの現在の勢いを見事にとらえた、新世代のパリ発フランス音楽の精華といえるでしょう。

■ガイド大塚の感想

「ダフニスとクロエ」は、全体的に澱みがなく、端整な色気を出していく。なんといっても虚飾を排した演奏なのが粋。アルカイックな世界を自然に漂わせている。「ラ・ヴァルス」も抑制の効いた、なめらかな演奏。オケのキレイに揃った合奏も心地良い。
Amazon


アンサンブル・レザンバサドゥール テレマン:ホルンを伴う合奏組曲、およびフルートとヴァイオリンのための協奏曲さまざま

undefined

 

■レコード会社からのオススメコメント
タイトルが長いのはご愛嬌。「音楽の父」バッハと同じ頃、ヨーロッパ随一の人気作曲家だったテレマンは、とにかく音の組み立て方がうまい! 木製のフルートやピストンなしのホルン、羊腸弦を張った弦楽器など、18世紀当時にあったような楽器を徹底再現して演奏してみると、俄然その面白さがきわだって聴こえてくるのです。黒地に西欧絵画の部分図(猿かわいいです)が美しいジャケットに、配信ではなく「CDで買う」ことの喜びも。

■ガイド大塚の感想
テレマンの録音というのは、ハズレが少ない。チャーミングで爽快なものが多いが、このアルバムは中でも個々の楽器の個性・技術が明確に伝わり、聴き応えがある。ナチュラルホルン2本のバリっとした潔さ、ヴァイオリン協奏曲の不協和の物憂げなエロティックさ、フルートの素朴な路傍の花のような美しさなど、どれも耳に残る好演。


ストラヴィンスキー(指揮)、石丸幹二(語り) ストラヴィンスキー:兵士の物語

undefined

 

■レコード会社からのオススメコメント
兵士と悪魔のやりとりから始まる数奇な運命の物語を、実力・人気とも抜群の石丸幹二の語りでその魅力に迫ります。演奏は作曲家ストラヴィンスキー本人がタクトを取り録音した1961年の組曲盤に、朗読版用として1967年に新たに追加録音された音源で構成された全曲盤。石丸幹二は、フリー転身後の2009年よりさまざまな演出家のもとでこの作品に取り組んできており、2015年も宮崎国際音楽祭などで「兵士の物語」に出演します。

■ガイド大塚の感想
20世紀を代表する作曲家が自ら指揮した録音ながら、アフレコの語り手が決まらなかったがためにお蔵入りとなり忘れ去られ、2005年に発見されたという歴史的大発見の演奏。ウィットに富み、またロサンゼルス・フィルのメンバーらによる、切れ味鋭い演奏が見事。英語版がイギリスの俳優ジェレミー・アイアンズの語りで出ていたが、この石丸幹二による日本語版も表情豊かで楽しい。子どもから大人まで楽しめる。
Amazon

ダニエル・ホープ(ヴァイオリン)、他 ブラームス、シューマン、マーラー:ピアノ四重奏曲集

undefined

 

■レコード会社からのオススメコメント
名手ダニエル・ホープが今年4月にアメリカ・ツアーを開催するのに先立ち、3月3日にリンカーン・センターで収録された最新作。メンバーはCMS(リンカーンセンター室内楽協会)芸術監督でもあるチェリスト、デイビット・フィンケルと彼の妻であるピアニスト、ウー・ハン、そして伝説的なヴィオラ奏者ポール・ニューバウアーという豪華な顔ぶれです。内省的なシューマン、ほの暗い情熱が香り立つブラームス、そして若々しいマーラーと、全く異なるアプローチが要求される3曲で、それぞれの曲が持つ魅力を3様に描き分けています。

■ガイド大塚の感想
室内楽の達人たちゆえの充実した演奏。個性を持ったまま全体として調和する様がそれだけで聴いていて満足度高い。マーラーは、後の壮大な仕事を想像することが困難な学生時代の曲だが、アール・ヌーヴォー的なテクスチュアの重なり、絡みを巧みに表現している。シューマンは優しい表情が光る。とりわけ3楽章で聴かせる美しい歌は染み入る。ブラームスにおける熱気と、ねっとりと絡む旋律も抗い難い魅力に満ちている。


