ベストセラーのパターンに完璧にハマった

ポルシェマカン

ポルシェ初のコンパクトSUV。911や918スパイダーのデザインテイストを受け継ぎ、スポーティなスタイルに。ボディサイズは全長4680mm×全幅1925mm×全高1625mm(マカン)


ひょっとするとカイエンを上回る大ヒット作になるかも…。弟分、ミッドサイズのクロスオーバーSUV マカンの評判がすこぶる良い。前評判と期待の高さが初期のセールスを支え、プロダクトの仕上がりの良さがさらなる評判を呼ぶという、ベストセラーのパターンに完璧にハマった。

人気の理由に検討のつかない、もしくは人気そのものに乗り遅れてしまった人は、こんな風にマカンを評する。「安いからね! どうせアウディかなんかと一緒なんでしょ?」。
ポルシェマカン

センターコンソールが前に向けて上昇、低いシートポジションと併せ、ステアリングとシフトの位置が近いスポーティなデザイン


「安いから」は当たっている。2L 4気筒ターボのマカンで639万円~というから、新車のポルシェで最も安い。2シーターのボクスター最廉価モデルより約50万円も安い。5ドアSUVで実用性も高い。そんなポルシェが売れないわけがない、という見立ては正しい。

「アウディかなんかと一緒」というのは、クルマに詳しい人が間違いがちなウンチクである。もうちょっと詳しい人でも、せいぜい、「アウディQ5のプラットフォームを使っているんでしょ?」、と、訳知り顔をするのが関の山だろう。で、間違っている。一緒では、決してない。

確かに、3割かそこら共通する設計はあるだろう。けれども、それらはほとんどパフォーマンスとは無関係なパートである。ポルシェらしい性能を要求するために、パワートレインやシャシーなど主要なコンポーネンツは、専用設計なのだ。ポルシェはあくまでも、ポルシェらしい走りを、できるだけ安価に提供できるよう、頑張っただけである。その思想は、スポーツカーをできるだけ安く提供したいと願った、フェルディナントの想いに通じる。

そう、ポルシェもまた、高級車では決してない。スポーツカーである。スポーツカーはある程度高くつく。だから、高級かどうかは後付けの理屈であって、目指したものじゃない。高機能なメルセデス・ベンツがいつしか高級車になったのと、それは同じ理屈だ。

ポルシェマカン

国内ではベーシックなマカン(639万円)、3L V6ツインターボのマカンS(744万円)、3.6L V6ツインターボのマカン ターボをラインナップ


マカンの魅力は、ポルシェの金看板を汚すこと無く、ちゃんとスポーツカーらしく走ってくれる点だ。もちろん、ボクスターのように、911のように走ると言ってるわけじゃない。人気のSUVカテゴリーにあって、飛び抜けて気持ちのいいドライバビリティがあって、その質感がポルシェらしいものだと言っている。たとえば、ボディとフロアのがっちりとした感覚や、エンジンフィールとダイレクトに結びつく加速フィール、ニンブルなのに食いつきのいい四肢のさばき、などである。

ポルシェマカン

マカンとSには中央部にアルカンターラを用いたコンフォートシートを標準装着。ターボにはアダプティブスポーツシートを装備した

ポルシェマカン

リアシートは4:2:4の分割可倒式を採用、多彩なシートアレンジを可能とした