五嶋龍(ヴァイオリン) ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ第9番『クロイツェル』、フランク:ヴァイオリン・ソナタ、他

undefined

 

■レコード会社からのオススメコメント
2005年のCDデビューから10年を経て、その音楽性と技術を磨き続けてきた五嶋龍が、遂にヴァイオリン・ソナタの最高峰、『クロイツェル・ソナタ』とフランクに挑みました! 情熱的、明朗で自由闊達な演奏で、これらの不朽の名作にフレッシュな感性で生命を吹き込み、新たな魅力を引き出しています。5月の全国リサイタル・ツアーもこれら2曲を引っ提げて12公演を行います。

■ガイド大塚の感想
クロイツェルが凄まじい。元々ヴァイオリンとピアノが丁々発止とやり合う1楽章だが、龍の煽りっぷりといい、手に汗を握る展開が続く。スピッカート(跳弓)はジャブで、鋭いクレッシェンドとデクレッシェンドは一瞬を付くパンチのよう。ねじ込むトリルも鮮烈。落ち着いた2楽章では逆になめらかさを強調し、終楽章は弓技の展示会。巧みな技術で一音も飽きさせない。フランクはクロイツェルの後だと、筋肉を持て余してしまっているようにも聴こえてしまうが、落ち着いた意図的な演奏。タイスの瞑想曲は美しく、ヴィエニャフスキはお手の物といった名人芸。
Amazon


アシュケナージ(ピアノ) 焔に向かって~アシュケナージ・プレイズ・スクリャービン

undefined

 

■レコード会社からのオススメコメント

70年代から80年代にかけて、スクリャービンのピアノ・ソナタ全集を録音、90年代には交響曲全集など各種オーケストラ作品を録音し、高い評価を得てきたアシュケナージ。作曲家没後100年の記念の年に、実に30年ぶりとなるピアノ作品集をリリースします。このアルバムには、神童と呼ばれながら11歳で事故死した息子、ユリアンの作品も収録されており、アニバーサリー・イヤーにふさわしい内容となっています。

■ガイド大塚の感想
スクリャービンが14歳で書いた作品2から、死の前年に書かれた最後の作品番号74まで、変遷を順に辿るスクリャービン入門にもなる1枚。やはり聴き物は神秘主義に傾倒し生み出されていくポリリズムと、神秘的な響きをする後期。アシュケナージは知り尽くしたという感じで、独特の官能的夢世界のようなものを奏でていく。
Amazon


小山実稚恵(ピアノ) シューベルト:即興曲集D899&D935

undefined

 

■レコード会社からのオススメコメント
名実ともに日本を代表するピアニスト小山実稚恵のデビュー30周年を記念し、オリジナルとして28枚目のアルバムです。「レコード・アカデミー賞」を受賞するなど絶賛を受けた前作「シャコンヌ」から2年ぶりに同じ軽井沢大賀ホールで収録しました。シューベルトの至福の音宇宙に小山ならではの充実のピアニズムが開花しています。2006年からスタートした12年合計24回の「音の旅」リサイタルシリーズも絶賛続行中です。

■ガイド大塚の感想
周知のとおり日本を代表するピアニストだが、私が学生時代にホールでアルバイトをしていた時、本番は夜だというのに朝からホールに来て笑みを浮かべながら、しかもよく弾く曲であるのに練習し続ける姿に驚き「心から音楽が好きな方なんだな」と思ったのをこのアルバムを聴いても思った。一音一音を本当に慈しむよう。聴いていて幸せがこちらにも届くような演奏。
Amazon


阪田知樹(ピアノ) スペイン狂詩曲~阪田知樹デビュー!

undefined

 

■レコード会社からのオススメコメント
阪田知樹は2013年に第14回ヴァン・クライバーン国際コンクールにおいて、最年少ファイナリストに輝きました。このアルバムでは感性や技巧に加え多様な創造性を要求される作品を選び、磨き抜かれたピアノによって、作品の特質を堂々と披歴。現在、東京藝術大学に在籍しながら、ハノーファー音楽大学留学中。また人気漫画/アニメ「四月は君の嘘」主人公・天才ピアニストのモデル・アーティストとしても注目されています。

■ガイド大塚の感想
思い切りよい表現が多く、今後も楽しみになるデビューアルバム。聴いていて思わず仰け反るような、ヴィルトゥオーゾ的な部分に驚かされたりもするが、特に印象的なのは柔らかくキラキラとした表現。ドビュッシーの映像第2集などもかなり雰囲気よく、心地良い。
Amazon

ヤンソンス(指揮) モーツァルト:レクイエム

undefined

 

■レコード会社からのオススメコメント

ヤンソンスがコンセルトヘボウ管を指揮した、モーツァルトの「レクイエム」。2012年のブラームス、2013年のヴェルディへと続く、当コンビによるレクイエム・シリーズの第1弾でもありました。モーツァルトはヤンソンスにとってきわめてレアなレパートリーということもあり、貴重な録音の登場といえましょう。ここではヤンソンスとのマーラーの交響曲録音で熱演を聴かせたオランダ放送合唱団とともに、ソリストがまたこのうえなく魅力的。当楽団の名誉客演指揮者である"アーノンクール組"ともいうべき、実績もゆたかな顔ぶれががっちりと固め、ヤンソンス初の「モツレク」を強力に盛り立てます。

■ガイド大塚の感想
イントロイトゥスの冒頭から、テンポをいじるのではなく、音の強弱・長さでとぼとぼとした歩みを繊細に表現していて驚かされる。逆に推進力あるところもあり、前を向いたり、天を仰いだり、うなだれたりを繰り返すかのよう。一聴すると標準的な演奏に感じられるかもしれないが、ヤンソンスはやはり現代最高の指揮者の一人であり、こうした楽譜の読み込み、実現力は驚異的だ。コンセルトヘボウの実力の高さも堪能できる。
Amazon


ヘレヴェッヘ(指揮) ドヴォルザーク:レクィエム

undefined

 

■レコード会社からのオススメコメント
交響曲『新世界より』やチェロ協奏曲などで知られるドヴォルザークは、故郷チェコの民俗音楽を大事にした作曲家。しかし彼は同時に敬虔なクリスチャンでもあり、教会の祈りの言葉を歌詞に、宗教を越えて人の心にうったえかけてくる大がかりな合唱曲もいくつか残しています。晩年の大作『レクィエム』も、その好例――オーケストラと合唱とを一続きの歌として融けあわせる指揮者ヘレヴェッヘの、暑苦しさとは無縁の瑞々しい音作りで。

■ガイド大塚の感想
これは完成度の高い演奏。ヘレヴェッヘの評価は昔から高いが、いよいよ孤高のレベルに達してきたという印象を受ける。何より集中度が極めて高く、彼の思考が団員全員にきっちりと共感を得て伝わっていると分かる。合唱の暗闇の中での濃淡を描くような繊細な美しさはさすが。オケの劇的な表現も心を揺らす。「宗教音楽は暗そう」と敬遠するのはあまりに勿体無いアルバム。
Amazon


フアン・ディエゴ・フローレス(テノール) ロッシーニ:ウィリアム・テル(DVD・Blu-ray、海外版)

undefined

 

■レコード会社からのオススメコメント
このロッシーニの最後のオペラは、タイトルこそ「ウィリアム・テル」ですが実際の主役は、長老メルクタールの息子、アルノールであると言っても過言ではありません。ロッシーニはこの役にハイ・テノールを用い、輝かしい高音と素晴らしい歌唱テクニックを要求します。今回アルノール役を歌ったのは、稀代のロッシーニ歌手フアン・ディエゴ・フローレス。彼はロッシーニの要求に完璧に応え、2013年、ペーザロ音楽祭に集ったロッシーニ通達を圧倒しました。その公演をライヴ収録した映像作品です。テル役にはベテランのアライモを配し、脇をかためる歌手たちも魅力あふれる歌唱を聴かせてくれます。

■ガイド大塚の感想
ベルカント・オペラの現代最高のテノールと言えば、フローレス。並ぶもののいない圧巻のテクニックを駆使し、輝かしさと力強さ、甘さで聴かせてくれる。オケも鋭い表現、演出もモダンでおしゃれな楽しいもので飽きさせない。


クナッパーツブッシュ(指揮) ポピュラー・コンサート(旧譜)

undefined

 

■レコード会社からのオススメコメント

クナ&ウィーン・フィルのDECCA録音最後を飾る名盤。初出時のオリジナル・カップリングで再現しました。3/25発売のVol.1に続くシリーズのひとつ。今回の復刻でも音質面ではこれまで通り、オリジナル・マスターからのハイビット・ハイサンプリング(192kHz,24bit)でデジタル化した音源をCDマスターに使用しました。

■ガイド大塚の感想
「くるみ割り人形」「舞踏への勧誘」など名曲を集めたアルバムだが、本当にどうしてこんなにも大らかに響くのだろう。正に失われた芸術。シルクのような弦が特に象徴的な、柔らかさ、優しさ、温かさはクナならではのもの。アクセントの強調もくどいにはくどいのにチャーミングに聴こえるのは、ロジカルに説明できない、クナ・マジック。心にゆとりを与えてくれるような、気持ちも穏やかになる名演。
タワーレコード


タブラトゥーラ(古楽器アンサンブル) 「蟹」(旧譜)

undefined

 

■レコード会社からのオススメコメント
つのだたかし、田崎瑞博、近藤郁夫、江崎浩司、山崎まさしの5人による古楽器バンド。ヨーロッパの古楽器を使って、変幻自在・不思議な音楽を聴かせる世界に類を見ないアンサンブル「タブラトゥーラ」。彼らの手にかかると中世フランスの吟遊詩人の歌も、メンバーの新しい作品も、まるで幼なじみに会ったように実に懐かしく響く。柔らかい肌触りの古楽器の音色と今にも踊り出したくなるような軽快なリズム、そして何より音を楽しむという音楽の喜びを実感させてくれる。1984年に結成し、日本中の人々を楽しませてくれています。その名盤が、2015年待望の再発売!

■ガイド大塚の感想
2000年にワールド・リリースされた際、相当売れ、話題となった日本が誇る名盤の再発。久しぶりに聴いても、生き生きとしたリズムと巧みなアンサンブルに貫かれた音楽の楽しみが詰まった演奏は、全く色褪せていない。古楽器アンサンブルながら、特に良いのはメンバーによる現代に作られた曲。古楽的だが、ミニマル的なリズムの使い方などモダンなセンスに満ち、クールで楽しい。
Amazon


フルニエ(チェロ) チェロ・リサイタル(旧譜)

undefined

 

■レコード会社からのオススメコメント
バッハからガーシュウィンまで、「チェロのプリンス」フルニエが英デッカに残した稀少なリサイタル盤を復刻。1952年10月、ロンドン、デッカ・スタジオでのモノラル録音で、バッハからガーシュウィンまで小品7曲と、バッハのチェロ・ソナタBWV1027が入っています。一部を除き、世界初CD化!

■ガイド大塚の感想
こういったチェロの音というのも今では聴けないノスタルジックな味わい深いもの。フルニエのチェロはいつも端整で高貴な香りを漂わせる。ドビュッシー「美しき夕暮れ」での朗々と響く低音、滲む重音、囁くような高音と、表現される情感も至福。
タワーレコード


ということで、交響曲からオペラ、再発ものまで、強力盤の揃う5月です。気になったものを聴いていただけたら幸いです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。